男の子を伸ばすヒントは「男子校」にあり!

inter-edu’s eye
男の子は女の子に比べて成長が遅い…。男の子を持つお母さまであれば、そう感じることが多いのではないでしょうか。だからといって、無理に何かをやらせようとすると反発が大きいのも男の子の特徴です。そんな男の子をどう育てたらよいか、男の子の育て方に不安があるお母さまのために、今回はおおたとしまささんの著書「開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす」を取り上げます。
本のタイトルに並ぶのは難関男子校。男の子の育て方とどう関係しているのかとても興味深いですよね。おおたとしまささんに、男子校と男の子の育て方についてお聞きしました。

開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす

今回取り上げた著書:「開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす」
祥伝社新書

グローバル化、ネット社会、スマホ依存、人工知能、男女共同参画社会…と、子どもたちを取り囲む環境は激変しています。そんな中で、男の子をどう育てたらいいのでしょうか。特色ある教育で知られる名門校の先生方の話をまとめた本書には、21世紀に生きる男の子の教育のヒントが詰まっています! 詳しくはこちら»

思春期の男の子にとって、女の子の目は「強力磁石」!?

教育ジャーナリスト: おおたとしまささん
受験や育児に悩む、お母さま方の気持ちに寄り添ったアドバイスが好評。

インターエデュ: 男の子の教育を、男子校という視点から紐解いていくのはたいへん面白いです。男子校というと「女の子がいない環境でのびのび育つ」ことがよさとしてあげられますが、そのあたりにも男の子の教育のヒントがありそうですね。

おおたとしまささん: 思春期の男の子は、どうやったら女の子にかっこいいと思われるか、人気者になれるか、そういう価値観で自分の行動を決める傾向にあります。自分がどうしたいかよりも、異性からどう見えるかを基準に自分の言動を規定してしまいます。それぐらい強力な価値基準となります。

つまり、「異性の目」というのは、まるで強力磁石のように、いろんな価値観をねじ曲げてしまう。男子校にはそれがないので、自分の内なる声が聞こえ、素直な自分の価値観を表現しやすいんです。

男子校の中であれば、例えば、異性に関する話題で、女の子がいたらその時点でアウトというような極論も言えます。すると、「でもそれって違うよね」というまわりからのリアクションがあって、実体験として失敗を経験できます。しかも、失敗が致命的になることなく、自分の考えを修正できることが男子校の良さです。
未熟な考えや極端な考えは、言葉にしてこそ議論ができるわけで、本心で思っていることを言語化しなければ、自分の中での考えは変わらないですから。

インターエデュ: 本書の中でおおたさんが、「失敗体験こそが、思春期における最高の教材であり、男の子はよりその傾向が強いと感じる」とおっしゃっていたのは、まさにこういうことなんですね。

男の子は育ち方が不規則で、ある日突然ステップアップする

インターエデュ: 中1の男の子のお母さまから、男子校は同学年の共学校と比べるとクラス全体が幼い感じで、共学校に行かせればよかったかしら…という話を聞きました。

おおたとしまささん: あくまで個人的な感覚ですが、取材で男子校、女子校を訪れると、子どもたちが素の自分でいるように感じます。一方、共学校では、なんとなく精神的緊張感を感じることがあります。
おそらく男子校の1年生が本来の12歳の男の子の姿なんでしょうね。共学校の男の子がしっかりしていると見えるのは、もしかしたら、女の子に合わせてしっかりしないとと、一生懸命背伸びしているのかもしれない。背伸びすることで伸びることは否定できないけれど、四六時中だとつらいですよね。

インターエデュ: その幼い時期がずっと続くわけではないと思いますが、成長を待っていていいのでしょうか?

おおたとしまささん: 男の子は育ち方が不規則で、ある日突然ステップアップするのだと、男子校の先生たちは口を揃えます。こつこつはやらないんですね。だからといっておしりを叩いたってしょうがない。野放しにしていつかやる気になるのを待つしかない。男子校の伝統校はよく「面倒見が悪い」といわれますが、まさにこういうことなんですよね。

保護者に対しても、男子校では、男の子ってそういうものだと先生は説明しますし、「本人が気づくまで待ちましょう」ということを言いやすい。男の子の親しかいないからです。先輩のお母さんからも話を聞ける。男の子の育ち方というものを100%肯定してあげられる環境が男子校にはあります。でもそれが共学校だと、男の子だから大目に見てあげましょうとはなかなか言いづらい。そこは男女の基準を統一せざるを得ないんだろうなと思います。

