最終更新:

409
Comment

【3801557】ミステリー(推理)小説のレビューをどうぞ

投稿者: アラフィフの読書  (ID:SZRj/VH51r6) 投稿日時:15年 07月 23日 14:03

こんにちは。私はずっとテレビでワイド劇場などを楽しんできました。
山村美沙や西村京太郎シリーズなどです。

趣味が高じてしまい、最近になって、ミステリー(推理)小説を読み出しましたが、何を読もうかと迷ってしまいます。

皆さんが好きだった本をぜひとも教えて下さい!
ネタバレでも大歓迎です!!!
どうぞよろしくお願い致します。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 52 / 52

  1. 【4614760】 投稿者: 海外の作品から  (ID:5bhwcAHtbGE) 投稿日時:17年 06月 18日 22:08

    みなさまお久しぶりです。

    みなさま、Jack Reacherシリーズ、ご存知でしょうか?
    日本語訳ではほとんど話題にならないようですが、洋書店では大きく並んでいるので気になっていました。

    1作目を読んだ感想、です。

    Killing Floor (jack Reacher #1), by Lee Child

    Lee Childという作家、欧米ではけっこう存在感があるらしいです。
    1954年イングランド生まれ、大学卒業後、放送会社で20年近く制作にたずさわりますが、リストラの憂き目にあい、作家に転向しました。
    ここで書いたJack Reacherを主人公とする第一作Killing Floorがヒットし、作家としての地位を確立しています。

    イギリス人でありながら、アメリカを舞台としアメリカ人(Jack Reacher)を主人公とした小説を書き続けていて、アメリカ推理小説作家協会(Edgar賞を選定している協会です)のPresidentも歴任し、イギリスからも表彰されています。

    Jack Reacherシリーズ
    Jack Reacherは、米軍のキャンプで生まれ、キャンプを転々として育ち、軍の憲兵隊を最後に退職(リストラ)して、全米を放浪しています。
    住居を持たず、クレジットカードも携帯もなく、軍を除隊された時の退職金をキャッシュで持ち歩き、安いホテルを泊まり歩いて生活しています。
    当然、移動にレンタカーなどは使えず、長距離バスと徒歩です。6フィートを超える長身巨漢で格闘技も射撃も腕は確かです。

    Killig Floor
    Jackは、Georgia州の町Margroveでバスを降り、カフェで朝食をとっているところを、殺人の疑いで逮捕されます。
    倉庫群の中で男性が一人惨殺され、Jackを見かけたという目撃証言がありました。
    殺害された男性の靴には、Hubbleという銀行員の番号が隠されていて、Hubbleも召喚され、JackとHubbleは、監獄に収監されてしまいます。
    この監獄が恐ろしいところで、さっそく、JackとHubbleを囚人たちが襲ってきますが、明らかに殺人を意図したものでした。
    二人はアリバイがあり、釈放されますが、Hubbleは豪華の自宅から家族を置いて逃走、Jackは、被害者の遺体を検分して、自分の弟Joeであることを発見します。
    JoeはFederal Treasuryの捜査員だったことがわかりますが、警察署長夫妻が惨殺され、Jackは暴漢に襲われ、事態は急激に展開していきます。
    背後には、大規模な貨幣偽造組織があるようでしたが、Margroveの町自体が何かおかしく、警察内の人物も信頼できない状況でした。
    Jackは、わずかに心を許した婦人警官Roscoe、ボストンから家庭のトラブルで移ってきた警官Finlayと連携して、巨大犯罪に立ち向かいます。

    Harry Boschシリーズなどに比較すると、実に単純明快で、銃撃戦に続く銃撃戦、先手必勝で疑わしきはすべて殺し、決してつかまらず、女性にはモテ、というおとぎ話です。

    従って英語も単純明快、まあ、水戸黄門のようなものでしょうか。

  2. 【4617026】 投稿者: ロディ  (ID:rWekh/NIy/U) 投稿日時:17年 06月 20日 21:13

    海外の作品からさま

    ジャック・リーチャーはトム・クルーズの『アウトロー』という映画で初めて知って、この作品だけ読んだことがあります。(映画は未見)

    主人公のイメージがトム・クルーズとは全く違う印象を受けましたが、映画は評判よかったらしいです。同じトムでもハーディーの方が合っている気がします。


    調べたら17作も出ているらしいので、さすがにシリーズで読むのはつらいかな。
    『アウトロー』はお勧めです。

    私は久しぶりにロバート・ゴダードの3部作の『謀略の都』読み始めました。
    こちらは第1次世界大戦中のヨーロッパが舞台なのですが、日本人も絡んできて
    いて、しかもかなり好意的に書かれています。確か歴史の先生だったので、史実にも沿っていると思います。

    大好きな『ダウントン・アビー』と同時代なので、まだ1作目ですが、これからが楽しみです。

「おすすめの本に戻る」

現在のページ: 52 / 52

あわせてチェックしたい関連掲示板