子どものやる気がなかったら、中学受験をやめた方がいいの?

inter-edu’s eye
中学受験を目指す親御さんの多くは、受験をやめようと一度は考えるようですが、そこで本当に諦める方は少なく、ほとんどのご家庭は悩みながらも受験勉強を継続します。
今回は、受験をやめようと思った理由をアンケートし、その理由はどこからきているのかを探ってみました。今悩んでいる方は、同じような悩みを持っているご家庭は多いのだと、まずは安堵してください。それから客観的に、親御さん、お子さまは今どのような状態なのかを捉えてもらえたらと思います。

本当に中学受験をやめた方がいい場合とは?

中学受験をやめようと思ったことはありますか?「はい」の方は、その理由を選択してください。

中学受験をやめようと思ったことはありますか?

アンケート結果の上位3つは、「子どものやる気がない」…21.8%、「成績が上がらない」…16.6%、「親が中学受験のサポートに疲れた」…15.3% となりました。

中学受験を目指すご家庭であれば、この3つは繋がっているというのが、よくお分かりだと思います。たとえば、子どもは「塾に行きたい、一貫校に行きたい」と言うのに、勉強をするようすもなく、やる気が感じられない。手を変え品を変え、勉強に向かわせるのだけれど、継続しない。勉強にムラがあるから成績も上がらない。ますます子どものやる気がなくなっていく。その繰り返しで、もうどうしたらよいか分からなくなって、サポートに疲れてしまう。…というのが多くの中学受験家庭の姿です。

では、「やる気がない」から受験をやめた方がいいのでしょうか?

子どもが追い詰められて、覇気がなくなり、元気な姿が見られなくなったら、かなりの黄色信号なので、その場合は別の対応が必要です。また、中学受験は実は親の思いだけで、子どもが一貫校に行きたくないと思っていた、という場合はよく話し合って、考え直すことも必要でしょう。

ご家庭それぞれの状況が異なるので、一概には言えませんが、このようなケース以外は、親の考え方や子どもへの接し方しだいで、ほとんどは解決できるのではないかと思わせてくれるのがインターエデュの掲示板です。
掲示板に寄せられたアドバイスを、いくつかご紹介します。

※掲示板からの引用文は、一部の編集をのぞき、原文を尊重して、そのまま掲載しています。

お子さまとの距離が近すぎて、何かを見失ってはいませんか?

【5025590】撤退した方がいい?

塾初日から友だちをたくさんつくって、ある意味たのもしいわが子(女)。楽しくて仕方ないそうですが、成績や勉強態度は問題外。私がかなりきびしく宿題をさせて、組み分けで偏差値50程度です。私がみなければ、30・40にあっという間に下がると思います。

成績より勉強への取り組み姿勢、やる気ないことが許せません。塾の友だちとも学校の友だちとも遊びたい、ゲームもしたい、でも受験をやめるのは嫌。とふざけたことを言います。私はこれ以上、やる気のない子どもの勉強を見るのは嫌。撤退させるべきか、苦手な国語を中心に個別も併用して外注するか悩んでいます。【投稿者: 悩める母さん】

【投稿者: 見極めさんからの返信】辛口ですが、やる気になればもっとできるはずと思っていらっしゃるでしょうが、偏差値50なら、それがお子さんの実力と思うよりないのでは? 親は、自分の子はもっとできるはずと思いがちですが、等身大の子どもを見てあげないとだめだと思います。
(中略)でも、お嬢さんのようなお子さん、決して特別ダメなわけじゃなく、ごくごく普通のお子さんです。

勉強を見ていると、なんでこんなことができないのか、これができれば偏差値上がるのに、と思ってしまいます。子ども自身の今の状態を見てあげて、子どもなりに頑張っていることをほめてあげたいですね。

【投稿者: ちなみにさんからの返信】まずは見守る姿勢を貴方が持たないと、お子さまはストレスを溜め込み、勉強しようと机に向かっているのに、あれこれ指図されたら、やる気は無くなりますよ。

子どもが自分で勉強ができないからと、つきっきりで見る状態が続くと、できない部分に目が向きがちですし、イライラもします。まずは親御さん自身が冷静になるために、お子さまから距離を置いて見守って!というアドバイスは多く見かけます。

【投稿者: 頑固な親バカさんからの返信】子どもは最後の最後までマインドのスタミナがあれば伸びると思います。目的意識の持たせ方はお子さまによってそれぞれでしょうが、お子さまが伸びる時期を見逃さず指導されれば伸びると思います。ガミガミ言い続けてはマインドのスタミナがなくなってしまうと思います。
(中略) 焦らず、夏休み明けまでお子さまを見守られてはいかがですか? 勉強を2時間詰め込むより、2時間かけて学校行事や説明会に行かれた方がよい場合があります。お子さま信じてもう少しお待ちになったらいかがですか?

何かを見失ってはいませんか?

子どもは口では「受験したい、一貫校に行きたい」と言いますが、なぜ受験したいのかを聞くと、「友だちが受験するから」「なんとなく」と強い動機がないこともあります。また、受験をして行きたい学校へ行くことと、受かるためには勉強して合格する力をつけなければならないことが、子どもの頭の中で一致していないケースもあるかもしれません。「頑固な親バカさん」がおっしゃるように、勉強すること自体から一旦離れて、目的意識の持たせ方をじっくり考えてみるのも大切なことでしょう。

親御さん自身の気持ちが強すぎて、お子さまを追い込んでいませんか?