そうはいっても、大方の子どもたちは、男子校・女子校に行こうが、共学校に行こうが、それぞれの学校に適応して、そこでしか学べないことを糧に成長できます。一方で、共学校では窮屈な思いをしやすく、男子校のほうが伸びやすい子もいるはずです。その負荷がどれだけかかるか、かからないかは子どもによって異なります。それこそ個性。

男子校が減ってしまうと、男子校で伸びやすい子が、男子校を選べなくなるという問題が生じます。さまざまな個性をもつ子どもたちが自分に合った環境を選べることが、本当の意味での教育の機会の平等ですよね。

ありのままを認めてあげれば、子どもは勝手にねじ曲がらない

インターエデュ: 男の子を持つお母さまは、子どもが中高生ともなると、ますますその行動が理解できなくなって、心配になる方が多いと思います。そんなお母さまへアドバイスをお願いします。

おおたとしまささん: 本書の取材で武蔵や麻布の先生が話されたことは、「元気であれば大丈夫」ということ。中高生の時期は、親が心配するぐらいなのが男の子の正しい姿なのでしょう。親が大丈夫って安心しきっている状態は「逆に大丈夫?」と心配になりますね。親の価値観を抜け出していないということですから。
親が本当に心配すべきなのは、元気がなく、いきいきしていないとき。それは何かがおかしいサインです。親が理解できないことをやっていても、本人が元気そうにしていれば、ちゃんと育っている証拠です。

とある保護者向け講演会でのエピソードです。
灘の先生への質問で、会場の女性が、「歴史好きの小学校5年生の甥っ子が、授業中にたくさん質問して、先生に『うるさいから正座しろ』と言われ、それがきっかけで中学受験をやめました。でも『勉強は僕にとって有意義なものだと思うから続けるよ』と言い、なんて素敵な少年に育ちつつあるんだろうと感動しんです。本当は灘や東大寺学園に行ければいいのだけど、行けない。そういうお子さんは多いと思うから、メッセージをいただきたい。」と話をしました。

灘の先生は、「『先生が必ずしも正しいわけじゃないから、あなたのやりたいことをやっていいんだよ』というメッセージを常に与えてほしい。認めてくれる大人がいることが、どれだけ子どもにとって心強いかと思うので、励まし続けてあげてほしい。まわりの大人がありのままに認めてあげることができれば、子どもは決してねじ曲がらない。」と答えました。

私はこの言葉にものすごく感動したんです。周りの大人の誰か一人でも自分のことを信じていてくれているんだということを感じられてさえいれば、子どもが勝手にねじ曲がることはないということ。本一冊書いたけれど、一番伝えたかったのはそこなんですよね。

次回記事「男の子が『幸せな人』になるために大切なこと」はこちら

おおたとしまささん

おおたとしまささん
教育ジャーナリスト。1973年東京生まれ。麻布中学・高校卒業、東京外国語大学英米語学科中退、上智大学英語学科卒業。株式会社リクルートから独立後、数々の育児誌・教育誌の編集にかかわる。教育や育児の現場を丹念に取材し、斬新な切り口で考察する筆致に定評がある。心理カウンセラーの資格、中高の教員免許を持ち、私立小学校での教員経験もある。著書は『名門校とは何か?』(朝日新書)、『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)、『追いつめる親』(毎日新聞出版)など50冊以上。

開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす

おおたとしまささん最新著書:「開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす」祥伝社新書

幼少期、中学受験期、思春期…。一般に男の子の発達の仕方は、女の子に比べると不規則的だともいわれています。自信をもって見守るのはとても難しいことです。母親からしてみると、男の子にふるまいが理解できないことも多いでしょう。父親からしてみても、戸惑うことが多いはずです。かって自分が子どもだったころと今とでは、社会環境が違うからです。「理想の男性像」を押し付けることは、男の子がいきいきと伸びていく上で足枷になることもあります。本書では、日本を代表する名門男子校の先生方に、男の子をどう育てたらいいのか、どう伸ばし、見守ったらいいのか、話を聞きました。特色ある教育で知られる名門校の先生方の話には、21世紀に生きる男の子の教育のヒントが詰まっています。