2018年 首都圏大手・中堅塾 難関中学合格実績

inter-edu’s eye
各塾の2018年中学受験の実績がほぼ出揃いました。そこで首都圏大手・中堅塾が公表している難関中学合格実績を表にし、ここ数年の動向を森上教育研究所に分析いただきました。

2018年 首都圏大手・中堅塾 難関中学合格実績アンケート

開成 麻布 武蔵 桜蔭 女子学院 雙葉 男女御三家合計
SAPIX 2018 263 181 46 164 141 51 846
2017 234 181 47 184 136 49 831
2016 251 174 44 163 129 52 813
四谷大塚 2018 103 71 57 60 64 33 388
2017 110 66 64 52 66 37 395
2016 91 57 46 53 50 25 322
早稲田アカデミー 2018 93 54 67 63 73 40 390
2017 94 51 76 54 75 32 382
2016 87 52 59 50 55 30 333
日能研 2018 42 73 31 32 54 26 258
2017 59 75 33 28 48 21 264
2016 56 68 45 36 68 22 295
駒東 栄光 聖光 海城 巣鴨 桐朋 慶應普 早実 フェリス 早稲田 早高院
SAPIX 2018 184 150 200 236 117 105 114 53 68 191 53
2017 188 137 201 243 125 155 119 43 71 193 63
2016 168 147 179 255 149 107 116 43 73 182 55
四谷大塚 2018 42 39 71 115 119 38 64 30 159 50
2017 44 34 70 101 76 83 34 53 30 153 39
2016 38 23 55 92 85 107 29 62 27 146 35
早稲田アカデミー 2018 29 27 46 78 45 113 57 73 6 147 68
2017 38 31 53 80 61 92 50 63 21 147 57
2016 26 19 45 75 66 119 48 69 17 146 68
日能研 2018 52 48 61 82 44 97 33 15 60 90 16
2017 44 62 55 78 62 69 22 23 61 71 14
2016 47 46 75 88 71 94 32 33 59 84 23

2月22日時点の難関校合格実績を大手4塾でまとめたのが上表です。

2018年の結果は、ここ数年の実績の出方とほぼ同じ状況と言えます。

難関進学校におけるサピックスの優位は変わらず、早慶付属校においての早稲田アカデミー(早稲田大学系列)及び、サピックス(慶応義塾大学系列)の、各々の優位も変わりません。

四谷大塚は日曜教室生の実績も含まれるため、早稲田アカデミーの実績とダブりがありますが、駒東まで含めた最難関ではサピックスに次ぐ実績です。

日能研は、神奈川難関校、とりわけ、そのなかでは女子のフェリスに強さをみせていますが、いずれも最上位実績には及びません。

※一部内容更新(2018年3月5日)

森上教育研究所 information

わが子が伸びる親の『 技 スキル 』研究会 

森上展安

ご両親が『技』を修得することで、お子さまの学習意欲がわいたりすることも。
それを学べる場所が『 技 スキル 』研究会の講演会。国語・算数などの各教科や、受験対策に秀でた講師の講演会が目白押しです!
詳しくはこちら⇒