中学受験、夏前の「モヤモヤ期」を乗り越えよう

PR

inter-edu’s eye
夏期講習の案内が目にとまる頃、中学受験に挑む6年生のいるご家庭ではどう過ごされているのでしょうか。ゴールデンウイークは勉強合宿や特別講習がある塾も多く、しかも学校では遠足や運動会などの行事が続き、お子さまはもちろん、親にも疲れが出て、勉強が計画通りに進まないといったこともあるようです。

計画通りに進まない停滞期=モヤモヤ期!?

計画通りに進まない停滞期=モヤモヤ期!?

先輩お母さまや、塾の先生からも夏休みや入試直前の過ごし方はアドバイスがもらえますが、夏前の学習がうまく軌道に乗らない、このモヤモヤした気分の時期の乗り切り方については、あまり情報がありませんよね。

そんなときこそ、「何のために勉強をしているのか、それは志望校に合格するため」ということを親子で再認識し、モチベーションアップを図りましょう。各学校別に特化した模擬試験を受けるのもおすすめです。秋以降に受けるといった印象もありますが、夏前に受けるからこその利点は、秋からの志望校別講習が始まる前に、お子さまの行きたい学校を再確認できることにもあるでしょう。

というのも、校風は入試問題に出るとされていて、学校側がどんな人物に入学してほしいのかが入試問題にはちりばめられているのです。今決めている志望校がお子さまに本当に適しているのか、入試問題の傾向との相性からも考えてみてはいかがでしょうか。

夏前に受ける「そっくり模試」

夏前に受ける「そっくり模試」

学校に特化した模擬試験、いわゆる「そっくり模試」とは、各校の過去入試問題の傾向を分析し、次年度の問題を予測して作問された模擬試験です。出題傾向や難易度だけでなく、大問の数、答案用紙の形式、試験時間も本番同様ですので、お子さまは入試当日のイメージがつかみやすくなるのです。

では、志望校の再確認以外にもこの時期に受ける大きなメリットを3つご紹介しましょう。

1.志望校名の入った模試でやる気アップ!
志望校は決まっていても、入試はまだ先のことだと考えがちです。ですが学校名のついた模試を受けることで、お子さまは志望校が定まったという実感をともなうことができ、やる気もさらに向上するのではないでしょうか。

2.今だから受けてみたいチャレンジ校の学校別模試
「そっくり模試」は難関校の名が並び、うちの子には無理とお思いのご家庭もあるでしょう。しかし、子どもの学力の伸びる時期は夏休み明け、年末、直前とさまざまなので、この時期の学力で決めてしまうのはもったいないかもしれません。

3.弱点をつかんで合格へ近づこう!
今の学力に何が足りないのか、弱点を正確につかむことが重要です。しかし、返却された答案を見て、不足や解決策を見極めるのは一般の保護者には難しいところ。そこは専門家にお任せして、個別カウンセリングで今後の志望校対策をアドバイスしてもらいましょう。

「モヤモヤ期」を脱して、天王山の夏休みへ

「モヤモヤ期」を脱して、天王山の夏休みへ

TOMAS主催の学校別そっくり模試は無料でテストが受けられて、個々にカウンセリングまでしてくれますが、そこに個別指導のTOMASならではのノウハウが活かされています。

親子で臨む中学入試。難関校に合格した先輩たちも順風満帆に受験勉強が進んだということは少なく、それぞれにスランプともいえるモヤモヤした時期があったことと思います。親子でポジティブに乗り切って、天王山といわれる夏休みに向け、がんばっていきましょう。

提供:株式会社リソー教育
期間:2018年5月16日~2018年6月13日