中学受験、スケジュール管理におすすめの手帳は?

inter-edu’s eye
中学受験に欠かせないスケジュール管理として、「1日のタイムスケジュール」、「週の学習計画」、「年間スケジュール」、「入試前後のスケジュール」の4つを、エデュママリサーチ「中学受験、スケジュール管理が合否を分ける!?」でご紹介しました。これらを漏れがないようにチェックしながら、学習や日程の調整をしていくために、使用するツールもよりよいものを選びたいですよね。そこで、何を使ってスケジュール管理をしているかを、中学受験を目指すご家庭に聞きました。

スケジュール管理は、「アナログ派」?「デジタル派」?

【中学受験】説明会・模試・学習の進捗などのスケジュール、何を使って管理していますか?

説明会・模試・学習の進捗などのスケジュール、何を使って管理していますか?

アンケート結果の上位4つは、「システム手帳」…32.0%、「アプリカレンダー・予定表」…18.0%、「壁掛け・卓上カレンダー」…18.0%、「エクセルなどで自作」…16.0%となりました。

スマートフォンが普及しスケジュール管理もアプリで、という方も増えていますが、長年使ってきて慣れているというのもあるでしょう、システム手帳の方が多い結果です。壁掛け・卓上カレンダーの利用は、学校説明会や模試などを、家族で共有しておくために、エクセルなどで自作の方は、学習計画やテスト結果分析のために使うことから、用途に合わせてツールを使い分ける様子が見えてきます。「アナログ派」か「デジタル派」かといえば、「アナログ派」のほうが多いようですね。

中学受験を「記念にできる」手帳の活用法

システム手帳を中学受験のスケジュール管理に使っている方は、おそらく仕事や家庭のスケジュールも同じ手帳に書き込んでいることでしょう。日程が重複しないようにするためにも、1冊にすべての情報があったほうが管理はしやすいですが、中学受験用には少し物足りなさを感じるのではないでしょうか? そのような方へ、中学受験におすすめの手帳を3つご紹介します。

■「sumate」

sumate」は、現役東大生・手帳会社「勝手帳」、企画会社「MONO-LAB-JAPAN」のコラボで制作された手帳です。こちらの受験手帳は、大学受験生向けに作られたものですが、中学受験生でも十分活用できる内容になっています。特に「週間計画表」のページはおすすめです。1日のタイムスケジュールを記入できるデザインになっていて、学習計画を書いて管理したいというご家庭には、ぴったりです。また、親御さんが中学受験に活用することで、今度はお子さまが中高生になったとき、自身で書いて使えるようになることも期待できます。
ご購入はこちらから≫

■「ほぼ日手帳」

ほぼ日手帳」は、糸井重里さん主宰のウェブサイト 「ほぼ日刊イトイ新聞」が制作している手帳です。この手帳を中学受験用に使っているという声が「ほぼ日手帳CLUB」で紹介されています。偏差値表を添付して使うあたりが、中学受験のご家庭らしい使い方ですね。メモスペースがたっぷりあるので、塾の保護者会や学校説明会で聞いた内容をしっかり書き込めます。中学受験記録として、記念にもなりますね。
ご購入はこちらから≫

■「アナログママ『受験手帳』」

アナログママ「受験手帳」

アナログママ『受験手帳』」は、受験に特化した手帳がないので、中学受験を終えたお母さまがなんとご自身で開発したという手帳です。中学受験をする親御さんへのメッセージが手帳の中にちりばめられ、心遣いが感じられるというのも特徴です。他にはない手帳ということで、開発者の村上みゆきさんに、中学受験手帳の使い方や開発秘話を聞きました。
ご購入はこちらから≫

