新型コロナの影響で増えた時間・減った時間

inter-edu’s eye
学校の休校、外出自粛が続いた数か月間。今まで経験したことのない日々を過ごしてきたことと思いますが、みなさんはどのように過ごされましたか?
そこでエデュナビでは、小学生のお子さまがいらっしゃる保護者の方を対象としたアンケートを実施。新型コロナウイルスによって、生活にどんな変化があったのかをお聞きしました。

【調査概要】

◆調査方法:インターネット調査
◆対象者:お仕事をおもちで、小学生のお子さまがいる保護者男女
◆回答数:300名
◆調査エリア:全国
◆調査時期:2020年6月11日(木)〜6月12日(金)

【質問項目】

Q1. 新型コロナウイルスの影響であなたもしくは家族の誰かがリモート(在宅)ワークになりましたか。
Q2. 新型コロナの影響で外出自粛が続いた生活の中で、増えた時間はありますか。
Q3. 外出自粛が続いた生活の中で、減った時間はありますか。
Q4. 外出自粛の影響で想定外の出費はありましたか。
Q5. 外出自粛中、やりたかったことはなんですか。

増えた時間・減った時間は勤務形態で異なる結果に

表1

今回の回答者のうち、自分、もしくは家族がテレワークになったというご家庭(両方も含む)は全体の約4割。残りの6割は自分も家族も出社していたという状況でした。

テレワークが増えたとニュースでは言われていましたが、このアンケートの結果から見ると、意外と低い数値です。

ではそれぞれのお仕事の状況によって、時間の過ごし方はどう変わったのでしょうか。通常出社のご家庭と、家族の誰かがテレワークというご家庭とに分けて見てみましょう。

増えた時間(複数回答)

通常出社の方、増えた時間
テレワークの方、増えた時間

通常どおりの勤務していた方の回答で多かった「増えた時間」は、「テレビを見る」54%、「食事の支度」52%、「子どもと遊ぶ時間」52%という順になりました。

一方、テレワークだった方の回答では「仕事」が70%と最も多く、次に「睡眠」62%、「散歩やランニングなどの運動」が61%でした。

また、学校が休校中だったこともあり、「子どもの勉強を見る」という時間が通常出社では49%、テレワークでは50%といずれも増えていました。

減った時間(複数回答)

では逆に、この時期に「減った時間」にはどのようなものがあったでしょうか?

通常出社の方、減った時間
テレワークの方、減った時間

通常出社の人の場合、「1人の時間」が減ったという回答が61%、次いで「子どもと外出」が60%、「ショッピング」が54%となりました。

一方、テレワークの人の「減った時間」は、まずは「通勤時間」が82%、続いて「勤務時間」「スポーツ施設でのトレーニング」が61%でした。

自粛中の想定外の出費の多くは生活費。子どもに関連した出費も

アンケートでは、自粛期間中の想定外の出費についても質問してみました。

想定外の出費だったもの

想定外の出費として一番多かったのは「食費」47%。小学生は普段であれば給食がありますし、家族が家に揃うことが増えたのですから、妥当な結果といえるでしょう。次に水道光熱費など生活に関わるものの出費が増えたようです。

また、子どもに関連した出費では、「子どものおもちゃ」が19%、「子ども学習教材」が18%のほか、学校でオンライン授業などが始まったことが影響してか「子どものパソコンやタブレット」も12%ありました。

外出自粛中は、「外に出る」ことを切望!

最後に、「外出自粛期間中に、やりたかったこと」についても聞いてみました。

外出自粛中やりたかったこと

一番多かったのは「国内旅行」で48%、次に「外食」の39%、レジャー施設の31%と続きました。やはりみなさん、外に出ることを切望していたのですね。

今回のアンケートではこのような結果となりました。みなさんのご家庭ではいかがでしたでしょうか。


現在回答募集中!エデュちょこっとアンケートにご協力ください。

Q.中学受験家庭の夏のボーナスアンケート。世帯での合計金額を教えてください!

  • 10万円未満
  • 10万円〜19万円
  • 20万円〜29万円
  • 30万円〜49万円
  • 50万円〜99万円
  • 100万円〜199万円
  • 200万円以上
  • 職業柄ボーナスは出ない

投票後、現在の結果がご覧になれます!

エデュママアンケート調査 これまでの記事

エデュナビ新着記事