中学受験での親の関わり方とは?

inter-edu’s eye
はじめての中学受験では、第1回、2回、3回と中学受験をする、しないの選択についてお伝えしました。第4回目では、中学受験をしようと考えているご家庭に伝えたい「親の関わり方と心構え」です。第3回目に続きまして、教育専門家の小川大介さんにお話をうかがいました。中学受験真っ最中のご家庭も必読です!

中学受験と高校受験とは親の関わり方が異なる

-中学受験がはじめての方の中には、高校受験と同じと考え、受験は子どもがするものだから、親は学校選びや塾の送り迎えだけをすればいい、勉強は塾に任せれば大丈夫と考えているかもしれません。ところが、中学受験を経験した親御さんから「精神的にきつかった」「こんなに大変だとは思わなかった」という話をよく聞きます。どうしてなのでしょうか。

小川さんは、「一つに高校受験の時期と比べて、親としての経験値もまだ浅く子どもも精神的に自立できていない、それにも関わらず、受験をとりまく大量のタスクが家族に押し寄せられるため」と言います。また、「中学受験で必要な勉強は小学校で習う内容よりもはるかに難しく、膨大な量が求められます。子どもの自然な成長を見たときに、ものごとをまとまった考え、概念として理解でき始めるのは9歳頃と言われています。ですが、中学受験塾では小学4年生はじめから抽象的な概念の学習がいきなりスタートします。これは子どもの成長上かなり不自然。不自然な物を無理やりやらせたら、絶対子どもに無理が生じるんです」とのこと。

-こういった難しい状況の中で行われるのが中学受験。そのため、「中学受験での親の心構え」とは何かを知っておくことはとても大切です。そこで、はじめに中学受験の最中はどんな心境、状況になりがちなのかを、小川先生にうかがいました。

冷静に対応できる人はごく一部

小川大介さん

小川さん:中学受験はやはり親が子どもの面倒を見る場面が多いので、思い通りに子どもを伸ばしてあげられない、塾の成績が上がらないなど、困った事態が毎週のように親に降りかかってきます。そういったことが起きたときに、わが子を大事に思う親御さんほど自分を責めがちです。心理学的にも、自分を責める気持ち、不安感やもどかしさは怒りに変わりやすいのですが、一番近くにいるのが当の子どもです。そのため、わが子を思う気持ちから生まれたはずの怒りが、肝心の子どもに向けて理不尽な攻撃となってしまうという、負の連鎖も起きやすいのです。

こうした事態に冷静に対応できる人はごく一部の人であって、大抵の親御さんにはまず無理です。運良く子どもが塾や勉強とも相性よくできて楽なときもあるかもしれませんが、そうでないとき、やはり親は自分を責めてしまうし、子どもの可能性に対して信じてあげられなくなったりもします。

実際にわたし自身も最近まで受験生の親をやっていたわけですが、受験とは一歩距離をおいて冷静でいようと努めていたうちの奥さんですら、感情の浮き沈みに見舞われ、どうしようもないほどに心が乱れる様子も見てきました。また、わたし自身もひどく心が波立つことがありましたし、そんな自分を自覚して、自分自身の心を観察してきました。中学受験を初めて経験されるご家庭で、子どものことを第一に考えて、冷静に気持ちを保ちながら進めていく受験なんて、とてもじゃないけれど無理な話で、自分自身だけではコントロールできない、何かに持っていかれるような気持ちがあるというのを生々しく体験したのです。

中学受験は親も成長する機会と捉えることで乗り越えられる!

-では、イライラして子どもを叱り、そして自己嫌悪に陥ってしまう。そういった気持ちとどう向き合ったらよいのでしょうか?

親が自分に向き合い、感情を受け入れる

中学受験は親も成長する機会と捉えることで乗り越えられる!

