父親のかかわり方が合格の鍵! 園田薫さんインタビュー

東京大学文学部4年園田 薫さんプロフィール

■園田 薫さんプロフィール■

武蔵高等学校中学校出身
東京大学文学部4年
家族構成:父・母・妹

■inter-edu’s eye■
子どもの受験は母親が面倒を見るもの、と考えているご家庭は多いのではないでしょうか。「両親ともに東大卒」という園田さんのご家庭では、お父さまが中心となり、お子さまを伴走しました。父親ならではの男気あふれる指導と、母親の温かいフォローが導く、志望校合格への道。お父さまとお母さまに、ぜひ一緒に読んでいただきたいエピソードが詰まっています!

父なしでは語れない! 中学受験

東京大学文学部4年園田 薫さん1

◆きっかけは父との東大訪問

エデュ:中学受験を志したきっかけは何でしたか?

園田さん:小4のころ、父の仕事の関係で、父と一緒に東大の研究室に行ったことがあるんです。そのとき、歴史ある建物や荘厳な雰囲気に憧れて、「いつか、ここに通いたいな」「かっこいいな」という気持ちとともに、「両親はここに通っていたのか。ぼくも負けたくないな」と感じました。

エデュ:それで中学受験を意識し始めたんですね。ご両親の反応は?

園田さん:ぼくが「日能研に通いたい」と伝えたとき、父は大反対でした。父は、公立中高出身だったのです。「恵まれた環境にいると、ハングリー精神がなくなる」というのが、父の言い分でした。

エデュ:入塾後は、お父さまも応援してくださったのでしょうか。

園田さん:それが、ぼく自身、入塾したことに満足してしまったんです。運動や遊びのほうに目が向いてしまって、勉強に注力していませんでした。成績が伸びず、父の大激怒を受けました。

エデュ:それは大変! どうなったんですか?

園田さん:それから父は、塾の費用を払ってくれなくなりました。父から言われた「塾の費用で外食ができる。どっちを選ぶんだ?」という言葉は、今でも忘れられません。それからは、母が払ってくれました。

東京大学文学部4年園田 薫さん2

◆勉強は父とのコミュニケーション

エデュ:その後、園田さんはどんなきっかけで勉強に注力するようになったんですか?

園田さん:小5になって、もともと得意だった算数だけ、一番上のクラスに入れたことがきっかけです。日能研は、試験の結果でクラスが分かれるのですが、クラスによって雰囲気も、クラスメイトのがんばり方もまったく違うんです。

エデュ:それで、遂に火がついたんですね?

園田さん:「自分も負けないようにしなきゃ」と思い、勉強にものすごく注力したんです。その姿を見て、父もだんだん協力してくれるようになりました。

エデュ:どんな協力をしてくださったんですか?

園田さん:ホワイトボードを買ってきて、家で勉強を教えてくれるようになったんです。塾だけでなく、家での勉強も習慣づいて、その後成績がグングン上昇。全教科、一番上のクラスになりました。

エデュ:すごいですね! ほかにはどんな協力がありましたか?

園田さん:成績管理です。公開模試の結果を全部ファイリングしてくれていました。ぼくの幼少期、父は仕事が忙しく、あまり構ってくれなかったので、こうして勉強や受験を通してコミュニケーションが取れたことは、ぼくにとってとてもうれしいことでした。

エデュ:逆に嫌なことはなかったんですか?

園田さん:本を読むことを強要されたことですね。テレビゲームをしたり、グダグダしたりしていると、父が「これを読みなさい」と言って本を渡してくるんです。それが嫌で、本が大嫌いになってしまいました。

◆母は勉強以外で支えてくれた

エデュ:園田さんのお話にはお父さまがよく出てこられますが、お母さまはどのようにかかわっていらっしゃったんですか?

園田さん:お弁当作りや健康管理、あとはぼくが父から怒られたときのなぐさめ役などです。母は勉強以外の面で、いつも支えてくれていました。

エデュ:ご両親で分業してくださっていたんですね。受験校選択などはどうしたんですか?

