“奈良大学附属高等学校” の掲示板

奈良大学附属高等学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“奈良大学附属高等学校”の学校情報

学校名
共学奈良大学附属高等学校
住所
〒631-8555 奈良県奈良市秋篠町50
交通
近鉄京都線「平城」徒歩10分。
電話番号
0742-41-8840
学校長
辻 寛司
沿革
大正14年南部正強中学として創立。昭和23年正強高等学校開校。平成8年現校名に改称。
教育方針
「正しく強く、努力は天才なり」が建学の精神です。21世紀を豊かな教養と情操を持って、社会に貢献する人材の育成を目指しています。
施設・設備
明るく開放感な校舎で、エントランスにはステンドグラスが入っています。グラウンド、体育館、柔・剣道場、視聴覚室、パソコン教室、図書館などが整っています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要自主自律の精神を養う教育

交通至便な教育環境に恵まれた学校です。学習と部活動の両立を目指し、豊かな人間性と自主自律の精神を養う教育を展開しています。

学習内容多様な進路に対応する3コース制

特進コース・文理コース・標準コースの3コース制で、1年次は各コースとも共通科目を履修します。
特進コースでは、国公立大・難関私大合格を目指し、1年次から徹底して基礎学力を養成します。2年次から文系・理系に分かれ、目指す大学に向けてより効率的な学習が行われます。放課後の進学講習は全員が受講するほか、夏期・冬期休暇中には集中講習も実施されます。 文理コースは、有名私大の現役合格を目指すコースです。基礎学力の充実を図りながら、実践的な応用力の習得を目標に授業が展開されており、2年次から進路に応じて文系・理系に分かれます。放課後には希望制の進学講習が実施されています。
標準コースは、個性を生かしながら、大学・短大・専門学校への進学や就職など幅広い進路に対応するコースです。進学に必要な基礎学力の養成と資格取得などに積極的に取り組んでいます。

特色在学中に海外生活を体験

行事には、球技大会、体育祭、文化祭、文化講演会、球技大会などが行われています。
国際交流では、2年次にオーストラリア研修旅行が行われ、語学研修や異文化体験、ホームステイや学校訪問などが実施されます。特進がキャンベラ、文理がメルボルン、標準がシドニーを訪れます。また、海外からの留学生も積極的に受け入れています。
部活動では、全国大会常連のバドミントン部や剣道部、野球部・陸上競技部・スキー部などが盛んです。

※本データは2017年5月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

“奈良大学附属高等学校” の生徒・保護者の学校評価

全体平均:4.00

本情報をお読みになる前に必ずご確認ください

記載の内容は、生徒や卒業生徒、その保護者や親戚からのアンケート回答によるもので、情報の正確性への保障はいたしかねます。必ず学校ホームページ等で最新の公式情報をご確認ください。
また文章が事実と異なる場合は、お手数ですがこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

卒業生

自由が多い過ごしやすい学校

4

【志望動機】元々滑り止めで受験して合格していて目標の学校は不合格でしたので選択肢として残ったこちらの学校を選びました。 綺麗な学校だし通うのも面倒ではなかったのでこの学校を選びました。
【雰囲気】基本的にクラスではみんな仲がよくイジメのような話も聞いたことがなかったです。先輩、後輩も距離が近くて付き合いやすかったです。