仲良し姉妹の中学受験

もっとゆっくり?

4年生、算数だけだと思えば、十分ゆっくり進んでると思うんだけど、1週間では消化しきれない今日この頃。
1週間の内容を2週間かければ、ようやく一部つかめてくるレベル。
結構厳しいなぁと思うわけです。
走子は、4年生のカリキュラムを受けてないけど、面積で苦労したことがないので、なんでかなー?と思ったけど、たぶん、学校だと、周りの長さってあまり重要視されてなくて、「とにかく面積」だったんだと思うのです。
だから、単純に面積の公式を叩き込まれていて、あまり悩まず入った気がする。
円周が出たあたりで初めて混乱してたなぁ、そういえば。

この前のカリテは、長方形の面積・逆算あたりなんだけど、苦戦してる子は多いんだなぁという印象。
正方形は特殊な長方形なだけだし、長方形の面積しか出てこないんだから、そんなに難しい話ではないと思うんだけど、面積っていう概念が理解できてないんだろうなぁ~。
1cm×3cmの長方形だと、1cmの正方形が3個入るっていうのが、瞬時に理解できてない・・・。
そして、不意打ちで出てくる周りの長さに惑わされる。

明日は公開模試だけど、どうなることやら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ママブロガー募集

ママブロガー名:数子

小学3年のときから中学受験希望だったのに、入塾拒否したため、すっかり出遅れて新小学5年で塾デビューした姉走子(本部系日能研W1→A1で終了)。2016年春受験。
一方、小学1年の夏休みには中学受験する気になっていた妹喋子(新小学4年から関東系日能研A1在籍)。2019年春受験予定。
母自身は田舎で中学受験経験済み。現在は共働き。

最近のコメント