中学受験を検討している人、通塾で悩んでいる人必読!

inter-edu’s eye
プロ家庭教師・西村則康先生の新刊『中学受験 偏差値20アップを目指す逆転合格術』が発売されました。受験勉強中で悩みを抱えている親御さんはもちろん、中学受験をしようかどうか迷っている親御さんにもおすすめ! 本書を読むと、志望校合格を目指す長い道のりを具体的にイメージできるようになります。

◆合格を目指す道のりの道しるべに

この1、2年、中学受験するか迷っているうちに、子どもから中学受験したいと言われたという親御さんによく出会うようになりました。子どもに負担になりすぎないかと迷う親御さんにとって、子どもからの“受験したい”は背中を押してくれるようなもの。その一言で中学受験を決断したとおっしゃる方も多くなりました。

でも、だからといって、お子さまが受験勉強をもういやだと言ったとき、“あなたがやると言ったんでしょ”と突き放すわけにはいきません。ほとんどの子どもにとって、中学受験は人生初のシビアな挑戦です。でもやると決めたからには、その体験を将来の糧となるものにしてあげたい――そのために親に必要なのは、どんなときにもあわてふためかず、子どもに適切なサポートをしてあげられる心構えと知識なのだと思います。

ただ親御さんに中学受験経験がない場合はもちろん、たとえ体験者であっても、20~30年以上前の中学受験と今のそれは、合格難易度も進学塾のシステムもだいぶ違います。受験勉強中の注意すべきイベントは何か? いつが危ないのか? 『中学受験 偏差値20アップを目指す逆転合格術』を読むと、おおよそのことが分かってきます。各学年それぞれに、長年にわたってプロ家庭教師として多くの中学受験生を合格に導いてきた西村則康先生のアドバイスがのっていますから、子どものふるまいにどう対応したらいいか分からないと悩むことも、ぐっと少なくなるでしょう。

◆受験生活の危機をあらかじめ知っておこう

本書の構成は以下のとおりです。

1章 中学受験はみんな「ギリギリ合格」
2章 [4年生]からの大逆転劇――「聞く力」と「正しい復習」がカギ
3章 [5年生]からの大逆転劇――ここから「本当の理解」が必要になる
4章 [6年生]からの大逆転劇――「アウトプットする力」が合否を決める
5章 つまずきを解消する勉強のポイント ここがわかれば一気に伸びる
6章 逆転合格を実現できる親の心得

中学受験 偏差値20アップを目指す逆転合格術,西村則康


1章は、完璧主義的な傾向にあるお母さまには、特に心に刻んでいただきたい内容です。多くの小学生が中学受験するようになった今、中学受験対策にはきわめて冷静な事実認識が必要です。テストでいい点をとりさえすれば合格に近づける…といったアバウトな感覚でいると、お子さまに不要な負担を強いることになりかねません。大事なことは、志望校合格に必要にして十分な学力を身につけることです。

次いで2章から4章を読むと、各学年の通塾生活の中でどんなことが起きて、多くの親子がどんな悩みを抱えやすいのかを知ることができます。すでにその時期に達しているご家庭であれば、うちだけではなかったと少し安堵したり、すんなり乗り越えられてよかったと感じることでしょう。そして、まだその時期に至っていないご家庭は、あらかじめのリスク管理をすることができます。

西村先生のアドバイスを読んでいると、子どもと密接につながっているからこその、親の弱点が見えてきます。いちばん辛いときに、子どもと一緒にドツボにはまりかねないのが親。その親が子どもが陥ったワナを正しく見極め、適切な方法で抜け出すように導くことができれば、それこそ「逆転合格」が実現します。西村先生は、その方法を豊富な指導体験から確信を持って教えてくれます。そこには、進学塾を熟知する“塾ソムリエ”西村先生ならではの知見もあって、これは覚えておかなければ!と思うノウハウが満載です。

◆中学受験をよかったと言えるために

さらに、各章の最後に一話ずつ、きわめて厳しい状況から「逆転合格」を実現した西村先生の教え子の物語が掲載されています。それらを読んでいると、タイトルの「偏差値20アップを目指す」というフレーズが決しておおげさではないことが分かります。その子のそのときの成績不振の原因を正しくつかむこと。これができる親であれば、プロ家庭教師の助けを借りなくても「逆転合格」がかないそうです。

5章は、子どもがつまずきやすい4教科のポイントとその対応策。西村先生のようなプロでなくてもサポートできることがたくさんのっています。ここをきちんと読んでくださる親御さんは、点数だけで子どもを叱るようなことはなくなるでしょう。

最後の6章は、西村先生から親御さんへの熱いメッセージです。西村先生は、中学受験を子どもはもちろん、家族にとって素晴らしい体験にしてほしいと心から願っておられます。しかし実際には、親の先入観や見栄によって中学受験が不幸を招くこともあります。そうならないためには、何に気をつけるべきなのか。6章は虚心坦懐になって読んでいただきたい章です。お子さまが最大限の能力を発揮できるように導くために、本書をおすすめしたいと思います。

中学受験 偏差値20アップを目指す逆転合格術

中学受験 偏差値20アップを目指す逆転合格術
西村則康著、青春出版社刊、1480円+税

「塾にはしっかり行っているのに、なぜか成績が伸びない」「模試の合格判定が『合格可能圏25%』だった……」このような事態に悩んでしまっているご家庭はたくさんあります。
でも、それは単に「点数の取り方」を知らなかったり、「復習の仕方」が間違っていたりするだけ。中学受験では、ちょっとしたことから成績がグンと伸びることもよくあるのです。親御さんから「どうしても、○○中学に入れてほしい」という依頼を受け、たくさんの子たちを逆転合格に導いてきた著者が、家庭でもできるノウハウを余すところなく伝授します。正しい復習法、つまずきポイント解消術、志望校別・問題の“捨て方”。「点のとり方」さえ分かれば“どん底”からでもグンと伸びる!中堅校から超難関校まで、多くの子を“大逆転”に導いてきた著者が教える超メソッド。…購入はこちらから

西村則康

著者の西村則康(にしむらのりやす)さん
30年以上、難関中学・高校受験指導一筋のカリスマ家庭教師。日本初の「塾ソムリエ」としても活躍中。暗記や作業だけの無味乾燥な受験学習では効果が上がらないという信念から、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で入り込む授業を実践している。また、受験を通じて親子の絆を強くするためのコミュニケーション術もアドバイスする。 これまで開成中、麻布中、武蔵中、桜蔭中、女子学院中、雙葉中、灘中、洛南高附属中、東大寺学園中などの最難関校から中堅校まで、レベルを問わず数多くの子どもたちを合格させてきた実績を持つ。テレビや教育雑誌、新聞でも積極的に情報発信を行っており、保護者の悩みに誠実に回答する姿勢から熱い支持を集めている。また、中学受験情報サイト『かしこい塾の使い方』は16万人のお母さんが参考にしている。