教育最前線

海城から東大!未来の子どもたちに大人ができる教育とは?

inter-edu’s eye
第20回では、海城中学校・高等学校から東大、同大学院を卒業し、現在は大学で学んだ教育学の知識を活かし、「勉強のやり方」を教える塾プラスティーの代表だけでなく、本・連載の執筆や企業研修の講師として活躍される清水章弘さんにインタビュー。清水さんは、2016年から国立音楽大学附属中学・高等学校の学習コーディネーターとして、新しく「特進コース」を立ち上げ、学校改革にも携わっています。清水さんがなぜ教育業界に入るようになったのか、教育について感じていることなどを取材してきました。

生き生きと未来を語る大人に憧れ、教育の道へ

中学・高校で200人以上の教育者を取材

清水さん正面
株式会社プラスティー教育研究所代表 清水章弘さん

エデュ:清水さんは29歳という若さで塾の代表をされていますね。教育業界に入ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

清水さん:中学校の社会の授業で、取材をしてレポートを書くというのがあって。はじめはとくに書きたいテーマもなかったのですが、ある討論番組でゆとり教育の是非について話している中で、1987年以降の生まれはゆとり世代と聞きまして…。自分も1987年生まれだったので、関心を持ち、「そうだ!教育について調べてみよう!」と思いました。

エデュ:ゆとり世代についてはいまだに議論されますよね。どんな所に取材へ行かれたのですか?

清水さん:友達は市役所・区役所など、簡単に取材に応じてくれる所に行っていましたが、自分はテレビに出ている人。例えば尾木直樹先生、和田秀樹先生などの著名人を取材しに行きました。中学生だったこともあるかもしれませんが、意外と引き受けてくれて。中学・高校で200人ぐらいに取材しました。

エデュ:200人!すごいですね。そこで運命的な出会いがあったのでしょうか?

清水さん:そうですね。取材した方が皆さん「教育は人を作って、教育が社会を作る、だから教育は大事」と話されていて。それがすごくかっこよくて、教育の道を志すようになりました。
東大に入ろうと思ったのは、教育学部の先生方の本が面白くて、そこから目指すようになりましたね。

エデュ:早くから教育に関心を持たれていたのですね。東大に入ってからも教育の道一筋だったのですか?

清水さん:いえ、実は色々ありました。東大に入学するまでは、熱い思いがあったのですが、スポーツも好きだったので、体育会のホッケー部に入って、ホッケーばかりやっていましたね。でもある時、大きな怪我をしてしまって、8か月リハビリをすることになって…。そこで今一度、「自分は何で東大に入りたいと思ったのか」を考えるようになって、それが大学2年生のときでした。そこから一念発起して、1日1冊本を読み、やっぱり教育は面白い!」と改めて思うようになりました。

プラスティーは「塾をなくすための塾」?

エデュ:プラスティーは塾なのに、サイトには、合格実績を載せていませんね。これはかなり珍しいですね。

清水さん:理由はシンプルです。元々プラスティーは「塾をなくすために塾を作った」からです。せっかく苦労して入学した学校で、部活に行って、塾に通って、翌日は疲れ果てて授業中に寝てしまう。私はここに疑問を持って、学校の中で完結できる環境があったらいいなと思ったんです。塾をなくすためには塾を熟知しなければいけないと感じました。

塾を作るなら良い塾を作らないと意味がないのですが、私の考える良い塾とは、合格実績を喧伝するのではなく、通ってくれた人が「この塾はおすすめだよ」と生徒やお母さまが口コミで伝わる塾だと思っています。

海城から東大へ!中学受験のメリットとは?

中学受験には向かない子が確実にいる

清水さん1

エデュ:清水さんが考える中学受験のメリットとは何でしょうか?

清水さん:小学校時代は直接的な記憶がしやすく、ベースの知識をため込むことができるので、そういった意味で中学受験をするメリットはあると思います。人工知能ができたとしても、基礎知識がないと使えこなせないので…。

ただお母さまに覚えておいていただきたいのは、中学受験は向く子と向かない子が確実に存在します。 向かなかった子が落ちてしまった時に、責めたりすることは絶対にしないであげてください。

エデュ:せっかく苦労して入学した学校で、目標を見つけることができない…。こういったお子さまはどうすればいいでしょうか?

清水さん:私は、目標があることが必ずしも正しいことだとは思っていません。もっと極端にいうと、目標がなくてもいいと思っています。それよりもっと重要なことは「学ぶ楽しさを分かっているかどうか」だと思っています。勉強は、できないことをできるようにしていくことなので、できるようになっていくプロセスを実感できるかどうかが大事です。

達成感を味わいながら、分かる・できる喜びを体感し、学びが楽しくなる。これを伝えるのがプラスティーの目標でもあります。

受験戦争を支えるものは?

