受験当日の答案を白紙で提出?吉野彰浩さんインタビュー

inter-edu’s eye
今回取材した吉野さんは、何と受験本番のテストを白紙で提出したそうです。なぜそんなことをしたのかとともに中学受験~大学受験までどんな生活をしてきたのかを取材してきました。

受験本番、算数のテストが白紙状態!一体何が…

何も分からぬまま、中学受験の波に

吉野彰浩さん1
【吉野彰浩さん プロフィール】
・駒場東邦中学校・高等学校出身
・東京大学教養学部前期課程理科一類1年
・家族構成:父・母・妹

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

吉野さん:最初は親の意向でした。小学校4年生から塾に通い始めたのですが、受験自体がどういうものかすら分からなくて…。親に「なぜ受験するの?」と聞いたら「合格して入学すると、将来のことを一緒に悩む仲間が見つかるから」と言われました。高校生になって意味が分かりましたが、当時はよく意味が分かりませんでしたね。

エデュ:中学受験は、親の意向でというのはよく聞きますね。受験校も親御さんが決めたのですか?

吉野さん:自分の意思です。5年生ぐらいのときに、親に文化祭・体育祭に連れていってもらう機会があって。5校ぐらい見に行って最終的に私立武蔵と悩んだのですが、家からも近く校風も合う駒場東邦を選びました。それまでは中学受験に対して、何となくやっていたのですが、急に勉強に対しても意識が変わりましたね。

エデュ:学校見学はより受験をイメージできるようになりますからね。

吉野さん:そうですね。受験のときに外で遊べなかったのがきつくて…。何度も受験を辞めたいと思うことがありましたが、駒場東邦の校舎写真を勉強机に貼って、「絶対この学校に入るんだ!」とモチベーションをアップしていました。

中受経験者の父も手厚いサポートを!

吉野彰浩さん2

エデュ:確かに一度学校に行くと、入学後がイメージできるので、写真を見るだけでも「入学したい」という想いがよみがえりますよね。では親御さんはどのように関わっていたのですか?

吉野さん:実は、父が中学受験経験者で、受験までのスケジュールを立てて、それに沿って勉強を進めていくという感じでした。

母は大量のプリントをまとめてくれたり、苦手教科だった国語の対策本を買ってきて研究して塾で出来なかった問題をマンツーマンで教えてくれました。それ以外にも学校の情報を集めてくれたり、手厚いサポートだったと感じています。

エデュ:受験当日の手ごたえはいかがでしたか?

吉野さん:それが自分でもびっくりするぐらいできて。自分が受けた年に平均点が低かった社会も得意科目だったので、満点だったのではと思うぐらい良くできましたね。他の教科も満点ほどではありませんが、手応えがあったので、2月2日の他校の算数では答案を白紙で提出してしまいました。

エデュ:え?白紙ですか!それだけ自信があったのですか?

吉野さん:第一志望の駒場東邦以外の学校とはいえ、今考えると自分でもすごいことをしたなと思っています。当時は自分が受けた試験の結果に自信があったんだと思います。

中学受験時の成功ポイントは?
やっぱり両親のサポートですね。勉強面はもちろんですが、精神面でも支えになりました。実は一度小学校6年生の夏の模試結果が非常に悪くて、「もう受験なんて辞める!」と親に言ったことがあって…。その時は突然駒東に連れていかれて、一緒に部活・授業風景などを見学しました。学校見学会でも何でもない日でしたが、親が「どうしても見学したい」って頼んでくれたみたいです。おかげで駒場東邦に行きたい気持ちが再び沸き起こって勉強に集中することができました。

親への感謝と、友達に負けて悔しい気持ちが入り乱れる

やりたいことと周りの環境から東大目指す!

吉野彰浩さん3

エデュ:実際に入学してみていかがでしたか?

吉野さん:良い意味でイメージの上を行っていましたね。学校全体の雰囲気がすごく良くて、勉強もしっかりやるけど、部活や個人のやりたいこともやっている人が多いので伸び伸びしていました。

エデュ:良い環境ですね。東大を目指そうと思ったきっかけを教えてください。

吉野さん:やりたいことから考えたら東大に行き着いた感じですね。実は最初は法学部に行きたかったのですが、高校1年生のときに物理の授業が楽しくて。その時期にちょうど進路選択があったのですが、思い切って文系から理系に方向転換しました。

駒東は医学部を目指す人が多くて、最初は医者になりたいと思ったのですが、色々調べていくうちに情報工学・機械工学の分野に進みたいと思い始めて…。そこからは周りの影響もあって、東大を目指すようになりました。

塾友はA判定、自分はC判定

エデュ:塾はいつ頃からどちらに通っていたのですか?

吉野さん:塾には中学校1年生の頃から、グノーブルに通っていました。大学受験の時は中学受験と違って、学校・塾の先生の授業が面白かったので、最後まで勉強に飽きは来ませんでしたね。

エデュ:では、成績も安定していたのですか?

吉野さん:とくに苦手教科があったわけではありませんが、突出してできる教科があるというほどでもないですね。一度、高校3年生の夏の模試で塾で仲が良かった5人の友達と成績を見せ合ったことがあって…。周りはA判定なのに、自分だけC判定で悔しかったですね。

エデュ:それは何か原因があったのですか?

吉野さん:ずばり夏休みに勉強していた「場所」ですね。友達は図書館とかを使っていたのに、自分は移動する時間がもったいなくて自宅で勉強していて、うまくメリハリをつけることができなかったです。それからは自分も図書館を遅くまで利用して勉強するようになりました。やっぱり勉強する環境と悩みとかを相談できる仲間の存在は重要だと思います。

エデュ:確かにそうですね。試験当日の手ごたえはいかがでしたか?

吉野さん:1日目の教科が本当にできなくて、家に帰りたくないくらいひどかったですね。でも親が受験料とか塾代とか払ってくれて、このまま終わるのは申し訳ない。そう思って気持ちを切り替えて、残りの教科を頑張りました。結果が分かる2週間は生きた心地がしませんでしたが、合格したときは本当に嬉しかったです。

吉野さんから中受ママへ「良い先生の条件とは?」
点数や成績ではなく、「やる気が上がっているかどうかも見る先生」だと思います。親は先生自身を見て、指導がうまいかどうか判断しがちですが、この点にも注意して見てほしいですね。
吉野さんイチオシ! 中学受験・大学受験に役に立ったオススメ参考書
  自分の場合は先生を参考書にしていました。分からない所を繰り返し聞き、分かるまでやる!この意気込みが重要だと思います。(吉野さん)

ココがポイント!

テストを白紙で提出する。真面目な外見からは分からないほど、大胆なことをする吉野さん。しかしお話を聞いているうちに、つまづきながらも地道に努力し続けてきた人だなと感じました。中学受験に合格するテクニック本はたくさんありますが、子どもの将来を考えると何より「やる気を引き出してくれる先生」を見つけるのが、合格に近づく重要ポイントなのですね。