中学受験、偏差値の正しい見方・使い方

| 1 | 2 |

inter-edu’s eye
大学受験や高校受験と同じく、中学受験においても偏差値は志望校・併願校選びの指標の1つです。偏差値を正しく理解することで、志望校・併願校選びにおいて冷静な判断ができます。正しい見方と使い方を、しっかり確認しておきましょう。

中学受験における「偏差値」とは?

はじめに、偏差値についておさらいをしておきましょう。

図1
正規分布の場合

偏差値は、ある母集団の平均点を基準として計算します。平均点をとった人の偏差値を50とし、点数が平均点よりも高ければ偏差値は50より高くなり、平均点よりも低ければ50よりも低くなります。
このように、平均からどのくらい離れているかを数値化し、模試やテストを受けた集団の中での位置を測るのが偏差値です。

中学受験における偏差値50とは?

「せっかく中学受験をするのに、偏差値50ぐらいの学校へ行くくらいなら、公立中学へ行ったほうがよいのでは?」と考える保護者も少なくありません。
大変な努力をして臨む中学受験だから、偏差値50の“平均レベル”よりも高いところを目指したいという思いがあるのでしょう。 しかし、中学受験における偏差値50は、決して平均レベルではないのです。

中学受験をして私立中高一貫校に進学する割合は首都圏で4人に1人と言われています。そのほとんどの受験生が塾に通い、同じような勉強をして受験します。よって、学力の高い層で母集団が構成されているのが中学受験です。一方、高校受験は集団が大きく、さまざまな個がいるため学力の差が生じやすいと言えます。

つまり、中学受験における偏差値50は、高校受験と比較すると高い水準にあるのです。実際、偏差値50の学校に合格するためには、十分な受験対策が必要です。

模試ごとに偏差値が異なるのはなぜ?

中学受験生向けの模試は、首都圏ではSAPIX、日能研、四谷大塚、首都圏模試センター主催の模試があります。最も受験者数が多いのは四谷大塚の模試です。通っている塾の模試を受けて、四谷大塚の模試を受ける受験生も多いでしょう。すると、模試によって偏差値が異なることに気づきます。

たとえば、2021年の予想偏差値では、SAPIXの80偏差値(合格率80%)にて偏差値50の逗子開成中学校・高等学校は、日能研のR4偏差値(合格率80%)で59、四谷大塚の80偏差値で57です。

このように、模試によって偏差値が異なるのは、中学受験と高校受験における違いと同様の“集団の違い”によるものです。 塾が主催する模試は、その塾に通う生徒のほとんどが受けます。SAPIXは最難関や難関校の志望者数が多い塾、四谷大塚や日能研は難関校も含めてさまざまな学校への志望者が多い塾です。その違いが偏差値に表れているのです。