園田さん:武蔵と海城、巣鴨、立教新座を受けました。受験校については自分で選びましたが、両親も東大時代の同期を思い出して、助言をくれました。「武蔵出身者は信頼が置けた」と、ぼくの選択に両親とも大賛成してくれました。

point1受験時、これが成功したポイント

塾で一番上のクラスに入れたことですね。何をするにも、もっともいい環境で、高みを目指す仲間と切磋琢磨するのが一番! 同じ塾でも、下のほうのクラスにいたら意味がないとさえ感じてしまいます。

point2受験時、もっとこうしていたら…

最初からモチベーションを保てればよかったな、と思います。勉強に身の入らない時期があったために、父が読書を強要するようになった。それは、今でも少し反省している点ですね。

父いわく「体力が鍵」大学受験

東京大学文学部4年園田 薫さん3

◆勉強よりもバスケに集中

エデュ:中学入学後はどんな学校生活でしたか?

園田さん:もともと我が家の方針として、「頭は体の上にしか乗らない」と父が言うくらい、頭より体から鍛えることを大事としていました。中高では、バスケ部の活動ばかりして、かなり鍛えていたと思います。中学時代は塾にも行かず、けっきょく高3夏の引退までバスケをしていました。

エデュ:勉強面はどうでしたか?

園田さん:武蔵の授業は、進学向きではなく、狭く・深く学ぶ大学みたいな授業。基礎力をつけるには物足りない気がする一方で、面白さを感じていました。

エデュ:本腰を入れたのは?

園田さん:高1から、苦手だった英語だけ塾に通い始めました。でも本腰を入れたのは、バスケ部引退後ですね。当時の模試の結果は偏差値40台。1日14時間くらい、死ぬ気で勉強しました。

◆両親に支えられた浪人時代

エデュ:受験の結果はどうでしたか?

園田さん:1年目はダメだったんです。浪人が決定しました。

エデュ:そのとき、ご両親の反応は?

園田さん:実は、両親とも浪人を経験しているんです。母は「勉強が足りていなかったんだから、受かるべきでなかった。よく落としてくれた」と、前向きに捉えてくれました。

エデュ:お父さまは?

園田さん:英語が苦手なぼくを見かねて、小学校時代に使用していたホワイトボードを引っ張り出し、英作文を特訓してくれました。合間には、一緒にテニスをしたり、外食したりもしました。父がよく口にしていたのは、「大学はゴールじゃない。その先を見なければ意味がない。だから、体が一番大事」ということ。ぼくは、バスケで鍛えた体力で、浪人時代を乗り切りました。

◆◆園田さんからのメッセージ◆◆

我が家の場合は父が勉強管理、母が健康管理など、両親ともに受験を支援してくれました。仮に母だけでやっていたら、母一人に負担がかかりすぎてしまうのではないかと思います。分業するのは大事なのではないでしょうか。両親でそれができなければ、「塾と母」でもいいと思います。母親には、なるべく子どもの拠りどころとなる存在でいてほしいですね。

園田さんイチオシ! 大学受験に役に立ったオススメ参考書

  ■世界史:「一問一答」山川出版
  http://www.tokyo-s.jp/products/s_zoukan/hiden/

■編集者が見た成功のポイント■

両親で役割を分担し、勉強だけでなく体作りを大切にする。これは、東大受験を経験されたご両親だからこその発想だったのではないでしょうか。それくらい、「受験」というのは本人にとっても、それを支える家族にとっても、体力のいることということです。

もしも今、お母さまが受験に疲れているなら、それは過度な負担がかかっているのかもしれません。さっそく旦那さまと相談して、役割を分担してみてはいかがでしょうか。

◆他連載もオススメ!
中受ママにも重要!? スーパーグローバル大学とは
医学部学費は払える時代!? 年収600万でも目指せる