受験合格にはまずママが心理学を学ぶのがいい?二品祐莉さんインタビュー

東京大学工学部3年二品 祐莉さん(仮名)プロフィール

■二品 祐莉さん(仮名)プロフィール■

桜蔭中学校・高等学校出身
東京大学工学部3年
家族構成:父・母・兄

■inter-edu’s eye■
受験というとまず学力を上げようと思うご家庭が多いかもしれません。多くのご家庭が塾選びを最優先するのではないでしょうか。二品さんのご家庭はそれ以上に大切にしていたことがあります。桜蔭・東大という難関校をストレートで突破した秘訣をインタビューでうかがいました。

受験合格にはまずママが心理学を学ぶのがいい?

東京大学工学部3年二品 祐莉さん1

◆苦手教科も関心を持つと変わる?

エデュ:中学受験を志したきっかけは何でしたか?

二品さん:4つ上の兄が受験したのがきっかけです。小さい頃から兄の真似ばかりしていたのでその影響で、塾に通い始めました。最初は兄の通っていた塾に通うつもりでしたが、実績と距離を考えSAPIXを選びました。

エデュ:塾での成績はどうでしたか?

二品さん:成績は上の方で、算数が大好きで得意でした。理科は単元によりますが、力学などは好きでしたね。逆に国語は自分の意見をそのまま書いてしまい、テストの点数につなげられず苦労しました。

エデュ:その頃から理系だったんですね。算数はどのあたりが好きでしたか?

二品さん:出る答えが一つな所が好きでしたね。逆に国語は色々考えてしまうので、漢字などの暗記以外は最初は苦手でした。

エデュ:確かに得意教科と苦手教科は性格が出るかもしれませんね。

二品さん:そうですね。ただ本を読むのが好きで図書館にはよく行っていました。だから国語自体が嫌いというよりはテストで点がとれない教科という位置づけでした。

◆受験は母と子の心理戦

エデュ:勉強に対してのご家庭でのサポートはありましたか?

二品さん:母はあまり口出ししないタイプですね。そのかわり質問したら、こたえてくれるという感じでした。私の負けず嫌いな性格を知ったうえで、「勉強をやりたくないなら、やらなくていい」と言われたこともあります。

エデュ:そう言われたらどうするんですか?

二品さん:燃えますね!ならやってやる!という気持ちになります。昔心理学を勉強していたので、今思うと母はそのあたりを理解したうえでわざと言っていたんだと思います。

エデュ:受験サポートには心理学が有効!ということですね。

二品さん:そうですね。小学生は単純な面もあるので親や塾の先生が心理面でサポートすると全然違うと思います。

エデュ:受験勉強時にきついなと思った時はありますか?

二品さん:母の心理的なサポートもあったので、「もう受験を辞めたい」とまで思ったことはありません。それに、休日に公園で鬼ごっこなどをして遊んでいたのが、良いストレス発散になっていたと思います。 時間が限られているので何をしてストレス発散するかは重要ですね。

エデュ:受験時はどうしても勉強中心になりますから、自分なりの発散法を見つけるのは大切ですね。

◆受験勉強に正解はない?

エデュ:中学受験の成功のカギは何だと思いますか?

二品さん:家庭でのサポートと塾での指導ですね。

エデュ:具体的に教えてもらえますか?

二品さん:家庭でのサポートは、勉強をして頑張っても結果が出ない時「今は蓄積してる時期」だからという何気ない母の一言です。もっと勉強しろと言われてしまうと、人によりますが、精神的に厳しくなってしまうかなと。

SAPIXでは桜蔭を目指す人向けのクラスがあって、苦手だった国語の問題をとにかくたくさん解くという授業がありました。結果、試験当日に国語も点数をとることができました。

エデュ:その人に合った受験対策をしてくれるということですね。

point1受験時、これが成功したポイント

勉強の両立とストレス発散がうまくできていたことです。やっぱり小学生の時は遊びたい時期なので、勉強ばかりでなく、趣味に使う時間も大切です。その子にあったライフスタイルを見つけるのがポイントです。

point2受験時、もっとこうしていたら…

もう少し時間配分がうまくできていれば良かったかな、と思いました。自分で納得しないと考えこんでしまう性格なので、ある程度考えて解けなかったらすぐ次に行けばさらに高い点数をとれていたかしれません。

大学受験は学校に入るためだけではない

東京大学工学部2年二品 祐莉さん2

◆入学後に進路を選ぶという考え方

エデュ:第一志望の桜蔭に入学したあとの生活はどうでしたか?

二品さん:桜蔭は校則がわりと厳しいのですが、その中でもみんな守りつつ楽しくやっていました。桜蔭は天文部や科学部の理系が有名ですが、小さい頃から体を動かすのが好きなので、私はバレー部に入りました。

エデュ:なるほど。東大を目指そうと思ったきっかけはありますか?

二品さん:もともと星が好きで、宇宙について興味があったので宇宙関係について学べる大学を探していました。東大か、東工大にしようか悩んでいたので、入学後も進路変更がきく東大に入学しようと思いました。でも東日本大震災の影響で人の役に立ちたいと思い、工学部都市工学科を選択しました。

エデュ:塾はどこに通っていましたか?

二品さん:東進衛星予備校で勉強していました。中学受験の時と違い、親が勉強を教えてくれるということはなく、リッチなおやつなどを用意してくれたり、兄の使っていた参考書を紹介してくれました。

◆大学受験は相性にも左右される

エデュ:現役受験の結果はいかがでしたか?

二品さん:無事ストレートで合格することができました。兄が浪人を経験していたのを見ていたので、「自分にはあと1年も受験勉強できないな」という意気込みで当日望みました。

エデュ:ストレートとはすごいですね。合格のポイントは何かありますか?

二品さん:東大は記述式の考えて答える問題が多いので、自分と相性が良かったんだと思います。少し変わっていますが、中学受験の勉強でも、自分が納得しない限り算数の一問に3時間も考え込むことがありました。

エデュ:凄いですね、3時間ですか。

二品さん:受験向きではないかもしれませんが、大学受験・将来の仕事のことを考えると「じっくり自分で考え答えを出す力は必要」だと思います。そういう意味では長い目で見れば短所も長所になると感じました。

◆◆二品さんからのメッセージ◆◆

中学受験する方は大学受験も視野に入れていると思いますので、じっくり問題を考え自分で答えを出す時間も大切にすべきだと思います。受験する目的は学校に合格するだけではありません。社会に出ても自ら学ぶ姿勢を身につける機会でもあると私は思っています。

二品さんイチオシ! 中学受験に役に立ったオススメ参考書

  ■「SAPIXのテキストと兄のおさがりの参考書をやりこみました」(二品さん)

■編集者が見た成功のポイント■

わが子に合った言葉をかけ、精神的サポートをしてくれるお母さまの存在。客観的に第三者として学力面をサポートしてくれる塾の存在。そして自分の性格をよく理解し、ベストな学習環境を創り出すという要素が二品さんを合格に導いたのではないでしょうか。

受験当日は自分との戦いですが、そこまでに辿り着くまでは一人では不可能です。短所を短所ととるのではなく、活かせるような考え方も必要です。これから受験させようと思っているお母さまはまず、お子さまと真剣に向き合う必要があるのではないでしょうか。

東大・京大生に質問をしたいことはありませんか?受付フォームからお気軽にどうぞ!

◆他連載もオススメ!
高収入ランキングから見る、大学と職業選びの考え方
医学部では常識! 意外と知らない面接試験の重要性