はじめての中学受験Vol.7前半 男子校のメリット

はじめての中学受験Vol.7前半 男子校のメリット

"女子校のメリット 男子校で気をつけたいこと

inter-edu’s eye
男子校・女子校って、うちの子に合うのかしら? 誰もが一度は考えることでしょう。そこで、先月の記事が大反響を呼んだ、おおたとしまささんに、再度アドバイスをお願いしました。おおたさんには、『男子校という選択』『女子校という選択』という2冊の著書があります。

成長期の男子が思い切り自分を伸ばせる男子校

ご自身も男子校(麻布)出身のおおたさん。正直女性には想像もつかない男子だけの世界の魅力を熱っぽく語ってくださいました。

男子生徒

メリット1:男子の潜在能力を引き出せる

思春期の男女には成長段階に違いがあります。男子の成長段階にあった教育の仕方を実現できるのが、男子校の最大の利点です。それに異性がいると、つい「どうすればかっこよく見えるか」と、異性の目から見た基準で行動したり自己評価してしまいがち。男子校では異性の目から解き放たれて自分を見つめ、自分の基準で動けます。そのため成長著しいこの時期に、本人の潜在能力を最大限引き出すことができるのです。

メリット2:男同士「すっぽんぽん」で付き合える

「男子校は温泉、共学はクアハウス」と言えると思います。男子校ではすっ裸でいられるけれど、共学ではそれなりに異性に気をつかい、大事なところや恥ずかしいところは隠していなきゃいけないという意味です。男子校では、垣根を作らず、誰とでも「すっぽんぽん」で向き合うことで、他人を鏡にして自分をも見つめることができ、「こいつはここがすごい、自分もここがすごい」と、認め合うことができるのです。

メリット3:転んで大きく成長できる

異性の目を気にしなくていいので、男子校では思いきりバカをやることができます。共学では得てして女子が「バカじゃないの」と冷たい目で見たりするため、抑制されてしまいがち。気の弱い生徒も人目を気にしがちな生徒も、男子校では好奇心に従って自分の力を試し、失敗することで限度を知ったり、新たなチャレンジに向かうことができます。自分の世界をどんどん広げていくことができるのです。

メリット4:ロールモデルとなる先輩がいる

男子中高一貫校では、中学1年生の時点で、中学生だけでなく高校生とも出会うことができます。反抗期真っ盛りの中学3年の悪ぶった先輩だけだと少々うんざりしてしまいますが、同時に高校3年の落ち着いた先輩も見ることができるので、やんちゃな時期を乗り越えやすくなります。「いずれあの先輩のように大人になれる」と、のびのびした学校生活が送れます。

メリット5:伝統校が多く就職に有利になる

大学全入時代を迎え、就職でも、大学名だけでなく、高校名も見たいという企業が増えてきました。最終学歴だけでなくどんな思春期を送ってきたかを見たいということでもあります。建学の精神を教員・生徒が共有し伝承していく仕組みができている男子校出身者には、その学校ならではの精神や匂いが染みついています。そういうバックグラウンドが見えていると、採用する側も安心するのでしょう。

ランク付けのない生徒同士、バカな行為さえ許容する先生

おおたとしまささん

サッカー部のキャプテンと鉄道マニアが一緒にランチします

男子校には、いわゆる「スクールカースト」が存在しません。「スクールカースト」とは、クラスの目立つ集団や地味な集団など、他人の評価のランク付けのようなものです。これが存在しない男子校では、サッカー部のキャプテンと鉄道マニアが一緒にランチするというようなことが普通にあります。だから、小学校時代に特にやんちゃぼうずだった男子や、反対に女子にいじめられちゃうようなタイプの男子は男子校が向いているかもしれませんね。

男子校の先生は、おもいきりバカをやっても受けとめてくれる

わたし自身の男子校時代に、こんなエピソードがあります。やんちゃをしすぎて、世間にご迷惑をおかけし、学校に保護者が呼び出された同級生の話。「うちの子が学校にご迷惑をおかけして」と頭を下げる保護者に、先生は「その子が悪いとかではなく、何でそんなことをするに至ったのか、胸に手を当てて考えてみませんか」と言って生徒をかばったのです。今でも、卒業生同士でその先生を思い出し、涙を流すこともあります。男子校の先生は、生徒を信じて温かく見守ってくれるんですよ。

おおたとしまささん著書

<<プロフィール>>おおたとしまさ
育児・教育ジャーナリスト、心理カウンセラー
著書は『男子校という選択』、『女子校という選択』、『中学受験という選択』、『名門中学の子どもたちは学校で何を学んでいるのか』、『パパのトリセツ』、『男の子 育てにくい子ほどよく伸びる』、『パパのネタ帖』、『笑われ力』、『学習塾白書』(共著)など多数。

はじめての中学受験 アーカイブ