ガミガミ叱っていたけど本当は愛情で一杯!麻布中学校合格秘話

inter-edu’s eye
第30回では麻布中学校に合格した親子にインタビュー。早い時期からの学校見学から始まった中学受験。お母さまが工夫していたリラックスできる環境作りの方法や、中学受験を経て得られたものなどをうかがってきました。

小学1年生から色々な学校を見学

早くからの志望校との出会い

麻布親子正面
【A親子 プロフィール】
・麻布中学校合格
・インタビュー回答:お母さま・Aくん
・受験ドクターでは算数・国語・理科・社会を受講

エデュ:麻布中学校への合格おめでとうございます。はじめに中学受験を意識し始めた時期を教えてください。

Aくん:自分で何となく意識し始めたのは4年生頃です。ただ、母が1年生のときから色々な学校の文化祭に連れていってくれたので、受験はするんだろうなと漠然と思っていました。

エデュ:塾はどちらに通われていたのでしょうか?

Aくん:母のすすめでSAPIXに通っていました。

エデュ:SAPIXを選ばれた理由を教えてください。

お母さま:家から通いやすく、合格実績が高かったからです。あとは学校のお友達と一緒だとかえって勉強がはかどらないと思い、あえてお友達が通っていない教室を選びました。

エデュ:確かに勉強に集中できるかもしれませんね。麻布中学校を受験しようと思ったきっかけは何でしょうか?

Aくん:1年生のときに麻布中学校の文化祭に行き、物理部の見学をしたのがきっかけです。ロボットやゲームを自分たちで作っていると聞いて、この学校に入りたいと思うようになりました。

エデュ:実際に入学してみていかがですか?

Aくん:イメージ通りでした。自由で華やかで頭のよい人が多くて毎日楽しいです。今は来年の文化祭に向けて、物理部で製作するものを考えているのですが、良いものを作って発表できるように頑張りたいです。

年に1回の心温まるプレゼント

普段は言わないけど本当は…

麻布親子2

エデュ:当時の得意科目と苦手科目を教えてください。

Aくん:得意科目は国語。苦手科目は社会です。

エデュ:苦手科目はどのように克服したのでしょうか?

Aくん:たくさん過去問を解きました。間違えた問題は繰り返し解いて、苦手なままにしないようにして、時間をかけて克服していきました。あとは母のすすめで受験ドクターに通って勉強していたことも大きかったと思います。

エデュ:受験ドクターにも通われていたのですね。選ばれた理由は何でしょうか?

お母さま:受験直前期、苦手科目を強化したいと個別塾を探していました。直前期ということもあり、ほとんどの塾で断られてしまって…。受験ドクターでも同じように最初は難しいといわれたのですが、探してみますと言ってくださって、進捗連絡などもこまめにくれて、最終的にすごくいい先生を紹介してくれました。その丁寧な対応と、実際に体験授業を受けてみて、ここなら大丈夫という思いで通わせました。教え方も熱心で丁寧だったので通わせて良かったと思っています。

エデュ:受験直前期にそういった対応は心強いですね。ご家庭で意識されていたサポートを教えてください。

お母さま:勉強面は塾にお任せでしたが、塾の送り迎えのときに勉強とは関係のない話をしたり、茶柱が立つお茶を出してみたり、過去問で良い点数をとった答案用紙を部屋に飾ったり、リラックスできる環境を作るように心がけていました。

エデュ:それは息子さんにとっていいサポートですね。Aくんは何かご両親からかけてもらって嬉しかった言葉はありますか?

Aくん:直接ではありませんが、毎年クリスマスカードを書いてくれて、その中に、勉強を頑張っていることとか、励ましのメッセージが書いてあったことです。勉強しないで、親から怒られてしまうこともありましたが、本当は応援してくれているんだなというのが伝わり、嬉しかったです。。

エデュ:心温まるお話ですね。受験期一番つらかったことは何でしょうか?

Aくん:6年生の夏休み前のSAPIXでのテストの点数が悪かったことです。

お母さま:息子には分からないようにしていましたが、模試で合格点に達していないとき、「本当にこのままで大丈夫かな」と何度もくじけそうになったことです。

ときには喧嘩もするけど一番支えてくれるのが家族

両親が笑顔でないと子どもは前向きになれない

麻布親子3

エデュ:志望校対策の勉強でこれはやっておいて良かった、また悪かったことを教えてください。

Aくん:良かったことは過去問を10年分解いたこと。悪かったことは、志望校に関係のない問題に時間を使いすぎたことです。ただ、国語の場合は、色々なパターンにチャレンジできるので、時間に余裕があるのならやっておいた方が良いと思います。

エデュ:受験を振り返った際の失敗談、成功談は何でしょうか?

お母さま:失敗談はテストの結果や、偏差値に一喜一憂し、息子に嫌な思いをさせてしまったことです。今考えると、もっと息子を信じてあげれば良かったと思っています。

成功談は「勉強しなさい」と言い過ぎていたので、それを抑えるように、勉強面はすべて塾の先生にお任せしたことです。そして、家ではゆっくり過ごせるように、先ほどお話しした環境を作り、息子のペースを崩さなかったことです。

エデュ:お母さまから見て、中学受験とは何でしょうか?

お母さま:子どもも親も、一つの目標を達成するために、たくさんの経験をしながら成長できる一生に一度の貴重な経験だと思います。長く険しい道ではありましたが、息子は志望校という頂上を目指し、親はそれを精一杯支え、家族の絆を強くしてくれたかけがえのない時間でした。

エデュ:最後にこれから受験するご家庭にむけてアドバイスをお願いします。

Aくん:テストの点数は気にしないで、できるだけ早めに志望校を決めて、過去問に集中することが一番です。両親とときには喧嘩をすることもあるかもしれませんが、たくさん助けてくれるので、家族で頑張る気持ちが大切だと思います。

お母さま:日々、子どものことで頭がいっぱいだと思いますが、周りに振り回されることなく、お子さまを信じてあげることが一番です。ガミガミ叱っても何も良いことはありません。子どもは、両親が笑顔でいれば、安心して前向きに頑張ることができると思います。その結果、数年前には考えられないくらい、たくましく成長したわが子を見ることができるのではないでしょうか。

■取材協力
受験ドクター 由緒正しいプロ講師による中学受験専門の個別指導塾(代々木校・自由が丘校・吉祥寺校・東京校・成城学園校・白金高輪校・横浜校・たまプラーザ校・南浦和校・三軒茶屋校)と家庭教師センターを運営。2018年度 開成中学校 10名、桜蔭中学校 9名と個別指導塾として高い合格実績を記録。 プロ講師による無料の学習相談も受付中。(http://www.chugakujuken.com