最終更新:

784
Comment

【4448218】NHK「子供の貧困」を見て感ずること

投稿者: 事態は深刻  (ID:haCfQC91BeI) 投稿日時:17年 02月 12日 23:36

本日9時からの「子供の貧困」を見ました。まさに中学受験できる家庭とは対極にあるシングルマザー月収20万円、子供3人の家庭。本も服も買えない。母親は夜勤もやっている看護助手?か。

もう一人はバイトを掛け持ちして自分の生活費7万数千円を稼ぐ公立高校女子。進学したいもののそれには教育ローンや奨学金が必要と知る。中学受験して私立中高一貫に入ってすぐにまた大学入試目指して塾通いできる環境とはかけ離れたところにいる。

対策は国立大学授業料の引き下げ、給付型奨学金の拡大、塾いらずの授業を学校がやることなど国が教育投資をしっかりやり彼らを支えて行くしかない。
彼らの親が貧困に陥ったことも自己責任以外の部分もあるだろう。

離婚、病気、リストラ、倒産。様々な悪条件にさらされ大学で奨学金を借りる学生が50%に達するという。中学受験することが当然と考えるエデュ階層とはまるで違う世界がここにはある。それを知らずに育つ中高一貫校生徒たちは社会に出てその実態を知り驚くことだろう。

世の中の半分の国民は中学受験など夢のまた夢。現在の日本は総理と財務大臣共なんの苦労もせずに(金銭的に)育ってきた3世政治家。トランプとゴルフに興ずる現内閣に果たして文教政策の充実を望めるのだろうか?

彼らを救うにはどうしたらいいのでしょうか? 公教育の充実のために他を切り詰めて予算投入する以外にないと思う。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「中学受験情報に戻る」

現在のページ: 81 / 99

  1. 【4504284】 投稿者: それ  (ID:DCgPH4OsrQo) 投稿日時:17年 03月 20日 18:21

    不生産的労働者さんのマルクスと同じですよ。

    まったく同じです。

  2. 【4504296】 投稿者: うざい  (ID:ppBvBhtpLAA) 投稿日時:17年 03月 20日 18:42

    上述教祖様ー開祖の三女らしいーを崇める周囲の人々

    とかいう書き方うざい

    なぜ横棒 "ー" を使うのか

  3. 【4504726】 投稿者: 不生産的労働者  (ID:/YsjaewQUSQ) 投稿日時:17年 03月 21日 01:28

    それが私の文体だ。沼田先生からの影響だろう。

  4. 【4504790】 投稿者: いいえ  (ID:DCgPH4OsrQo) 投稿日時:17年 03月 21日 06:19

    >まるで、この私は「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」四国辺の中学校へ赴任した青年、ご存じあの『坊ちゃん』の主人公「おれ」と同じだな、と感じた次第。




    全然。

    まったく似ていません。

  5. 【4505014】 投稿者: 万事お金  (ID:3WZGwih6Jp2) 投稿日時:17年 03月 21日 10:01

    進学の意思のある高校生を4分類をする

    お金があって学力がある→自力でお好きに
    お金はあるが学力はない→専門学校等他の進路を選択
    お金がなくて学力もない→就職が吉
    お金はないが学力はある→これが問題

    ということになる。であれば3.1兆円も必要はない。
    とはいえ給付型奨学金を支給する場合、いったいいくらかかるのだろう?
    お金がない、の線引きはどのようにすべきだろうか?

  6. 【4505381】 投稿者: イワンのばか  (ID:VxGaQ7KffA.) 投稿日時:17年 03月 21日 14:56

    負の連鎖さん

    >困難な状況に落ちた親族を救うのは難しいです。よほどの資産家でないと。いざというときの頼みの綱は生活保護しかないのかなと思います。

    >身近に受給している親族がいる者としての実感ですが、貧困に陥ったひとたちを高みの見物していられるのはたまたまラッキーだっただけです。病気、失職、離婚、貧困におちいるのは癌にかかる確率と同じくらいと覚悟しておいた方が良いです。

