“小野学園小学校” の掲示板

「東京都 23区に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“小野学園小学校”の学校情報

学校名
共学小野学園小学校
住所
〒140-0015 品川区西大井1-6-13
交通
JR横須賀線「西大井」徒歩5分。JR京浜東北線・りんかい線・東急大井町線「大井町」徒歩10分。
電話番号
03-3774-1151
学校長
小野 時英
沿革
昭和27年大井小学校として開校。同32年現校名に改称。
教育方針
明るく豊かな人格の形成を図り、一人ひとりの個性を伸ばし、知能を開発して、能力に応じた高度な教育を行う方針です。
施設・設備
メディアルーム、体育館、音楽室、天然芝の校庭、自然再生観察園、山中湖セミナーハウス、小野学園80周年記念講堂、視聴覚教室、プールなどがあります。
併設・系列
小野学園女子中学・高等学校
登校時間
昼食
制服
宗教
編入制度
(1~3年次欠員発生時)

学校概要知・徳・体のバランスのとれた教育

知育(頭)・徳育(心)・体育(体)のバランスがとれた教育により、世界に通用する知識と、人としての大切な心、どんな環境にも適応できる体力を身につけた子どもの育成を目指しています。

学習内容オリジナル教材による発展的な学習

学級担任制のメリットである一人ひとりの把握による多面的視点での指導と、専科担任制のメリットであるより高度な学習内容という、両者のメリットを生かした授業が展開されています。
理科の授業では、教科書とオリジナル教材を併用した授業が行われています。オリジナル教材は、発展学習や複合問題にも対処できるように工夫されており、学習レベルに応じた対応ができるようになっています。算数の授業でも、理科と同様にオリジナル教材を用いた学習が行われています。
学習内容の先取りをして、2・3年次では国語・算数の2教科の問題集を併用することで、応用力が身につくようになっています。また、4年次以降では、国語、社会、算数、理科の4教科の問題集を併用し、複合問題や発展問題にも対応できる応用力が養われています。
英語の授業は1年次からあります。

特色充実したアフタースクール

子どもたちの豊かな心を育てるために、情操教育の一環として行事がカリキュラムの中にとり入れられています。協力性・自主性・協調性・責任感・忍耐力などが、行事の体験を通して培われています。
1学期には、小運動会、林間学校(山中湖2泊3日)、新入生歓迎小運動会などが行われています。漢字検定、夏期授業、鼓笛隊練習は夏休み中の行事です。2学期には、秋季大運動会、志ら梅祭(幼稚園~高校合同文化祭)、遠足、社会科見学、創立記念日、音楽会、なわとび大会、書道展などを実施。3学期には、6年生送別会、東京私立小学校児童作品展などが行われています。
このほか、校外学習や体験学習などが随時行われています。
絵画教室や体操教室などのアフタースクールが設けられています。

※本データは2017年5月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板