風邪に負けないレシピ!カボチャのクリームシチュー

PR

クリームシチュー1
クリームシチュー2

inter-edu’s eye
東京家政大学附属女子中学校・高等学校からの提供レシピです。
「受験を控える受験生向きの風邪を予防するだけでなく、味も抜群なレシピをご紹介します。栄養バランスも考えた献立例もご紹介しますので、ぜひお試しください。」(東京家政大学附属女子中学校・高等学校より)

カボチャのクリームシチュー

クリームシチュー3

材料5人分(中鍋の分量)

  • カボチャ1/4個(200g)
  • 鶏むね肉(皮なし)300g
  • 玉葱250g
  • 人参100g
  • サラダ油大さじ1.5
  • 300g
  • 固形チキンコンソメ1個
  • 牛乳400g(2カップ)
  • 小さじ1
  • コショウ少々
  • <ルウ>
  •         バター30g
  •         小麦粉40g

★作り方★

1. [ルウを作る]小鍋にバターを入れ煮溶かし、小麦粉を入れ、じっくり炒めて火を止める。

2. カボチャは1.5cmの角切りにし、電子レンジで柔らかくなるまで、加熱する。

3. 鶏肉はぶつ切りにする。玉葱は乱切りに、人参は5mm幅のいちょう切りにする。

4. 中鍋にサラダ油を熱し、③の鶏肉と玉葱、人参を焦げないように炒め、半分火が通ったら 水とチキンコンソメを入れて蓋をして煮込む。(ローリエがあれば1~2枚入れるとよい。)

5. 野菜が煮えたら弱火にし①のルウを入れる。よくかき混ぜ均一になったら、牛乳を加えさらによく混ぜる。最後に②のカボチャと塩、コショウを加え、さらによく混ぜる。シチューの色がレモン色になったら火を止める。

★献立例★ ※下記受験ママ応援アドバイスの写真を参照

・胚芽入りパン
・カボチャのクリームシチュー
・赤カブとコーンのサラダ
・りんごとキウイフルーツのヨーグルト

クリームシチュー4 クリームシチュー5
ワンポイントアドバイス

手作りのシチューは意外と簡単に出来ます。小麦粉をしっかり炒めたルウさえ作っておけば、市販のものと引けをとらないおいしいシチューが出来ますので、ぜひお試しください。今回紹介した分量を基本にし、季節の野菜(さつま芋、じゃが芋、コーンなど)を使っておいしいシチューを作ってほしいと思います。ただ焦げやすいので火加減に注意しながら挑戦してみてください。子どもはシチューが大好きですから、野菜が苦手なお子さまにとって、野菜嫌いを克服するチャンスになるメニューです。

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

今各地で、インフルエンザや風邪が大流行しています。そのウイルスは、咽喉や鼻の粘膜から侵入してきますから、日頃から粘膜や肌の状態を正常に保つ働きを持つビタミンA(β-カロテン)を多く含む緑黄色野菜をしっかり食事に取り入れて、予防しましょう。今の時期にカボチャ、人参以外にビタミンAが多い野菜は、ほうれん草やブロッコリーです。ビタミンAは、油に溶けやすい性質を持つため、油を使う料理がおすすめです。シチューは油脂を使用していますから、相性抜群です。そのほか、ほうれん草やブロッコリーは、ソテーしたり、マヨネーズをかけたりして食べるのがおすすめです。

東京家政大学附属女子中学校高等学校

監修:東京家政大学附属女子中学校・高等学校

学校イベント情報

■スクールランチ試食会 2月24日(日)詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校では、スクールランチ(完全給食)を実施しています。クラスごとに先生と生徒が会食することで食事の楽しさを感じたり、食に関する知識を培う食育の場にもなっています。ぜひ一度見学に来てください。

この他のエデュおすすめレシピ!