お裁縫に自信がなくても大丈夫!かんたん布マスクの作り方

inter-edu’s eye

マスクがない!とお困りの方へ、お役立ち情報をお届けします。

新型コロナウイルス肺炎の影響で店頭から姿を消したマスク。
マスクはウイルスをシャットアウトすることができるわけではありません。ですが、口や鼻の周りの湿度を保つことで、ウイルスの活動を少し抑えることができるとされています。また、新型コロナ肺炎以外にも、風邪やインフルエンザの感染防止、花粉症の症状抑制のためにも、マスクは欠かせません。
マスクがない!とお困りの方へ、お役立ち情報をお届けします。

エデュ社内で実施したマスク作成ランチ会

ランチ講習会

インターエデュでは、社内の有志がお昼休みに手作りマスクをみんなで作るランチ講習会を開催。中には、きちんと裁縫をするのは10年ぶりくらい! という男性社員もいましたが、しっかり完成させることができました。

そこで今回は、エデュの社員がみんなで作ってみたマスクの作り方を2種類ご紹介します。1時間のお昼休みの間にお弁当を食べておしゃべりしながら作れるくらい簡単なので、一斉休校で時間を持て余しているお子さまと一緒に作ってみるのも良いかもしれませんね。

縫うのは2か所だけ!厚手の手作りマスク

<作り方>

1)布を45cm×30cmくらいのサイズにカット。

日本手拭いサイズの布(100均で買えます)を2つに切るのでもOK。
日本手拭いサイズの布(100均で買えます)を2つに切るのでもOK。
布を45cm×30cmくらいのサイズにカット。

2)布の上下を折る。

下を出来上がるマスクの縦のサイズに、上を3〜5cmほど折ります。
下を出来上がるマスクの縦のサイズに、上を3〜5cmほど折ります。

3)もう一度半分に折る。

この上下の幅が出来上がるマスクの縦のサイズになります。
この上下の幅が出来上がるマスクの縦のサイズになります。

4)布を横に三等分になるように折る。

手拭いなどの場合には、切った方を内側にすると仕上がりがキレイです。
手拭いなどの場合には、切った方を内側にすると仕上がりがキレイです。
マスクの出来上がりの大きさ。
マスクの出来上がりの大きさ。

5)両サイドを端から1.5cmくらいのところで縫い、ゴムを通せば出来上がり。

両サイドを端から1.5cmくらいのところで縫い、
ゴムを通せば出来上がり。

慣れれば1枚30分?!立体マスク

<作り方>

1)型紙を用意し、線に合わせて型紙を切る。

型紙を用意し、線に合わせて型紙を切る。

2)2枚に折った布の上に型紙を置き、型紙に沿って印をつける。

2枚に折った布の上に型紙を置き、
型紙に沿って印をつける。

3)印に合わせて布を切る。布同士を待ち針などで留めておくと、ずれにくい。

印に合わせて布を切る。布同士を待ち針などで留めておくと、ずれにくい。
2枚重ねの扇型が組。合計4枚の布を使います。
2枚重ねの扇型が組。合計4枚の布を使います。

4)鼻の部分を布の端から5mmくらいの場所で縫い合わせる。

縫う部分に印をつけたところ。
縫う部分に印をつけたところ。
鼻の部分を布の端から5mmくらいの場所で縫い合わせる。

5)2枚の4)を、縫い代を外側にして、上下を縫い合わせる。

ここの布の合わせ方は重要ポイント。
ここの布の合わせ方は重要ポイント。
上を途中まで縫ったところ。下も同様に縫う。
上を途中まで縫ったところ。下も同様に縫う。

6)裏返して形を整える(真ん中が幅の広い筒状になる)。

軽くアイロンをかけてもOK。
軽くアイロンをかけてもOK。

7)両端を端から約7mm、約15mmの場所で折って3つ折りにし、縫い合わせてゴム通しを作る。

両端を端から約7mm、約15mmの場所で折って3つ折りにし、縫い合わせてゴム通しを作る。

8)ゴムを通し、長さを調節して完成。

マスク用ゴムが手に入らなかったので、ヘアゴムを使っています。
マスク用ゴムが手に入らなかったので、ヘアゴムを使っています。

作り方はこちらからダウンロードできます。

お友だちに教えてあげるなどの際には、このQRコードでシェアしてくださいね!

QRコード

作ってみたエデュ社員の声

マスクのストックがなくなってきていて、ネットでマスクの作り方を調べてみようかなぁ? って思っていたタイミングだったので渡りに船でした。これ以来、マスク作りにハマっています(笑)。 (20代女性社員)

いつもとは違う脳の部分を刺激している感じで、よい気分転換になりました。今度は子どもが小さい時に着ていた服の布でリメイクしてみようかな? (30代女性社員)

厚手マスクは想像以上にかんたんですね。家に使っていない手拭いがあったから、気軽に作れそうです。作り方? 何回か見ていたら完璧に覚えました! (30代男性社員)

家で、学校休校中の娘と一緒に作ってみました。すぐに作れて、「友だちの分も作ってあげよう!」って張り切っていましたよ。 (40代女性社員)

終わりに…

昔ながらの布マスクは、何度も洗って使えてエコな上に、不織布の使い捨てマスクよりも肌に優しいのです。なので、最近増えているアトピー性皮膚炎や敏感肌の方にもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね!