理社対策で大幅得点アップ!最難関を狙うための傾向と対策!

PR

inter-edu’s eye
難化傾向が続く中学入試を乗り越えるためには、最新の入試動向を予測し十分な対策を練ることが重要なポイントです。入試に向けてどのような対策を取ればよいのでしょうか。

明暗を分ける算数!求められる読解力や情報整理力

明暗を分ける算数!

難関中学入試は算数で合否が分かれるといっても過言ではありません。

得意な受験生はさらに得点アップを目指すチャンス。苦手な受験生は特に早めの対策が必要です。

差がつきやすいと言われている算数ですが、近年の傾向としては読解力や情報整理力が求められています。
解答に導くためには設問に入るまでの文章を十分に読み解き、必要な情報をまとめる力が必要です。こうした力が算数を得意科目にするきっかけになってくれることでしょう。

理社対策は時事問題の深掘りで大幅得点アップ!

理社対策は時事問題の深掘りで大幅得点アップ!

短期間でも効果が期待できると言われる理科・社会。

普段から取り組んでおきたいのが時事問題です。2018年の入試では、都内の私立中学約100校のうち86%の学校で時事問題が出題されています。

新聞やテレビなどで時事ニュースをチェックするのはもちろんのこと、最近ではそのニュースに関連した単元まで掘り下げて答える思考力問題が増えています。

時事ニュースと社会や理科の単元を関連付けて学習するためには、ご両親が率先してコミュニケーションを取って時事ニュースを深掘りする環境を作ることがポイントです。

自信がなくても親子で始められる

自信がなくても親子で始められる

算数の読解力や情報整理力、理社の時事問題と各単元を関連させる思考力。今からでも始められる対策ですが、何から始めていいか、上手く関連付けられているかなど不安になっているご家庭も少なくないのではないでしょうか。

そんなときこそ親子で一緒に始めるチャンスです。TOMAS主催の「2019年度難関中学入試 秋からの志望校対策セミナー」では難関中学入試に向けて得点アップに直結する具体策をお伝えします。

親子で学べばコミュニケーションの機会も増えることでしょう。ぜひ親子で足を運んで秋からの志望校対策に生かしてみてはいかがでしょうか。

提供:株式会社リソー教育
期間:2018年8月2日~2018年8月30日