小川さん:我慢によっては、そこの感情は乗り越えられないということをまず知ることだと思います。起きた感情は消せません。なので、なぜ自分の中にそういったさまざまな、できれば生じさせたくない感情、子どもに対する苛立ち、たとえば、テストを見るたびに焦ったり、まわりのことがやたら気になったり、成績を見たら「いいね」と素直に褒めて終わることができずに、どこか悪いところを見つけてわざわざ文句を言いたくなったり、などと自分が嫌になる感情が一杯出てくるのかということについて、そのメカニズムを学んでいくのです。知識なしに自分の感情をコントロールしたいと思ってもそれは難しくて、なぜその気持ちが出てくるのか?どこから生まれてくるのかということを理解していく必要があるのです。

知識を持つというのを言い換えれば、自分自身を観察して自分を磨くということです。自分と子どもとの関わり合いにおける悩みを解消したり、より良い時間を選んでいくには、結局他力本願では解決しないんです。

自分磨きとはいっても、何かキラキラした自分に頑張って変わろうとすることではなく、今の自分がどんな人を知って、それをそのまま受け止めるということがとても大事です。自分はくよくよしがちだなと思ったら、それはそれでいいんです。くよくよしがちなお母さんだとしたら、それはいろいろ細かいことに気がつくことができる人だということなので、大きな方針はお父さんと子どもで決めて、お母さんは細かいところを漏れのないように手伝うことにすると上手くいきそうだという話にもなる。自分のできることを受け入れて、やっていけばいいんです。

中学受験を糧になるような時間に

-中学受験では、親が感情的にもなり自分を責めるような思いもたくさんします。それを乗り越えていくには、親も自分自身と向き合い、家族と協力していくことが大切ということ。さらに小川さんは、このような中学受験の取り組み方が家族を育てていくと言います。

家族の絆が深まるような中学受験を

小川大介さん02

小川さん:感情に振りまわされ、怒りを生む要因のほぼすべてが、自分自身の中にあり、自分が何を欲していて、何を不安がり、どこに不満があったのか、または何に自信があるのか、そういったところをまず自分自身で見つめようとすることをおすすめします。一人で見つめるのは難しいことですから、夫婦や家族で会話して、相手がどういうことを感じているのかも聞くといいと思います。

わが子がどんな人で、わが子の親をさせてもらっている自分はどんな人で、自分のパートナーがどんな人で、それぞれ共通点もあれば違うところもあって、そういう人たちで家族というものが作られている。それを確認し合い、理解し合って他に変えようもない家族というものを再発見して育てていくんです。

中学受験はあくまで手段、家族にとって何が大事なのかを考えて

小川さん:中学受験というハードなプロジェクトに真剣に向き合い、一つひとつを乗り越えていけば、もっと子どものことを好きになるし、子どもに信頼してもらえるようになるし、夫婦も仲良くなります。中学受験をすると決めたならそれは家族にとって糧となる時間にしてほしいし、そうし得るものだと私は確信しています。ちょっとした心の踏ん張りをすれば、どなたにでも叶うことです。

中学受験は家族の一大プロジェクトですが、でも「たかが中学受験だよね」です。受験はあくまで手段で、子どものために家族のために大事なこととは何かを、これから中学受験をされるご家庭は先に考えていただきたいなと思います。

小川大介(おがわ だいすけ)さん
教育専門家。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。1973年生まれ。
京都大学法学部卒業。学生時代から大手受験予備校、大手進学塾で看板講師として活躍後、中学受験専門のプロ個別指導塾SS-1を設立。子どもそれぞれの持ち味を瞬時に見抜き、本人の強みを生かして短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。同時期に中学受験情報局「かしこい塾の使い方」の創設にも参画し、情報発信を開始。受験学習はもとより、幼児期からの子どもの能力の伸ばし方や親子関係の築き方に関するアドバイスに定評があり、各メディアで活躍中。そのノウハウは自らの子育てにも活かされ、一人息子は中学受験で灘、開成、筑駒すべてに合格。『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て』(KADOKAWA)など著書多数。

親も子も幸せになれる はじめての中学受験
小川大介さん新著:「親も子も幸せになれる はじめての中学受験」(CCCメディアハウス)
首都圏では、いまや4人に1人の小学生が中学受験をする時代。公立と私立、どちらを選ぶにせよ「中学受験」が頭に浮かばない親はいません。本書は、公立、私立どちらの中学を選ぶか、から、夫婦での意見のすりあわせ(ここがいちばんキモです)、子どもとの話し合い、塾生活の過ごし方、子どもの心と学力の伸ばし方まで、中学受験が頭に浮かんだときに、気軽に手に取っていただける親目線の中学受験本です