【869971】やる気の無い子どもー塾をやめさせようか

やる気の無い子どもに塾をやめさせたご経験のある方いらっしゃいますでしょうか? 中学受験をすっぱりやめさせたご経験のある方、一時的にやめてようすを見た方でも結構です。子どもが壊れそうで…これ以上無理をさせるのは親の判断でやめました…という例でなく「受験をなめてかかっている子ども」「まわりの協力に何の感謝も抱かずふざけた態度でいる子ども」のケースがあればお願いします。(後略)【投稿者: ほとほとあきれたさん】

【投稿者: 導きさんからの返信】お子さんのふざけたご様子の詳細がわかりませんが、逃避の一つである可能性が高そうです。 頑張って成果が出なくて悔しい思いをするのは辛いですし、大人でもする手法です。勉強を楽しむ余裕が無く、追い詰められて受験勉強しなきゃ、という状態なのかな、と思いますが、違いますでしょうか。

また、親御さんもお子さんの成果(点数など)に一喜一憂してらっしゃるのではと思いますが…。違っていたらごめんなさい。その場合、より追い詰められて逃避に走ると思われます。
お子さんはノリの悪い状態で、反して親御さんは一生懸命で、お子さんは思考からすでに逃げつつある、という悪循環になっていないか心配です。受験断念までお考えになったなら、少し気楽な気分に一転し、もうしばらく見守ってあげてはいかがですか。

お子さんも、行きたい学校がはっきりしてくれば目標ができて違ってくるかもしれません。そのためには、学校見学なども大事だと思います。この学校に行きたい、という目標ができたときの男の子は強いですよ。

お子さまを追い込んでいませんか?

親は正直なところ、「こんなにお金も時間もかけて、一生懸命この子のためを思ってやっているのに、どうしてやる気にならないの?」という気持ちになりがちです。ですが、親の強い気持ちが子どもの負担となって、子どもは受験から逃げたくなる、ということもあるかもしれません。子どもが自分の人生を自分で切り開いていく一歩としての中学受験、と親自身が捉えられるようになれたら、考え方も変わるのではないでしょうか。

お子さまは勉強する喜びを感じていますか?

【4552107】怒りたくない、喧嘩したくない母

のんびり屋で楽天家の娘は、毎日コツコツと勉強することができません。本人の志望校は書くのが恥ずかしくなるほど高偏差値校ですが、母としてはせめて50~52・53のところにと考えています。娘は「やるよ」「今やろうと思ってた」「そんなの分かってるよ、何回も聞いた」と、ほとんど言い訳ばかりでちっとも勉強をしません。

(中略)私はやらされる勉強ほど意味のないことはないと思っています。自主的に勉強するようにいろいろなニンジンをぶら下げましたが無理でした。今度は逆に、嫌われても良いから厳しく言ってやらせようとしたら、それでも勉強しませんでした。本人に勉強するよう気持ちを乗せさせ、うまく誘導できるよう何度も試みましたが、全く効果がないです。(褒めたり、やる気を刺激したり、です。)

(中略)志望校に行って、憧れの気持ちを持たせるとか、そういうのには多分影響されない性格の子です。「今から頑張れば合格できるかもしれないもん」と平気で言うような超楽天家です。【投稿者:深刻に悩む母さん】

【投稿者: サツキさんからの返信】どんな子であっても、大人がスモールステップを作ってやり、積極的にその子に喜びの経験を積ませてあげることも一つでは思いました。勉強が苦手という子は、そういう経験に乏しく全く喜びがなく、もしくは少ない。絶対にこれなら続けられるという勉強法と言うよりも続けられる子とはどんな子なのかだと思います。

子どもにとって、遠い未来の利益に向かって我慢するという事はとても難しい。何となくは分かっても原動力となるほど強い動機になりにくい。だからこそ小さいうちから少し頑張ればちょっとした喜びがある。これを積み上げていくことがとても大切だと思います。その子のいい所、できたことを見つけて褒めてあげる、共感する。できたことがずっとできると思わない。そして次の褒めるチャンスを見逃さないようにしっかり見ていてあげる。

「行きたい学校に合格するには、努力して勉強しなければならない」のような精神論は、子どもの心の成熟度合いにもよりますが、なかなか難しいことでしょう。スモールステップで積み上げていった先に、合格があるということがイメージできるといいですね。そうできれば、無理に子どもに目標を持たせることも必要ないですし、勉強をする楽しみや喜びも積み重ねることができます。それは将来にわたって活きてくることではないでしょうか。

お子さまは勉強する喜びを感じていますか?

解決法として、大きくは、「子どもを見守る姿勢」「目的意識を持たせる」「スモールステップ」が大切だということが見えてきました。

そして、悩まれている親御さんに今最も必要なのは、「心の休息」です。リフレッシュして親御さんに笑顔が戻れば、お子さまにもきっといい影響がありますよ!


現在回答募集中!エデュちょこっとアンケートにご協力ください。

Q.中学受験予定の方、小学生新聞を購読していますか?

  • 【小学1~3年生】購読していない
  • 【小学1~3年生】購読している…朝日小学生新聞
  • 【小学1~3年生】購読している…読売KODOMO新聞
  • 【小学1~3年生】購読している…毎日小学生新聞
  • 【小学4年生】購読していない
  • 【小学4年生】購読している…朝日小学生新聞
  • 【小学4年生】購読している…読売KODOMO新聞
  • 【小学4年生】購読している…毎日小学生新聞
  • 【小学5年生】購読していない
  • 【小学5年生】購読している…朝日小学生新聞
  • 【小学5年生】購読している…読売KODOMO新聞
  • 【小学5年生】購読している…毎日小学生新聞
  • 【小学6年生】購読していない
  • 【小学6年生】購読している…朝日小学生新聞
  • 【小学6年生】購読している…読売KODOMO新聞
  • 【小学6年生】購読している…毎日小学生新聞

投票後、現在の結果がご覧になれます!