「個性を生かして仕事をする」大人に育てるために小学校最後の3年間でできることとは?

小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと

inter-edu’s eye
「小学校に上がったばかりの頃は何でも素直に言うことを聞いていたのに、学年が上がるにつれてだんだん言うことを聞かなくなってきた…」
このような悩みを抱えている親御さんは多いでしょう。

特に、小学校4年生頃のギャングエイジを迎えた子どもは、扱いが難しいもの。「幼いうちからしっかりとしつけをしておくべきだった…」と後悔している人もいるかもしれません。

しかし、作文教室の草分け的存在である「言葉の森」を開講し、小学生から大学受験生まで1万3000人もの子どもたちを育ててきた中根克明先生は、今回ご紹介する『小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと』において、「親のしつけが重要になってくるのは、むしろこれから」と述べています。

子どもの成長に合わせ、親はどう対応していくべきか、本書にはそのヒントが詰まっています。

小学4、5、6年生は対等な信頼関係を築くチャンス

小学校高学年の子ども

本書は2017年に本コーナーにて紹介した『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』の待望の続編です。

「小4・小5・小6の過ごし方が未来を決める」と題されている第1章の中表紙を見て、「やはりこのあたりから本格的に勉強を始めなければならないのか」と考える人もいるかもしれません。

しかし、中根先生は「勉強はほどほどがいい」とし、むしろしっかりとした親子関係を築くべきだと強調しています。

中根先生によると、小学校4年生以降は親子中心の社会関係から離れ、友だちという社会関係の中で生きるための準備をする移行期間。

この時期は自分の意見を言う力がついたことを試してみたいという気持ちから、親の考えに反対意見を述べることがあるものなのだそうです。

しかし、だからと言って、もう親の手の届かないところに行ってしまったと考えて放っておくのは良くないと中根先生は主張しています。

子どもはこれまでのように一方的に親に庇護される立場からは卒業するものの、頭も心も成長する分、より親と対等に関われるようになります。

そのため、この時期にしっかりと子どもに向き合えば、新しい対等な信頼関係を築くことができるというのが中根先生の主張です。

中根先生はそのための方策として「親自身の子どもの頃のエピソードを話す」という大変ユニークな方法を提案しています。

たしかに、親が自分と同じくらいの年の頃の話というものは、自分の知らない親の一面を知ることができてワクワクしたり、自分との共通点を発見して親近感が湧いたりするもの。

自慢したいエピソードから恥ずかしいエピソードまで、夕食の時間などに子どもが体験した出来事に紐づけてぽつりぽつりと話してみてはいかがでしょうか。

きっと、子どもも心を開いてくれるようになり、しつけも幾分かスムーズにできるようになるでしょう。

読書と作文で「考える力」を育てれば、学力は必ず伸びる

小学校高学年にもなると、「そろそろ塾に行かせようかな」と考え始める親御さんは多いでしょう。

しかし、中根先生は「家庭学習で十分」と太鼓判を押しています。そして、国語・算数・理科・社会、それぞれの家庭での勉強方法について詳細に解説しています。

ただ、どの教科を勉強するにしても、「考える力」は必要不可欠です。

中根先生は「考える力」を身に付けるには難しい文章を読み、難しい文章を書くことが大切だと述べています。

先生によれば、「両親とよく話をする子は、考える言葉の語彙が豊富で、小学校中学年の頃から、作文の感想の部分を長く書ける」そうです。

どんなに忙しくても1日に10分くらいは親子で会話する時間をしっかり取り、週に1度は作文を書く日を設けたり、日記をつけたりする習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

きっと子どもの「考える力」がぐんぐん伸び、学力も伸びていくことが期待できるようになるはずですよ。

ゲームは禁止すべき?でも子どもの心配事は「時がきたら解決する」ことばかり

ゲームをする子ども

家庭での子どもの振る舞いに思わず眉をひそめてしまうという親御さんは多いでしょう。

家に居ればゲームやYouTubeに熱中し、お小遣いをあげればすぐに使い切ってしまう…こんなことで将来大丈夫なのかと不安に思ってしまうのは、親であれば当たり前の感覚です。

