最終更新:

674
Comment

【1312904】大阪府立文理科設置10校+α 予想

投稿者: 閲覧者  (ID:88fW7OnVOeQ) 投稿日時:09年 06月 02日 07:41

文理科設置に伴う予想だが、


北野・天王寺・三国丘…上位文理科
茨木・大手前・四条畷…中位文理科
豊中・高津・生野・岸和田…下位文理科


まず、
北野は全府から集まり、上位文理科の中でも飛び抜ける。
天王寺と三国丘は甲乙つけがたく大阪南部の争いになるが、
進学実績+旧7学区の南海高野線沿線の動向が争点となる。
北野から地理的に離れているため、
北野行く人と上記2校へ行く人に分かれる。
進学実績が三国丘>天王寺になってしまうと、
旧7学区の南海高野線沿線は三国丘の方が近くて通いやすいため、
旧7学区の南海高野線沿線から天王寺へ行く人が極端に減る。


大手前と四条畷も甲乙つけがたいが、
北野とは地理的に離れていないので、上位が北野へ流出。
その次の層を茨木・大手前・四条畷で取り合う形となる。


茨木の次点で豊中、
天王寺・三国丘の次点で高津・生野・岸和田
が下位グループとなる。
高津は大阪市内で場所はいいものの、
導入初年度は判断材料となる進学実績が天王寺に大きく取られて、
一時的にでも落ち込みそうだ。
生野は学区再編前から天王寺普通に取られていることもあり、
落ち込みは少ない。
新たに近くても学区の関係で通えない堺市北東部からの大量流入が武器
岸和田の場合は中身勝負で学区外から一部のみ、
今は頑張っているが、情熱を失えば終わってしまう状態。
豊中は千里との競合がありどっちが上になるかが問題。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

  1. 【4385851】 投稿者: 偏差値のからくり  (ID:Qp05aQOezTA) 投稿日時:17年 01月 05日 20:01

    を知るためのヒント

    1)コンピューターはテスト問題を一切知らない(プログラマーは科目コードと個人得点しか打ち込んでいない)
    2)科目コードの組み合わせで様々な個人偏差値を出せる
    3)科目数を増やすと人数が減る(ベン図を描いて集合論的に考えれば解る)

  2. 【4391056】 投稿者: 国立理系  (ID:Qp05aQOezTA) 投稿日時:17年 01月 09日 17:16

    なら大抵そうだが偏差値のからくりは高校時代から知っている。
    文系の諸君の誤解も知っていたが、若いころは会社の中(塾会社)でも
    言えなかった。

  3. 【4396302】 投稿者: 文系の誤解  (ID:mCikf6bYL.k) 投稿日時:17年 01月 13日 20:23

    で多いのは、
    「関東と関西の単純比較は出来ない」

    正しくは、
    テスト会社が異なれば、関東同士、関西同士も単純比較は出来ないし、こっちのズレの方が大きい。
    テスト会社が同じであっても条件(科目数)が異なれば
    単純比較は出来ない。科目数が増えれば人数が減って粒が揃うので偏差値(=相対評価)は低く出る(高く出難い)。高質な集団の平均から上に遠く離れるのは難しい。この「ずれ」に比べると、関東と関西のずれなどは取るに足らない。

あわせてチェックしたい関連掲示板