最終更新:

1109
Comment

【4294431】【べっぴんさん】につっこみ、ドラマの展開に好感の持てない方

投稿者: 坂西さん  (ID:47hAzoqfvx6) 投稿日時:16年 10月 21日 14:28

べっぴんさんを見ていて あまりのご都合主義にもやっとしたとか
本スレでは、好感を持って見てらっしゃる方に失礼かしらと
書き込みを控えてらっしゃる方、自由に語りませんか?
くれぐれも荒らしさんはこないでくださいね。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

  1. 【4456651】 投稿者: そうさのう  (ID:hjBErBHPonQ) 投稿日時:17年 02月 17日 20:01

    純と愛>とと姉ちゃん>まれ>べっぴんさん

    まれは、柳楽くんが魅力的だった。
    脚本だけなら、まれ=べっぴんさん。

  2. 【4456669】 投稿者: 考えてみた  (ID:Kt9rDv8NalY) 投稿日時:17年 02月 17日 20:10

    私は

    純愛>>>>>とと=まれ>>>>>>べっひん

    かな。

    「とと」の方が「まれ」より脚本的にはマシだと思うけれど、「とと」はモデルがいるだけに重罪かと。で同列にしてみました。

    それにしても
    あのケンちゃんの絵!
    笑えましたね。
    中学生の書いた漫画みたいでした。

    とにかく馬鹿馬鹿しい。

  3. 【4456672】 投稿者: すごい!  (ID:hDs94LlWBRk) 投稿日時:17年 02月 17日 20:13

    純愛、大人気で嬉しいです。
    けっこう好きだったので(汗

    私も、
    純愛>>>>とと姉>>>>>>>>まれ=べっぴん
    ですね。
    まれとべっぴんは、途中でリタイアしてしまいました。

  4. 【4456766】 投稿者: あはは  (ID:fCo4a2bXFK2) 投稿日時:17年 02月 17日 21:17

    さくらは、美大に合格したんですね!?
    てっきり専門学校かと・・・。
    たまに見るとやはり話が分からない。

    健ちゃんは、行きたい学部があるから東大を受けたいって言ってませんでしたか?
    京大に無くて東大にある学部って??
    ジャズ喫茶に入り浸り、幼馴染みの女の子に夢中、土壇場で東大に願書出したら受かっちゃった!
    いいなぁ~、いいなぁ~、このドラマの人たち、人生甘っちょろくて~。

  5. 【4456809】 投稿者: 放送中 坂野惇子  (ID:58PQeLR9GHQ) 投稿日時:17年 02月 17日 21:38

    21時〜
    ファミリア女性創業者
    BS6
    あと10分

  6. 【4456848】 投稿者: 放送中 坂野惇子  (ID:58PQeLR9GHQ) 投稿日時:17年 02月 17日 21:56

    間違いました。このあとまた10時から1時間やるそうです。

  7. 【4456869】 投稿者: 京大にないのは?  (ID:.m3xa99H2bc) 投稿日時:17年 02月 17日 22:09

    獣医かしら?!

  8. 【4457295】 投稿者: ファミかばん  (ID:0sRC7IcB8eY) 投稿日時:17年 02月 18日 06:11

    健ちゃん、ヨーソローで勉強してましたね・・・。有り得ない・・・。

    先日、スタジオパークからこんにちは に、喜代役の宮田圭子さんが出演されました。
    三宮のファミリアのあった辺り(番組内では、キアリスと仰ってましたが)は、両親と一緒に行くことはあったけれども、平日に一人でなんて怖くて行かなかったと話されてました。
    親和中高出身の宮田さん、当時の名門女子校の生徒の当たり前の感覚を語ってくださいました。昭和22年生まれでいらっしゃるので、中高時代は昭和35年から41年で、ドラマの時代と重なります。
    JRや阪急の線路の南側の三宮センター街ですら名門女子校生は行かないのです。ましてやヨーソローのあるであろう線路の北側に行くのは絶対にありえないことです。
    宮田さん、よくぞ言ってくださいました。

    昨日、グランフロント大阪で開催されているピーターラビット展に娘と行き、楽しい時間を過ごしました。
    ファミリアは、ピーターラビットのライセンス契約を結んでいますが、これも採り上げられずにスルーされてしまいそうですね。
    ドラマは、昭和37年から38年の話をしていますが、事実とは違う脚本家のつまらない創作話で辟易としています。
    事実では、昭和37年にファミリアは大阪国際見本市に出展します。
    坂野通夫さん・惇子さん夫妻は、ファミリアの隣のブースに出展していたゼネラルフーズ社のハッチャーさん夫妻と知り合い意気投合し、親しくなります。
    そして娘の光子さんのアメリカ留学の話が出て、是非うちにホームステイするようにとハッチャーさん夫妻が申し出てくれて、光子さんは昭和38年5月から1年7ヶ月間、留学することができました。
    光子さんがアメリカ留学したからこそ、後にファミリアがスヌーピーの国内一手販売権を得ることができたのです。
    ぬいぐるみ、カバンなどのスヌーピー商品はどれだけ沢山の人達を喜ばせたことでしょう。
    しかしドラマでは、さくらは「東京美術大学」に入学することになるのですね。
    スヌーピーのエピソードもスルー確実ですね。
    なんか、なんかな・・・。

あわせてチェックしたい関連掲示板