しかし、中根先生は最低限のルールさえ設けておけば、後のことは「時がきたら解決する」ことばかりだと述べています。

中根先生によれば、ゲームについては禁止せずに時間を決めるくらいに止め、お小遣いは無駄遣いをして後悔するという経験をさせることも大切とのこと。

時間制限を設けることでメリハリを付ける習慣をつけたり、取り返しのつく程度の失敗経験をさせたりすることで、人生をより豊かなものにしていくことができるのだそうです。

そして、子どもたちが熱中するゲームなどの趣味はくだらない、時間のムダと感じてしまうものですが、小学校中高学年の時期に何かに熱中する子は、その熱中の力が、年齢が上がってからも分野を変えて続くものだと中根先生は述べています。

勉強をするときはもちろん、社会に出て仕事をするときも、何かに熱中して取り組むという能力は必要不可欠なものです。

子どもがゲームなどに夢中になっているのが心配で仕方がないという人は、ぜひ第3章「10歳からさせたいこと、おしえたいこと」を繰り返し読んでみてください。

子育ての悩み、迷いがたちどころに吹き飛び、次の一手が見えてくることでしょう。

小学校中高学年ならではの友だち関係の悩みとその対処法

小学校中高学年ともなると、男女ともに友だち関係のトラブルに巻き込まれてしまう機会が増えるものです。

しかし、親自身もそんな時代を乗り越えて生きてきたとはいえ、わが子のこととなると、どう立ち振る舞えば良いものかわからずに子ども以上に悩んでしまうことでしょう。

そのことについて第4章「友だち関係と学校のこと」において、男女別、機会別にその対処法を丁寧に解説してくれています。

数ある金言の中でも、特に注目してほしいのは、わが子が誰かをいじめる側の立場になってしまったときの対処法です。

理屈抜きに「ならぬことはならぬ」と教え込み、納得させることができるのは、親以外にはなかなかできないというのが先生の持論。

中根先生の唱える「あらかじめの教育」を実践すれば、わが子を真の意味で強い子に育てることができるでしょう。

「個性を生かして仕事をする」大人に育てるのが目標

子育ての目標とは何か、真剣に考えたことはあるでしょうか。

おそらく「良い大学を卒業させること」「良い職業に就かせること」などなど、さまざまな答えが挙がるかと思いますが、中根先生は「個性を生かして仕事をする」大人に育てることこそが子育ての目標と断言しています。

この目標を達成するためには、「子どもが小さいうちから、学校の勉強はひととおり人並みにやることを前提としたうえで、できるだけ人と違ったものを持つことがこれからは必要なのだということを、折に触れて話しておくこと」が大切だと言います。

そして、親が積極的に新しいことに挑戦する姿を見せ、手本となるべきだと中根先生は主張しています。

ただし、子どもには子どもの人生があり、子どもは必ずしも親の模倣のような生き方をしたいと思っているわけではない、ということもあわせておさえておいてほしいとのことです。

本書で紹介されたアドバイスを一つひとつ噛みしめ、小学校最後の3年間、子どもは子どもの人生を歩むことを尊重し、親は親で自分の人生を謳歌することを心がければ、レールの無い先行き不透明な道のりを歩むとしても、子どもの将来は必ず明るいものとなることでしょう。

書影

『小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと』
中根克明、すばる舎、1,400円+税

高学年こそ、親の関わりが最重要。
遊びに勉強に、たくさん付き合って
親子の絆を固くしましょう!

・「相談役」になりつつ、しつけには厳しく
・高学年も家庭での自学自習で大丈夫
・ゲームは禁止せず、時間を決める
・今こそ自然や生き物に触れる機会を
・いじめや不登校にはこう対処…

10代の入り口でどの子も成長する!

中根 克明(なかね かつあき)さん
1952年生まれ。千葉大学卒。25歳のとき、マスコミ志望の大学生を対象にした作文教室を開く。1981年、作文教室の草分け的存在である「言葉の森」を横浜で開講。通信教育を始める。
小学生から大学受験生まで、1万3000人が学んだ。卒業生には東大・京大・早稲田大・慶應大など難関大、難関中・高に進んだ生徒多数。教育熱心な親の間で注目を集めている。 毎月の作文の添削だけでなく、国語力の土台である読書読解教育にも力を入れる。自宅でできるオンライン教育として、少人数の交流を生かした、作文読解クラス、創造発表クラス、自主学習クラスも開催している。夏には那須の合宿所でサマーキャンプを開催。著書に『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』(すばる舎)、『小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本』(かんき出版)がある。