“東京農業大学第三高等学校・附属中学校”の学校情報

学校名
共学東京農業大学第三高等学校・附属中学校
住所
〒355-0005 埼玉県東松山市大字松山1400-1
交通
東武東上線「東松山」、JR高崎線「上尾」「鴻巣」「吹上」「熊谷」、西武新宿線「本川越」、秩父鉄道「行田市」からスクールバス。
電話番号
0493-24-4611
学校長
新井 敏夫
沿革
昭和60年東京農業大学第三高等学校を創立。平成21年附属中学校開校。
教育方針
「不屈・探究・信頼」を校訓として、実学主義の考え方を基本とする教育が行われます。
施設・設備
武揚会館、生徒食堂、理科実験室、トレーニングルーム、美術館などがあります。中学専用校舎には、ビオトープや屋上菜園も備えられています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要体験重視の教育

自然豊かな環境です。さまざまな体験を通して得られる思考力・判断力を学びに生かすことで学力を向上させ、進路実現を図るとともに、豊かな人格の形成を図ります。

学習内容数学は、演習授業で実践力をつける

中1・2は基礎充実期として英語・数学・国語の基礎力養成に重点が置かれ、この3教科は中3で高校の内容に入ります。中1~高1の英語・数学で習熟度別授業が実施され、外国人講師による英会話の授業も行われています。中2・3の数学では演習の授業が週2時間設けられます。
中3~高2では、応用発展期として自学自習の習慣を身につけます。高2から文・理系に分かれますが、両系で数学を履修できる、国公立大の受験に対応するカリキュラムとなっています。また、高2までで高校課程を修了します。
高3は進路実現期として、受験に対応できる学力をつけるとともに、大学入学後の目標や将来の職業観などについて考えを深めます。
学力チェックを目的とするサポートテストが主要5教科で実施されます。週3回設けられている「放課後サロン」は、補習や講習が行われるほか、自習にも使うことができます。長期休暇中には勉強合宿が行われます。

特色校内・校外のさまざまな行事

中1で味噌の醸造体験、中2で動植物ふれあい実習、中3で北海道への修学旅行が実施されます。行事にはほかに、浪漫祭(文化祭)、球技大会、合唱コンクールなどがあります。
中3では、希望者を対象に、ニュージーランド・ホームステイを実施しています。高3の修学旅行では、オーストラリアでファームステイを体験します。
月~金曜日は給食、土曜日は食堂を利用できます。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板