幼少期の母の教育が京大へ導いた! 沖永凌さんインタビュー

京都大学4年 沖永 凌さんプロフィール

■沖永 凌さんプロフィール■

西大和学園中学校・高等学校卒業
京都大学法学部4年
家族構成:父・母・弟

■inter-edu’s eye■
今回インタビューさせていただいたのは、現在東京で就職活動中だという京大生。忙しい合間をぬってお話を聞かせていただきました。インターエデュが注目したのは、彼の幼少期に行われていたお母さまのある教育です…

「ママ塾」が効いた中学受験

京都大学4年 沖永 凌さん1

◆公文はぜったい通ったほうがいい

エデュ:中学受験をしたきっかけは何でしたか?

沖永さん:両親から勧められたことがきっかけです。「中学受験をして国立大学へ進学すれば、将来就職先が選べる」と。ぼく自身は友だちと一緒に公立中学に行きたかったのですが、子どもだったので言われたとおりにしました。

エデュ:公立志望だったのであれば、抵抗があったのでは?

沖永さん:幼稚園のころから公文に通っていていたので、勉強が嫌いではありませんでした。なので、小4から進学塾に通うことも、あまり抵抗は感じませんでした。

エデュ:公文はやっぱり通ってよかったと思いますか?

沖永さん:思います! まず、考える力が身につきます。小学校での勉強が簡単だと感じるようになるので、「ぼくは勉強が得意なんだ」と思えるし、だからこそ「勉強は面白い」と思えるようになれる。ぜったいに公文は通ったほうがいいと思います。

京都大学4年 沖永 凌さん2

◆なんでも貫き通す母でよかった

エデュ:お母さまはどんな方ですか?

沖永さん:母はなんでも貫き通すタイプ。ぼくがはじめ受験を嫌がったときも「中学受験は将来のためになるから」と貫き通し、勉強をしないと必ずしかられました。決してほめて伸ばすタイプではありませんでしたね。

エデュ:勉強に関してはどのように関わられていましたか?

沖永さん:幼少期から公文のほかに、算数の問題などを母が家で教えてくれていました。漢字検定などの検定ものも目標を定め、やらされていましたね。

エデュ:いわゆるママ塾ですね! 勉強以外ではどうでしたか?

沖永さん:口うるさいほうだったかもしれません。「帰りが遅い」とか「ゲーム禁止」とかいろいろ言われましたし、携帯電話にいたっては大学まで持たせてもらえませんでした。勉強に差し支えになるものはすべて禁止されていましたね。

◆通塾後に母は一変…

エデュ:進学塾に通い始めてからもママ塾は続いたのですか?

沖永さん:最初はぼくのテスト結果を見て「なんでこんなに点数悪いの?」などいろいろ言われていたのですが、ある日塾のテスト問題を持ちかえり、母にも解いてもらったんです。そうしたら、その難しさを知ったようで、何も言わなくなりました

エデュ:そこからは塾におまかせになったということですね?

沖永さん:そうですね。母も塾の先生を信用していたようです。志望校も母と先生が面談である程度しぼってくれて、第一志望は大阪星光学院、第二志望は西大和を受験することに決めました。

エデュ:ママ塾を卒業して塾一本に…。そこからの調子はどうでしたか?

沖永さん:小学校ではトップの成績だったのに、入塾当初はテスト順位が下から二番目くらいでした。その違和感から負けず嫌いの精神に火がついて、粘りましたね。火がついて自ら勉強習慣がつくまでの間、母がたくさん勉強の機会を与え導いてくれてよかったです。

point1受験時、これが成功したポイント

幼少期に母が勉強を教えてくれたことをはじめ、公文に通ったり漢字検定を受けたりなど、勉強に触れる機会が多かったことです。これらすべてが、「勉強が得意」という意識を持つことや考えるくせをつけることにつながりました。

point2受験時、もっとこうしていたら…

よくも悪くも自信があり、最後は「受かるだろう」と思いこんでしまったことです。詰めが甘く、苦手な科目を苦手なままにしてしまったことにより、第一志望の学校は合格することができませんでした。自信と驕りを見極めることも重要です。

先生のアドバイスが効いた大学受験

京都大学4年 沖永 凌さん3

◆面倒見のよい西大和学園

エデュ:中学入学後、お母さまの接し方に変化はありましたか?

沖永さん:変わらずノータッチでした。勉強も受験も本人にまかせてくれていましたね。そのかわり、学校の面倒見はとてもよかったと思います。

エデュ:西大和学園は面倒見がいいんですね! どんなところでそう感じましたか?

沖永さん:授業時間は長く、宿題も多い。塾には最後まで通わなかったですが、高2で全カリキュラムが終わっていたので、その後受験の準備に集中できました。センター模試で偏差値35を出してしまった時期もあったのですが、巻き返すことができました

エデュ:どうやって巻き返したのですか?

沖永さん:たとえばぼくは通学に3~4時間かけていたのですが、その間毎日単語を覚える習慣をつけ、英語の成績は一気に上がりましたね。「英語は単語が一番大事」と、先生からいただいたアドバイスのおかげでした。

◆東大より京大を選んだ理由

エデュ:東大より京大を選んだ理由は、場所以外にもありますか?

沖永さん:東大の模試を受けて思ったのが、東大の入試はスピードが求められるということ。短い時間でいかにどんどん解いていくかが重要でした。一方で京大は、より「考える」問題が多い印象で、ぼくにはそのほうが合っていると感じました。

◆◆沖永さんからのメッセージ◆◆

とにかく早い時期に勉強の機会に触れることが大事だと、ぼくは経験から断言できます。進学塾に通う前から、公文に通ったこと、母から勉強を教わったこと、これら一つひとつがぼくの今の「考える力」となって活かされています。「考える力」が問われる京大入試においては、本当に役立ちました。母からガミガミ言われるのは嫌でしたが、勉強の習慣がつくまで無理矢理にでもやらせてくれて、感謝しています。

■編集者が見た成功のポイント■

繰り返し「幼少期の学習の大切さ」について話してくださった沖永さん。公文だけでなく「ママ塾」や「漢字検定」などさまざまな形で勉強の機会を先取りしていたご本人が言うことなので、たいへん説得力がありました。

「東大入試はよりスピードが、京大入試はより考える力が重要」というお話も新鮮な情報でした。近年は西から東大を、東から京大を受験される方も増えているので、お子さまの適性に合わせてお母さまからもアドバイスできるかもしれませんね。

◆他連載もオススメ!
大学リサーチ『最新! 医師国家試験の合格状況は!?』
大学受験情報『オープンキャンパスに行ってみよう』

東大・京大生が育つまで アーカイブ