“横浜翠陵中学・高等学校” の掲示板

この掲示板に新規スレッドを作成する

最終更新:
スレッドの並び順: スレッド作成日 書き込み日時
スレッドのタイトル 書き込み数 スレッド作成者 最終書き込み
教えてください 6 はまみん 16/10/29 17:09
(気になっています)
教えて下さい。 2 らん 13/09/19 01:55
(らん)
気に入りました 6 最遅2 12/12/26 00:11
(知りたい)

「神奈川県に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“横浜翠陵中学・高等学校”の学校情報

学校名
共学横浜翠陵中学・高等学校
住所
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
交通
JR横浜線「十日市場」徒歩20分またはバス「郵便局前」下車。東急田園都市線「青葉台」バス「郵便局前」下車。
電話番号
045-921-0301
学校HP
http://www.suiryo.ed.jp/
学校長
岩村 基紀
沿革
昭和15年堀井学園創立。同61年横浜国際女学院翠陵高校に。平成11年中学校開校。同23年に共学化し、現校名に改称。
教育方針
「考えることのできる人」を目標に掲げています。誠実で実行力のある人間の育成を目指しています。
施設・設備
銀杏並木や芝生の中庭があり、落ち着いた雰囲気があります。体育館、自習室、テニスコート、総合グラウンド、野球専用グラウンドなどの施設があります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
(高のみ)
海外研修
特待生

学校概要考え、挑戦する人間を育てる

教育目標として、「考えることのできる人」の育成を掲げています。「Think & Challenge」をモットーに、生徒一人ひとりが自ら考え、困難を乗り越えて挑戦し続け、社会に求められる人間として成長できるよう指導する方針です。

学習内容きめ細かい英語指導

週6日制の中高一貫教育により授業時間を確保するとともに、6年間を見通した単元配置により効率的に学べるカリキュラムが編成されています。
中学では、英語・数学で少人数習熟度別授業が実施されています。英語では、週1時間の英会話が外国人講師による少人数授業で行われるほか、知識を定着させるための小テストもひんぱんに実施されています。
各自の理解度に合わせた個別演習プログラムが設けられているほか、適宜補習も実施されています。
高校では、特進・国際・文理コースに分かれます。特進コースでは、通常の授業とは別に、演習を中心とした大学入試指導が週1時間設定されます。文理コースでは、多様な講座から選択できる土曜ゼミが開講されています。

特色中3でニュージーランドホームステイ

行事には、1泊2日のトレッキングキャンプや、志賀高原でスキーに取り組むウィンターキャンプがあります。高2の修学旅行では北海道を訪れ、3泊4日のファームステイを通して仕事の意義などを学びます。
中3では、2週間のニュージーランド・ホームステイが全員参加で行われます。高校では、国際コース生が全員、イギリス海外研修またはニュージーランド中期留学から選択して参加するほか、文理コース生は希望者からの選抜でアメリカ・カナダ海外研修を実施します。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板