エデュ:世の中では教育に対する考え方も多様化してきているように感じますが、まだまだ高学歴主義、偏差値主義方も多い。このような現状についてどのようにお考えですか?

清水さん:そうですね、確かに昔よりは高学歴主義は薄まってきているように感じますね。偏差値については、1つの指標として必要なものですし、競争することで世の中が発展してきたので、むしろ良いことだと思っています。

ただ、他人との比較を幸福の基準にしてしまい、競争を楽しめる子はいいですが、競争に疲れてしまう子がいるのも事実ですし、ここが問題です。

エデュ:乗れない子はどうすればいいのでしょうか?

清水さん:競争を支えているもの、学校や温かい家庭=ホームが必要ですね。私が大学院で専攻していたものは、まさにそれでした。教育臨床学という学問なのですが、教育を支えるものは、一言で言うと「愛」です。偏差値などの数字ではなく、お子さまの性格を認め、失敗しても笑ってあげたり、許してあげる心、冗長性のあるコミュニケーションで接してあげることが重要です。

今の日本が抱える教育業界の問題点とは?

学校教育にできない教育とは何かを考える時期

清水さん3

エデュ:今の教育業界を見ていると、色々な情報があふれてはいますが、明確にこうした方がいいよと言える大人がいないように感じます。

清水さん:そうですね。教育の効果や成功定義は非常に難しいので、「絶対こうした方がいいよ」というのはなかなか言いづらいとは思います。ただ、私は日頃、次々と新しい教育のやり方を打ち出している中で、「それは本当に子どもたちのことを考えているの?」と思うことはよくありますね。

エデュ:確かにそれは感じますね。教える側の教師も次々と新しいものがくると対応が難しいでしょうし…。

清水さん:学校に何ができるかと同時に、「学校に何ができないか」を考える時期だと思っています。学校などの教育機関になにもかも任せるのでは教育が破たんしてしまいます。家庭や地域共同体で何を担うのかを議論しなければいけない時期です。

エデュ:それは、まだまだ家庭や地域共同体でできることがあると?

清水さん:はい。たとえば家庭でのコミュニケーションを変えてみる、という視点があります。たとえば、実際にプラスティーの生徒の親から「うちの子はゲームやLINEばかりして、勉強しないんです」という相談を受けます。これに対して、私は「お母さまは一緒にゲームをやったり、LINEでスタンプを集めたりしましたか?」と聞くと、「いえ、やったことがありません」と。

実は、この「相手が大事にしているものに関心を寄せる」というのが教育において非常に重要です。相手の承認欲求が満たされ、愛を感じてもらえるようになります。ですので、まずは子どもが夢中になっているものを、30分だけでもいいのでやってみてあげてほしいですね。

子どもたちの教育の前にやるべきことが

エデュ:最後に、未来の子どもたちに大人ができる教育について、どのようにお考えでしょうか。

清水さん:私は、子どもたちに「これを勉強しなさい」とか「これをできるようになりなさい」という前に、まずは大人たちがお手本になるようにならないといけないかな。と思っています。

教育では教える側(先生)と、教えられる側(生徒)という関係がありますが、その前に一人の人間と人間であると思っています。自分ができないことを相手に求めるのは、駄目なことですし、今までの教育は一方的で、大人たちに主体性がなかったことが問題だったなと感じています。

エデュ:その主体性はどうやったら生まれるのでしょうか。

清水さん:主体性というのは、相手との関係性で生まれます。自己との対話、他者との対話、社会との対話。この部分が決定的に足りなかったことが問題だったと思っています。ですので、まずは大人が日常生活で、会話している人に関心を持ち、社会に関心を持つ。そしてそのうえで、子どもたちにその姿を見せ、お手本になれば教育が変わる第一歩であるように思えます。

エデュ:なるほど。子どもは身近な大人の姿を見て、大きくなりますからね。

編集者から見たポイント

塾を選ぶ基準の1つとして、合格実績は必須項目の1つですが、あえてそれを出さず、「学ぶ楽しさを伝えるのが自分たちのミッションです!」と語っていた清水さんの姿は非常に印象的でした。
プラスティーについてもっと知りたいという方は、
「プラスティーhttp://plus-t.jp/」のサイトをご覧ください。


編集部からのおすすめ

  • 読込中

スペシャル連載

塾・家庭教師紹介&レポート

学校紹介&レポート

情報ツール・お役立ちetc...

動画特集

最新トピックス