私立校併願のすすめ

“東京都立大泉高等学校・附属中学校”の学校情報

学校名
共学東京都立大泉高等学校・附属中学校
住所
〒178-0063 東京都練馬区東大泉5-3-1
交通
西武池袋線「大泉学園」徒歩7分。
電話番号
03-3924-0318
学校長
菊地 芳男
沿革
昭和16年創立の府立第二十中学校を前身とする都立大泉高校を改編して、平成22年に中学校を併設。
教育方針
国際的な視野を持ち、それぞれの専門分野でリーダーとなれる人材の育成に努めています。
施設・設備
視聴覚室や食堂、天体ドームなどがあり、グラウンドは全面人工芝となっています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要人間性豊かなリーダーを育成

「自ら学び真理を究める 自ら律し他を尊重する 自らを拓き社会に貢献する」を教育目標に掲げ、人間性豊かなリーダーの育成を目指しています。
大泉高校の文武両道の伝統が引き継がれ、学習面だけでなく、行事や部活動も活発に行われています。
高校入試を受けずに全員が大泉高校へ進学できます。

学習内容合言葉は「探究の大泉」

全学年の英語・数学で少人数制の授業が行われています。土曜日には、理数系分野を中心に設定される土曜講座、数学や英語などの学力を伸ばす土曜演習、弱点解消を目指す土曜補習・土曜サポートが実施されています。始業前には、毎日15分間の朝学習が行われます。週4回、放課後に自主的な学習をサポートする指導体制が整えられており、自学自習の習慣づけが図られています。
探究心が大切にされており、論理的思考力やプレゼンテーション能力の育成に力が入れられています。総合学習・探究遠足では、グループに分かれて実験・実証や調査活動などに取り組み、成果を発表します。

特色充実した宿泊研修

中1~高2まで、毎年宿泊研修が実施されます。中1の夏休み勉強合宿では、ゲームなどを取り入れた学習活動が実施されます。中2では語学研修、中3で修学旅行が行われるほか、高2では海外修学旅行へ行きます。
中学の部活動は、運動系・文化系合わせて17の部があり、文化系のほとんどは高校と合同で活動しています。
体育祭や文化祭は中高合同です。行事はほかに、合唱コンクール・歌留多大会・クラスマッチなどがあります。
中学の昼食は、給食となっています。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板