「麻布・東大コース」に導いたものとは? 山下 雄史さんインタビュー

東京大学3年 武藤 千明さんプロフィール

■山下 雄史さんプロフィール■

麻布中学校・高等学校卒業
東京大学経済学部4年
家族構成:父・母・兄

■inter-edu’s eye■
「麻布出身の東大生!」と聞いたとき、みなさまはどのようなイメージを持たれるでしょうか。「もともと中学受験をするつもりはなかった」と、緊張しながらも丁寧に話してくださった山下さんを、このコースへと導いたものとは…? 「麻布・東大」志望の方は必見です。

するつもりじゃなかった!? 中学受験

東京大学4年 山下 雄史さん1

◆「好きなように、やりたいように」

エデュ:中学受験をしたきっかけは何でしたか?

山下さん:最初、「受験をしよう!」という気持ちは家族にも自分にもなく、私立中学の名前さえほとんど何も知らない状態でした。たまたま仲のいい友だちが塾に入ることになり、一緒に入ろうと誘われたのです。それで母にも相談して、小4で入った塾が「啓進塾」という中学受験塾でした。

エデュ:そうなんですね! では、どのように受験モードになったのでしょうか。

山下さん:「せっかく塾に入ったから」という感覚で、自然と切り替わりました。母のほうも「入ったからにはしっかりやりなさい」という考え方で、だんだんと自分以上に熱心になっていった気がします。送り迎えや塾弁など、細々と配慮してくれて、感謝しています。

エデュ:では、志望校もお母さまが率先して選ばれたのでしょうか。

山下さん:いいえ、麻布を選んだのは自分です。塾の先生から強く麻布を勧められていたので、「先生があれだけ勧めるのだから、いい学校なのだろう」と思っていました。

エデュ:お母さまは何も言わなかったのですか?

山下さん:母は基本的に口を出しませんでした。「あれはどう? これはどう?」と、いろいろ情報を集めて選択肢は与えてくれるけど、強制はしないタイプ。志望校に限らず、今も昔も「好きなように、自分のやりたいようにやりなさい」と言われていました。

東京大学4年 山下 雄史さん2

◆鉛筆1本でモチベーションup!

エデュ:山下さんご自身はどんな性格ですか?

山下さん:どちらかというと「がんばらない」タイプ。勉強も、親から言われないとやらないし、やらなきゃいけないことしかやらない。でも、算数だけは楽しくて、自主的に勉強していました。他の勉強の息抜きに、算数の問題を解いていたくらいです。

エデュ:勉強の息抜きに勉強なんて、すごいですね! 算数以外はどうやってモチベーションを維持したのですか?

山下さん:「ご褒美」です。たとえば、小1からやっていた進研ゼミはポイント制になっていて、勉強をすればするほどポイントがたまり、賞品と交換できるシステムでした。当時、一番いい賞品が小型の液晶テレビで、それが欲しくて勉強して、小4の入塾時にはかなり力がついていたと思います。

エデュ:ずいぶんと豪華な賞品ですね…

山下さん:豪華でなくてもいいんです。塾で毎回国語の小テストがあったんですが、トップの点数を取ると鉛筆がもらえるルールだったので、苦手科目にも関わらずとてもがんばりました。そのとき集めた鉛筆は、今も使わずに大切に保管しています。

エデュ:ご家庭でも「ご褒美」はありましたか?

山下さん:ぼくはテレビが大好きなので、受験期は母から「これをやったら、テレビを観ていいよ」などと言われていましたね。小学生にとっては、「受験」という目標がとても遠くに感じるもの。そこまでモチベーションを保つには、目先の小さな目標となる「ご褒美」が必要だと思います。

エデュ:お母さまから「ほめられる」ということが「ご褒美」になることもあったのでしょうか。

山下さん:うーん… ぼくの場合はどちらかというと、ほめられるより叱られることのほうが多かったです。勉強でいい成績を取っても、あまりほめられた記憶がありません。「もっとがんばらないとダメかな」と思い、常に向上心が働いていました。

エデュ:「叱るとよくない」と考えているお母さまは多いですが、山下さんのようなパターンもあるのですね。

point1受験時、これが成功したポイント

やはり塾の環境がキーになったと思います。通っていたところは小規模で、クラス全員が身近な知り合いという雰囲気。同じように「競争をする」としても、全国模試で知らない相手と勝負するのと、知り合いと勝負するのとでは、伸び方が違います。

point2受験時、もっとこうしていたら…

ぼくは、好きな算数ばかりを勉強していたので、苦手な国語などももっとやっておけばよかったと反省しています。苦手を残して進学すると、中学に入ってから苦労するということを痛感しました。

麻布に入ったから東大受験

東京大学4年 山下 雄史さん3

◆麻布に入って、こう変わった

エデュ:麻布に入学してから、変わったことはありましたか?

山下さん:「考えること」が好きになりました。麻布の授業方針なのか、物事を深く考えさせられる機会が多かったように思います。そのおかげで、ずっと嫌いだった国語への苦手意識がなくなりました。

エデュ:東大を受験しようと思ったのはなぜですか?

山下さん:もともと「何か選択肢がある場合には、その中のトップを選びたい」という考え方を持っていました。麻布に入学したことで、ぼくの大学の選択肢には東大が入ったので、当然のように東大を目指しましたね。

エデュ:麻布は行事や部活などで忙しいイメージですが、現役で東大に合格する秘訣は何なのでしょうか。

山下さん:高2の部活引退後に、いかに気持ちを切り替えられるかがポイントです。ぼくの場合、なぜそれがうまくいったかというと、危機感があったから。高2の終わりに理系から文系に転じたのです。それで、「周りに早く追いつかなきゃ」と自分を追い込むことができました。

◆母親にできることは、情報収集

エデュ:大学受験に向けて、お母さまに支えられた面はありますか?

山下さん:ぼくの場合はほとんど自主的にいろいろ決めることができましたが、もし悩むことがあれば、母親に相談したと思います。今は情報社会なので、ある程度情報を集めてもらえたら、受験生としてはありがたいですね。

◆◆山下さんからのメッセージ◆◆

うちの母は、とても活動的なタイプ。テニスをしたり、知人の手伝いに出かけたり、アルバイトをしたり… 家にいないことも多かったです。受験勉強の合間に、母と一緒にテニスをすることもあったのですが、とても息抜きになりました
中学受験は、小学生にとってとても長いレースです。日常の中に「ご褒美」を取り入れるなどして、モチベーションをつなげていただくことをおすすめします。

■編集者が見た成功のポイント■

山下さんのお話を聞いていて印象的だったのは、お母さまの「入ったからにはしっかりやりなさい」「好きなように、自分のやりたいようにやりなさい」という2つのことば。もともと中学受験を志していなかった山下さんを麻布・東大に導いたのは、まさにこの2つのことばなのだと感じます。また、このような教育は、お母さまご自身がアクティブにいろいろな経験をされたからこそ実践できたのではないでしょうか。
「子どもや夫のために、わたしばかりやりたいことを我慢している」と、つい愚痴を言いたくなってしまうときは、もう一度2つのことばを意識しながら、この記事を読んでみてください。新しい気づきがあるかもしれませんよ!

◆他連載もオススメ!
大学受験情報『大学で取れる資格とは』
エデュママリサーチ『麻布・開成・武蔵・灘を目指す人必読の本が発売!』

東大・京大生が育つまで アーカイブ