センター試験を一夜漬け? 谷夏雄さんインタビュー

inter-edu’s eye
今回取材した谷さんは、広島県下でトップクラスの私立中高一貫校に通い、「ご両親の思い」とは違いましたが、東大入学を果たしました。東大受験に至るまでの経緯や本人の思いなどをインタビューしました。

学校の勉強では物足りず塾へ

受験校も自分の意思で決定

谷夏雄さん1
【谷夏雄さん プロフィール】
・広島学院中学校・高等学校出身
・東京大学文科一類2年
・家族構成:父・母・弟

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

谷さん:低学年のころから、小学校の授業が物足りなくて…。両親から「塾に入ってもっと難しい勉強をしてみたら」と言われ、小学校4年生から家の近くの塾に入りました。その塾が中学受験を目指す塾だったので、その流れで自分も受験というのがきっかけですね。

エデュ:元々勉強が好きで、もっと勉強したいという思いで塾に通われたのですね。

谷さん:そうですね。実際に塾に入ってみたら、学校の勉強とは比べものにならないくらい難しくて、楽しかったです。

エデュ:受験校はどうやって決められたのですか?

谷さん:自分で決めました。小学校4年生からテニススクールに入っていたので、中学校でも続けたくて。県内で硬式テニス部があるのが数校あったのですが、文化祭などに行き、雰囲気が良かったので「広島学院中学校・高等学校」を受験することに決めました。

エデュ:受験に対しての親御さんのサポートは何かありましたか?

谷さん:勉強自体は塾にお任せでしたが、知的好奇心をくすぐるような本をさりげなく置いたり、紹介してくれたりしましたね。あとは、塾の学費を払ってくれていただけで、自分にとっては十分なサポートですね。

友達と競い合う中で苦手を克服

谷夏雄さん2

エデュ:中学受験で一番苦労したことは何でしょうか?

谷さん:単純な暗記、計算問題が苦手で苦労しましたね。小学校6年生になると入試本番を想定した問題が多く出て楽しいことばかりではありませんでした。基礎的な問題が重要だというのは分かっていたのですが、きつかったですね。

エデュ:克服は何か自分なりの工夫をしたのですか?

谷さん:正直工夫はしていませんでしたが、塾で誰が一番解くのが早いかとか競わせてやってくれたのが効果的だったと思います。子どもなので友達と競ったりして、楽しみながら勉強することができました。

エデュ:塾が工夫してくれていたんですね。受験当日の手ごたえはいかがでしたか?

谷さん:理科は手ごたえがありました。ただ、算数のテストが終わった後、友達の答えを聞いたら計算ミスをしていたことに気づいて…。自分ではできたと思っていたのでショックでした。合格はしましたが、結果を聞くまでは不安で仕方なかったです。

中学受験時の成功ポイントは?
受験対策自体は塾のおかげですが、小学校2年生からやっていた将棋も成功のポイントの1つだと思っています。中学受験はじっと考え込む問題が多いのですが、将棋をやっていると考えるのが苦にならないので、勉強には直接結びつかないかもしれませんがおすすめです。

親や周りの期待に反して東大へ

文理選択で思い切って進路変更

谷夏雄さん3

エデュ:念願の学校に入学してみてイメージ通りでしたか?

谷さん:そうですね。趣味の合う友達も多かったですし、授業も生徒が飽きないように工夫されていて、楽しかったです。

エデュ:東大を受けようと思ったきっかけを教えてください。

谷さん:親の影響ですね。高校1年生のころ、家に東大に合格した人の体験記があって、それを読んで面白そうだなと興味を持ったのがきっかけです。ただ広島学院中学校・高等学校は模試を受けない学校だったので、その時点では東大に行ける学力かどうかすら分かりませんでした。ただ漠然と「東大に行きたい」という思いでしたね。あと”学校や親の流れに従うことに逆らっていた”という面もありますね。

エデュ:それはどういうことですか?

谷さん:広島学院中学校・高等学校は、広島大学の医学部に進学する人が多くいて。親としても医学部を経て医者になってほしかったという思いがあったみたいです。ただ、最終的には「自分のやりたいことをやりなさい」と言ってくれたので嬉しかったですね。

エデュ:意思を尊重してくれたのですね。文系を選ばれた理由は何でしょうか?

谷さん:単純に理系の研究職などに就くよりも、国家公務員や民間企業で働きたいという思いが強かったからです。ただ元々理系だったので、高校1年生の終わりに文理選択で文系を選んだときは、周りに驚かれましたね。

センター試験の世界史を一夜漬け

エデュ:勉強はどのようにしていましたか?

谷さん:塾には通わず、高校2年生の時点では学校の勉強を中心にやっていました。「高校3年生の夏で部活を引退して、勉強に集中!」という人が多いと思うのですが、自分の場合、逆でした。部活をやめた途端気が緩んでしまって…。英・数・国はある程度蓄積があったのですが、社会の勉強を本当にやっていませんでした。

エデュ:どうやって試験を乗り越えたのですか?

谷さん:びっくりすると思いますが、センター試験の世界史は一夜漬けです。変な自信かもしれませんが、自分なら行けるなという思いがあって。実際にそれで9割以上はとれたので、2次試験も一夜漬けしようと思ったのですが、教科書の半分しか読めず、勉強が追いつきませんでした。結果的に当然といえば当然ですが、浪人してしまいました。

エデュ:そうでしたか、浪人時代はどのような生活をしていましたか?

谷さん:社会の地道な暗記だけでなく、英・数・国でも基礎力を固めました。その結果、成績が圧倒的に伸びて、秋の全国模試では総合で全国一桁の成績になることができました。とにかく「基礎力を固めること」が重要だなと痛感しましたね。これらの積み重ねの甲斐もあり、無事合格することができました。

谷さんから中受ママへ「中学、大受合格の秘訣」
「基礎力をしっかりあげてあげること」ですね。基礎が完璧でないのに、難しい問題をやっても効率が悪いと思います。とくに大学受験で数学などのベースを活かして考えて解く教科には、基礎力は必須ですね。
谷さんイチオシ! 中学受験で役に立ったオススメ参考書
  「出る順」です。自分の場合は算数で使っていたのですが、毎日5分間やっていたら、計算ミスが少なくなりました。(谷さん)

ココがポイント!

中学受験、大学受験ともに自分の意思で志望校を決めた谷さん。ただ、高校3年生の夏で部活を辞めたら、逆に気が抜けてしまったというお話を聞いて「好きなことは、できるなら受験と並行して続ける」という選択肢もありかなと感じました。中学受験時、大学受験時、「うちの子成績がいまいち伸びない」と感じたらもしかしたら、原因はこのあたりにあるかもしれません。