実家への帰省がツライ!ひいき・いじめ・暴力…理不尽な子ども時代になんて戻りたくない

| 1 | 2 |

inter-edu’s eye
子どもの頃のことを思い出すと、ノスタルジーに浸るより、怒りがふつふつと沸いてきてしまうという人もいます。

<ご意見>親のひいきや学校のいじめ…子ども時代は悲しい思い出

よく掲示板等では、子どもの頃に戻りたいという意見で盛り上がっているのを見ますが、共感できなくて。

実家に居た頃は、弟ばかり可愛がられ、学校はものすごく厳しかったし、女ばかりの環境でいじめにもあいました。ゲームと漫画以外は楽しくない人生でした。
たまに実家に顔を出せば、40過ぎて独身ニートの弟の自慢話と愚痴を聞かされて。年老いた親を見捨てるわけにもいかず、弟を褒め称える母を見て、子ども時代の悲しさを思い出して辛くなります。

こんな人、他にもいませんか?

投稿者:夏の終わり さん

子ども時代は悲しい思い出

暴力や理不尽。親や教師には抵抗できなかったあの頃

この投稿に応えて、同じく「子どもの頃に戻りたいと思えない」人の声が集まりました。

私は小学校1年のときに、当時定年直前のベテラン女性教師から、左利きを右に無理矢理直すよう言われました。左で書いてると右で!左で給食を食べると右で!と無理矢理でした。
親が先生に「左利きなので」と相談したら、早くに直さないといけないと逆に説教されたようで、結局1年間、直せという嫌がらせを受けました。

私は小学校3~4年生の頃、担任の女の先生に国語辞典で頭を思い切り叩かれて目が回りそうになったことがあります。今ならニュースになりそう。

体育とか、マラソンとか、朝礼とか、朝練とか、気合いとか、努力とか、水飲むな!とか、給食残すな!とか、理不尽なことだらけだったよね。子ども時代って大人の言うことは絶対で、それが間違っていても教師の考え方がおかしくても、従わなくちゃいけなかった。


生活お役立ち情報 これまでの記事

エデュナビ新着記事