Q:受験スケジュール帳を作ろうと思ったきっかけについて教えてください。

村上みゆきさん:私も主人も、中学受験の経験はありませんでした。こんな手帳を作るくらいだから、教育熱心で、相当できる子どもたち、受験管理ができていたママと思われるのですが、全く逆です。主人の転勤で全国をまわりながら、小学生の時期を福岡で過ごしていました。当初は学校の勉強に遅れないように、塾に通わせていたのですが、塾や友達の親から情報が入り、いつしか受験を意識して兄、妹と中学受験をするに至りました。中学受験を終え、子どもはもちろんですが、親がこんなに大変だとは思っていませんでした。終わった後に、受験に特化した手帳があったら、私のような受験ママにも何かお役に立てるかもと思い、「こんな受験手帳があったらよかったのに!」を形にしました。兄の受験時、私が仕事をしていたこともあり、自分の仕事、家事、お弁当作りに、送り迎えや、妹の習い事、主人の出張、夕飯がいる、いらない…目まぐるしい日々でした。中学受験は「親子の受験」といわれますが、栄養管理や体調管理とさまざまなスケジュール管理が非常に大変でした。

Q:受験スケジュール帳に込めた思いについて教えてください。

村上みゆきさん:わが子二人の受験を振り返ると、泣いたり、笑ったり、褒めたり、怒ったり、迷ったり、順風満帆な受験期を過ごせた訳ではありませんでした。当時、受験ママも何人かおりましたが、良くも悪くもわが子だけでなく、みなさんさまざまなドラマがあることも知りました。悩んだり迷ったりしている、お母さんも多いのではないかと思います。でも、今振り返ると、幼い小学生のわが子と同じ目標に向かい、親子二人三脚の時間は、本当に素晴らしい体験だったと思います。二度と同じ目標で走ることはないように思います。のちのち当時の日々の思いを、日記につけておけばよかったとの思いもあり、この手帳には一行日記をつけています。いつか一行日記を読み返してほしいです。親子の成長と、子どもとの思い出手帳というか「第二の母子手帳」のようになればいいなと思います。また当時、自分が中学受験をしていることを、人に知られたくない思いもあり、表紙はシンプル、受験項目は月間スケジュールの後に、人前でも開けるようにしたいと思い母親目線で作りました。

Q:受験スケジュール帳をどんな風に使ってほしいですか。

村上みゆきさん:受験スケジュールのページだけは、壁用に拡大コピーをおすすめします。その他はそれぞれでカスタマイズしていただければと思います。一行日記ではなく、スケジュールとして使っていただいた方もいらっしゃいます。私は仕事をしていたのもあり、受験の時期は、職場で試験料を振り込んだかな?願書の申し込みはいつかな?など常に外出先で予定を見ていました。私のようなアナログ派の方は、書き出すことで頭が整理できるように思います。

Q:受験スケジュール帳についてアドバイスをお願いします。

村上みゆきさん:この手帳は、小学6年生もしくは、中学3年生の親向けと思われがちですが、本当は小学4・5年生にもぜひ使っていただきたいです。この時期にしか学校見学に時間を使えません。4年生、5年生の時にどんな情報を仕入れて、書き留めていたかも重要だと思います。私もそうなのですが、メモをしたけど、そのメモもどこに書いたやら?になってしまいがちです。受験を考えたときから、使っていただきたい手帳です。また、最近では小学校受験・大学受験・保活・園見学にも使えるという言葉もいただいております。

中学受験を経験したお母さまならではの思いが、「第二の母子手帳」という言葉に表れていると感じました。中学受験は、親子が一緒の目標に向かって走るせっかくの機会ですから、手帳で思い出を形にできるとなおいいですね。

手帳次第で、スケジュール管理や中学受験に関する情報の整理もスムーズに行え、そして記念にもなる。ご家庭にあった使い方を考えてみるのも、中学受験を楽しむことにつながるのではないでしょうか。


現在回答募集中!エデュちょこっとアンケートにご協力ください。

Q.【中学受験生(小6年生)】午後入試を受けますか? 迷っている方は理由を教えてください。(自由回答)

  • 受ける
  • 受けない
  • 迷っている(自由回答)

投票後、現在の結果がご覧になれます!