好きな教科が得点にならず!合格ポイントは母の毎日の○○?

inter-edu’s eye
今回は私立中高ではなく、エデュでは初めての公立中高一貫校から東大に合格した西山さんに取材をしました。西山さんは毎日欠かさず、お母さまの協力であることをしていたそうです。ぜひご参考に!

毎日の○○で合格できた?

自分に合う!私立中高ではなく公立中高に

西山將己さん1
【西山將己さん プロフィール】
・東京都立両国高等学校附属中学校出身
・東京大学教養学部前期課程文科二類1年
・家族構成:父・母・兄

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

西山さん:小学校2年生から、母のすすめで日能研の通信教育をやっていました。その成績が結構良くて、「このまま公立の中学校に行くよりは、どこかの私立中高に行った方がいいのでは?」と母に言われたのがきっかけです。あとは兄が中学受験を経験していたので、その影響もありましたね。

エデュ:最初は私立に行こうと考えていたのですね。公立中高一貫校を選ばれたのはなぜですか?

西山さん:勉強は元々好きだったのですが、暗記して解く問題よりも、考えて解く問題が好きで。公立中高一貫校の適性検査は小論文を書いたり、複合的な問題が出るので自分に合うのでは?と母が教えてくれて、受検を決めました。

エデュ:公立中高一貫校は何校もありますが、両国に決めたのはどうしてですか?

西山さん:昔から本を読んだり、文章を書くのが好きで、最初は小石川を受検しようと思っていました。ただ小石川は理数系を重点的にやっているようだったので、国語教育に特化している両国を選びました。

母のすすめが合格のキーポイント?

西山將己さん2

エデュ:確かに1校1校特徴がありますよね。親御さんは受検に対してどのようなサポートをしてくれましたか?

西山さん:小学校5年生から公立中高一貫校の受検対策に特化した、早稲田進学会塾に通い始めたのですが、送り迎えをしてくれたり、お弁当を作ってくれたり、模試の結果を見て添削やアドバイスをしてくれました。ここまでは一般的かもしれませんが、母はさらにあることも毎日やってくれました。

エデュ:それは何でしょうか?

西山さん:日記の添削ですね。小学校3年生から、その日あったことを日記につけていたのですが、接続詞の使い方や表現方法まで細かく、教えてくれました。今思うとこれにより文章を書く力が伸びたんだと思っています。

エデュ:公立中高一貫校の合格には、地頭が重要と言われることがありますが、何か地頭を鍛えることはやっていましたか?

西山さん:体を動かすことと、手を動かす細かい作業、レゴやプラモデルが大好きでしたね。あとは楽器も好きでした。母のすすめでギターをやっていたのですが、手を動かすので脳にいいみたいです。

エデュ:なるほど、お母さまも色々考えていらっしゃったのですね。合格を聞いたときはさぞ喜ばれたんじゃないですか?

西山さん:そうですね、家族一同大喜びでした。

得意科目が不得意に…その克服方法は?

東大のあの制度に魅力を感じて

西山將己さん3

エデュ:念願の両国に入学してみていかがでしたか?

西山さん:予想通り、国語に力を入れている学校で、毎日楽しかったです。正直外見は普通の公立校と変わりませんが、教科書のレベルも高かったですね。部活は幼稚園からやっていたサッカー部で、6年間同じ仲間とやることができました。

エデュ:充実した学校生活ですね。東大を受験しようと思ったのはいつ頃からですか?

西山さん:中学受験を終えて、得点開示の時上位にいて…。先生から「君なら東大を目指せる」と言われてぼんやりと意識したのがきっかけです。
実は中学1年生から塾に通い始めてはいたのですが、両親から「この大学に行ってほしい」と言われたことはなくて、最初は一橋大学に行こうかと思っていたのです。でも、やはり東大の進振り制度などに魅力を感じ、高校2年生の始めに、具体的に「東大に行きたい!」と思うようになりました。

好きな教科が得点に結びつかず

エデュ:では、大学受験時の得意科目と不得意科目を教えてください。

西山さん:得意科目は数学と英語。不得意科目は国語、とくに現代文が苦手でした。書くことは好きだったのですが、なかなか点数に結びつかなくて…。

エデュ:どうやって苦手科目を克服したのですか?

西山さん:とにかく問題を解いて、学校の先生、塾の講師に添削してもらいました。古文や漢文は知識でなんとかなりますが、現代文は論理的思考力を鍛えないと勝負にならないので、周りのサポートも借り、努力をしました。

エデュ:その結果ストレート合格ですか?

西山さん:そうですね。無事合格することができました。

エデュ:おめでとうございます。ずばり、受験成功のカギを教えてください。

西山さん:とにかく努力したことですね。これは大学受験に限りませんが、周りに成績が良い人がいると焦ると思います。でも自分を信じて勉強していれば、合格する可能性は絶対に出てきます。私は天才タイプではありませんが、努力し続けた結果、合格することができたと思っています。

あとこれは東大の文系を目指す方に限ってのことですが、数学を重点的に勉強しておくことをおすすめします。英語や社会では受験生の成績でそれほど差が出ません。その分数学では差がつきやすいので、勉強してといいと思います。

西山さんからのメッセージ
よく言われることですが、受験はモチベーションを保つことが重要です。私の場合は、気軽に何でも話せる友達がいたので、最後まで保つことができました。勉強だけでなく、このあたりも重要になってきますので、余裕を持って友達と会える時間を作ることも必要だと思います。
西山さんイチオシ! 中学受験に役に立ったオススメ参考書
  中学受験ではとにかく本をたくさん読んでいました。読むことと書くことは別と思われるかもしれませんが、文章に慣れ親しんでいないと書くこともできないので、ジャンルはなんでもいいので本を読むことをおすすめします。(西山さん)

ココがポイント!

小学生時代に、西山さんは毎日お母さまから日記の添削を受け、着実に力をつけていきました。勉強は毎日やってこそ成果が出るものなので、なかなか結果がでないお子さまには、何か毎日打ち込めるものを見つけるのも手かもしれません。そういうお子さまは、勉強に一度熱中すれば強いはずです。