最新のお知らせ

~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)への再指定が内定!~
平成29年度から33年度の5年間、開発型としてSSHに指定されました。
※開発型:研究仮説を一から設定し、新規性のあるカリキュラム等の研究開発を行うもの
◆参考リンク≫SSH指定校の内定について(文科省報道発表)


~茗溪学園高等学校普通科IBDPコース~
2017年4月から、高等学校にIBDPコースが新たに誕生。選抜は中学からの内部進学生と高校からの入学生に対して実施されました。日本国内でも最先端の「日本語DP」による“国際的エリート”の育成にご注目ください。
◆参考リンク≫IBDPコースのご案内(PDF・公式サイト)

連載コンテンツ

第1回coming soon

coming soon

連載準備中です。公開をお楽しみに。

第2回coming soon

coming soon

連載準備中です。公開をお楽しみに。

第3回coming soon

coming soon

連載準備中です。公開をお楽しみに。

茗溪学園中学校高等学校って、どんな学校?

基本情報はこちら

師範学校や筑波大学を母体とする茗渓会によって設立された茗溪学園。毎年、東大をはじめとして海外大学への進学など、著しい進路実績を挙げています。心身の鍛錬も重要視しており、中学ラグビー部の全国大会優勝といった華々しい結果を出しています。
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校として理数系教育に力を入れてきた茗溪学園は、国際教育や留学への取り組みが認められ、2016年に国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)認定校となりました。2017年度は、更なる躍進を遂げようとしている茗溪学園の“今”を連載ページでご紹介します。

学校サイトを見る