    >不運に見舞われて困難な状況にある人たちが「生きる価値がない」とは言えないと思います。どんな状況にある人でも人間としての尊厳を保って生活できるように、消費税も地方税も所得税も年金も保険料も高くなって大変ですけど、明日は我が身と我慢して払っていかないといけませんね。(;^ω^)

    おっしゃるとおりと思います。

    素晴らしいご意見を拝読させていただきました。ありがとうございました。

    (脱字をおぎなって再掲させていただきました。)

  7. 【4505845】 投稿者: 育休中  (ID:TSmMF4xBe8g) 投稿日時:17年 03月 21日 20:40

    貧困ならば高校は学費支援がある学校に行けばいい。

    例えば、全寮制で自衛隊やトヨタ学園、DENSO学園などいわゆる、高校の勉強とともに職業訓練などがあり授業料がほぼかからない学校もあるし、卒業後は自衛隊やトヨタ自動車への入学が約束されている。JALなども高校を持っていて整備士などを養成している。
    また
    工業高校へ行けば就職に有利な資格を手に入れることができる、高専などもかなり専門的な知識を習得でき就職に有利だ。

    思うに日本人は学歴に踊らされ過ぎている、中途半端な中堅大学を出てメーカーの子会社に入社するなら高卒でメーカーの工場勤務の方が20年後所得は百万単位で高卒の方が上となる。

    最近は何が何でも大学って一流以外は行く価値はないと思う、勿論、家が裕福で奨学金という借金を背負わせないでいい家庭はどれだけでも自由に大学を選べばいいが。
    貧困家庭の家であるなら一流大学を目指せない限り高卒で就職をすることを考えて高校選びはすべきである。

    人間生まれた家は選べないがその後の人生は自分次第でどうにかなる。
    公的資金を低所得者にだけ投入するのは不公平だ。
    働かざるもの食うべからず。
    子が貧困ならば親は寝ずに働くべきだ。それが子供を持つということで子のために何でもできるのが親というものだ!努力する姿は必ず子供に何かを与え感じさせるはずだ。

  8. 【4505920】 投稿者: 不生産的労働者  (ID:Zd35FDa1rTs) 投稿日時:17年 03月 21日 21:18

    生産手段の社会化こそが、儲けのための生産から、社会とその成員たるわれわれの生活の発展のための生産に変革し、利潤第一主義から不可避の浪費や不経済を防ぎ、資本主義経済の宿啊である不況や環境破壊、社会的格差も解消可能になる、ということである。

    このことに関連して、不破哲三氏は、次のように述べている。
    「不況という問題も同じです。経済力が大きくなりすぎて、その生産手段を使いきれないでいるのが不況ですから。

     なぜ、そんなことが起きるのか。それは経済を動かす原動力が、個々の資本のもうけの追求だというところに一番の根っこがあります。利潤第一主義、これが経済のあらゆることを支配しているのだから、経済全体の管理ができないのです。しかも、その巨大な生産力と生産体制を現実に動かしているのは、そこで働いている人たちなのですが、その人たちは社会的には資本にやとわれ、使われるという受け身の存在で、生活もきびしい条件のもとにあります。ここにも利潤第一主義の不合理と犠牲があります。
     それを乗り切ることが、私たちは、次の新しい社会の一番大事な役目だと考えています。

     それには何が必要か。個々の資本の利潤第一主義が経済の原動力になるのは、工場とか機械とか生産のための手段、装置、そういうものが個々の資本の財産になっているところに基礎があるのです。だから、その生産手段を社会全体の手に移し、しかも現実に生産に当たっている人が主役になって経済を動かすという方向に経済の仕組みを切り替える、これが必要だということが、資本主義の矛盾の分析から出てきた結論なんです。

     それを、社会主義の言葉では『生産手段の社会化』といいます。個々の資本がもっている生産手段を社会全体の共有財産にしようじゃないか、「生産手段の社会化」はこういうことで、これが社会主義・共産主義の大目標なんですね。『報告集 日本共産党綱領』218~219頁」(2016、日本共産党中央委員会出版局)

あわせてチェックしたい関連掲示板