“茨城県立並木中等教育学校”の学校情報

学校名
共学茨城県立並木中等教育学校
住所
〒305-0044 つくば市並木4-5-1
交通
つくばエクスプレス「つくば」「みどりの」、JR常磐線「荒川沖」などからバス。
電話番号
029-851-1346
学校長
中島 博司
沿革
昭和59年創立の茨城県立並木高等学校を、平成20年に中等教育学校に改編。
教育方針
「自制」「自立」「自尊」を基盤とし、次代の発展に寄与する人材を育成します。
施設・設備
理科室などの特別教室、生徒ホール、多目的室、ブライトホール、実践実習棟などのほか、剣道場、柔道場、トレーニングルーム、プール、体育館などの体育施設が整っています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要地域性を生かした科学教育

教育理念に「自制・自律・自尊」を掲げています。次代を担う「人間力」を備えた人材の育成を目指しています。
人間教育・国際理解教育に力を入れるとともに、筑波研究学園都市にあるという地域性を生かし、大学や研究機関などと連携する科学教育が行われています。

学習内容「課題研究」で深く学ぶ

6年間を2年ずつ基礎期・充実期・発展期に分け、系統的・継続的な学習が行われています。3年次では、後期課程の内容に入る先取り授業も実施されています。
1・2年次では、英語・数学で少人数授業が行われるほか、チームティーチングも取り入れられています。
総合学習では、「並木メソッド」として課題研究が行われます。1・2年次では準備段階として研究の進め方などを学びます。3年次で環境・福祉・人間・科学など多彩に設けられた中からテーマを決め、4年次で中間発表に取り組みます。5年次で「一人一研究」のまとめを発表します。
後期課程は、進学重視型単位制を採用しており、各自が進路希望や興味関心に応じた選択科目を履修します。

特色達成感十分の学校行事

1年次では千葉県鴨川で「学級づくり合宿」が、2年次では英語のみで過ごす国内語学研修や、つくば市の研究所を訪問するトップサイエンスツアーが実施されます。かえで祭(文化祭)では、部活の発表や、学年ごとのパフォーマンスが行われます。50Km以上を歩くウォークラリーや、広島・京都を訪れる修学旅行などもあります。
4年次の夏休みに2週間、希望制でニュージーランド語学研修が実施されます。5年次では、4泊5日でアジア方面への海外修学旅行が行われています。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板