“名城大学附属高等学校” の掲示板

名城大学附属高等学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“名城大学附属高等学校”の学校情報

学校名
共学名城大学附属高等学校
住所
〒453-0031 愛知県名古屋市中村区新富町1-3-16
交通
名鉄本線「東枇杷島」徒歩5分、「栄生」徒歩8分。
電話番号
052-481-7436
学校長
岩崎 政次
沿革
昭和元年名古屋高等理工科講習所として創立。昭和26年現校名に改称。
教育方針
伝統と革新が融合した先進的な教育により、知・徳・体の調和した人材、穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成することを目指しています。
施設・設備
3階建の第1体育館、第2体育館、オールシーズン利用可能な室内プール、校外グラウンド、全天候型各種コート、クラブハウスなどの体育施設が整っています。
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要SSH指定校

文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されており、国際的な科学技術者の育成、高大連携による国際的な科学分野のリーダーの育成を目指しています。

学習内容普通科は4クラス制

普通科は4クラス制で、特別進学クラスは1年次で基礎的な知識をていねいに学び、2年次から課題解決に必要な思考力・判断力・表現力などを高め、あらゆる面から大学入試に対応できる力を身につけます。スーパーサイエンスクラスは少人数の班で研究活動を行い、研究の基礎を身につけ、名城大および国公立大・難関私立大への進学を目指します。一般進学クラスは、理系では自然科学の現象について、文系ではグローバル課題について学び、探究型学習を行います。併設大と連携した学部学科説明会などが開かれます。国際クラスは英語学習と探究型学習を中心に、国内だけでなく海外でも調査研究活動を行います。
総合学科は、多彩な科目から興味・関心のある科目を選択し、体験的・課題解決的な学習を通して知識・技能を身につけます。企業人による講話や大学・専門学校の見学を行って将来を考え、2年次から数理・社会探究・地域交流・ビジネスの各系列ごとのカリキュラムで学び、希望進路の実現を図っています。

特色多彩な国際交流

6月の名城オリンピックや9月の文化祭ではともに力を合わせ、仲間との絆が深まります。修学旅行は、スーパーサイエンスクラスはハワイでのフィールドワーク、国際クラスはニュージーランドでのホームステイ、社会探究・地域交流系列は台湾の高校との国際交流です。希望者対象のオーストラリア研修も実施されます。
部活動では、陸上部・体操部・ダンス部・メカトロ部が国際大会に、柔道部・スキー部・チアリーディング部・ウエイトリフティング部が全国大会に、バレーボール部・軟式野球部が東海大会に出場しています。

※本データは2017年5月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。