牛肉と野菜のオイスターソース炒め

PR

オイスターソース1
オイスターソース2

inter-edu’s eye
東京家政大学附属女子中学校・高等学校からの提供レシピです。
「夏バテしないためにとりたいたんぱく質とビタミン、ミネラル!バランス良くとれるメニューをご紹介します。」(東京家政大学附属女子中学校・高等学校より)

牛肉と野菜のオイスターソース炒め

オイスターソース3

材料(4人分)

  • 牛肉スライス200g
  • 酒/醤油/片栗粉各小さじ1
  • ピーマン/赤ピーマン各2個
  • 玉葱/人参大1/2個
  • キャベツ/竹の子(水煮)150g/100g
  • 生姜(みじん切り)3g
  • 炒め用油大さじ4
  • 【a】オイスターソース大さじ2
  •    醤油大さじ1と1/2
  •    水/がらスープの素120g/小さじ1
  •    片栗粉小さじ2
  •    ごま油小さじ1/2

★作り方★

1. 牛肉を3cm幅に切って、酒、醤油、片栗粉で下味をつける。

2. ピーマンは乱切り、玉葱は厚めのくし切り、人参と竹の子は短冊、キャベツはざく切りにする。

3. フライパンに油半分を熱し、生姜を入れ香りが出たら、①の牛肉を加え、火が完全に通るまで炒めて、いったん取り出す。

4. 同じフライパンに残りの油をたし、②の野菜をしんなりするまで炒める。そこへ③の牛肉を戻し、【a】を合せた調味料を加え、とろみがつき沸騰してきたら、ごま油を回し入れ、軽く混ぜたら火を止める。

ワンポイントアドバイス

牛肉は少し焦げ目がつくくらい、しっかり加熱してください。あんで絡めて食べる料理なので、歯ごたえがあったほうが美味しく感じられると思います。野菜はシャキシャキ感を残すために、強火でさっと炒めましょう。お好みでニンニクを入れても良いでしょう。

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

夏はさっぱりしたものが好まれますが、しっかりたんぱく質とビタミン、ミネラルもとっておかないと夏バテの原因になります。今回は牛肉を使用しましたが、これを疲労回復ビタミンであるB₁を多く含む豚肉で代用してもOK。今回、旨味成分たっぷりの濃いめの味付けになっていますので、野菜にも自然と箸がのび、たっぷりとることができると思います。

東京家政大学附属女子中学校高等学校

監修:東京家政大学附属女子中学校・高等学校

学校イベント情報

■ミニ学校見学会:毎週金か土曜日(日程はサイト参照)
詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校では、スクールランチの主食に各種ビタミル・ミネラル、食物繊維、機能性成分豊富な玄米を取り入れています。食物繊維の腸内での働きが見直されてい今、免疫力向上のためにも食物繊維を意識した食事が生徒の健康を支えます。

この他のエデュおすすめレシピ!