舌を噛みすぎて味覚を失った…両国から東大! 大村萌菜美さん

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれた大村さんは、終始笑顔で受験時代を語ってくれました。ただある話になるとシリアスな表情に…。一体、東大受験時に何があったのでしょうか?色々聞いてきました。

地頭を最大限生かした小学校時代【中学受検編】

苦労知らずの中学校受検?

大村さん正面
【大村萌菜美さん プロフィール】
・東京都立両国高等学校・附属中学校出身
・東京大学教養学部前期課程類文科三類1年
・父・母

エデュ:まず中学受検を決めたきっかけを教えてください。

大村さん:塾に入ってもっと勉強したくて。入った塾がたまたま中学受験に強い塾で、流れでという感じですね。

エデュ:塾はどのように選んだのですか?

大村さん:1つ目は家から近かったこと。2つ目は2駅隣に日能研があったのですが、夜にお弁当を食べなくちゃいけなくて…。家で夕食を食べたかったので市進を選びました。

エデュ:両国の受検はいつ頃どのように決めましたか?

大村さん:最終的に決まったのは小学校6年生の夏です。学費が安いので、親は都立押しでした。ただ私としても文化祭の雰囲気を見ていいなと感じたので、受検を決めました。

エデュ:私立は視野に入れていなかったのですか?

大村さん:そうですね、入れていませんでした。ただ私立も何校か受けたので、両国を落ちてしまったら私立へという道は残していたと思います。

母のサポート、一切なし、でもお父さまが…

大村さん2

エデュ:受検に対しての親御さんのサポートはありましたか?

大村さん:それがまったくなくて。ただ、受検に対して否定的ではありませんでした。父は分からない所を聞きにいけば教えてくれる感じです。

エデュ:では勉強は塾が中心?

大村さん:そうですね。中学受検の時は色々手を出さずに塾で言われたことをコンスタントにこなすようにしました。苦手科目として算数があったのですが、最後まで克服できず…。でも、公立中高一貫校の問題は科目で分かれていなかったので何とかなりました。

エデュ:なるほど。公立中高一貫校合格は”地頭”も重要ですが、何か地頭を鍛えることはしていましたか?

大村さん:本をとにかく読んでいました。漢字は漢字の勉強をやらなくても、自然と頭に入っていましたね。あとは父が算数のクイズを出してくれたり。机に向かわなくても勉強できる環境があったのは大きかったと思います。

エデュ:意識せずとも勉強していたのですね。そんななかで迎えた受検。いかがでしたか?

大村さん:併願は全部で5校したのですが、やっぱり手ごたえがない学校は落ちました。両国は当日の手ごたえもしっかりあったので、無事合格することができました。

大村さんが両国に受かった必勝ポイント!
色々手を出さずに、塾で言われたことをコンスタントにこなしたのが良かったと思います。分からないものは分かるまで!反復を徹底してやったので、しっかり身につき、受検当日もそれを出せたことがポイントです。

中学受験の大村さんデータ

どちらにお住まいでしたか? 東京都江戸川区
塾はどちらに通われていましたか? 市進学院
塾に通い始めたのはいつ頃でしたか? 小学校5年生の春
塾以外で一番勉強していた場所はどこですか? リビング
何をして一番遊んでいましたか? 友達とのおしゃべり
第一志望校で重視した所はどこですか? 家から近いことと雰囲気
自分の性格を一言で表すと? マイペース

歯をくいしばり、舌も噛んだ?【東大受験編】

「20点だけ取る!作戦」?

大村さん3

エデュ:次はいよいよ東大受験のお話をうかがっていきたいのですが、ずばりなぜ東大を受けようと思ったのでしょうか?

大村さん:中学校3年生の頃に初めて駒場祭に行きました。でもその時は全然東大受験を考えていなくて…。学校の先生に「東大を受けてみたら?」と言われ意識するようになったのがきっかけです。先生はどこかに受かってほしいから、何気なく言ったのだと思うのですが、私は負けず嫌いなので、絶対受かってやるという気持ちになりました。

エデュ:受験を決めた時期はいつ頃ですか?

大村さん:高校2年生の夏ですね。成績的にはD判定で、一度も合格圏内に入っていなかったので、これ以降猛勉強するようになりました。

エデュ:塾には通われていたのですか?

大村さん:苦手な数学だけ、ちょっと通っていました。数学が本当に苦手で、途中で作戦を変えました。

エデュ:どのような作戦ですか?

大村さん:ずばり「20点だけ取る!作戦」です。名前の通りですが、数学は80点中20点を取ることを目標に、基礎だけを固めるやり方にしました。大胆な作戦ですが、結果的にはやってよかったと思っています。

エデュ:なるほど、他の教科でカバーということですね。

大村さん:そうですね。とくに国語は学校の授業が充実していたので十分受験に対応できたと思います。ただ中学受験と比べると本当に勉強はきつかったですね。勉強がきつくてきつくて浪人したくないからやっていたという感じです。

合格発表の日、先生・友達と大喜び

エデュ:勉強は一日どのぐらいしていたのですか?

大村さん:直前期でだいたい13時間ぐらいです。歯をくいしばっていたので、顎が痛くなるし、舌を無意識に噛んでいたので味が分からなくなってしまったり…。今考えてもよくやったなと思います。

エデュ:中学受験のときと比べるとだいぶ違いますね…。試験の手ごたえは?

大村さん:正直落ちたと思いました。合格発表を学校で先生と友達と見たのですが、番号を見た時も「これは去年の番号では?」と思ったぐらい信じられませんでした。先生が本当に嬉しそうだったのを昨日のことのように覚えています。

エデュ:先生も教え子が合格し、こみ上げるものがあったのでしょうね。東大に入ってみての印象はいかがですか?

大村さん:真面目に見えて実は面白い人が多いなという印象です。今は国連で働きたいという思いがありますが、東大は授業も人も刺激が多いので考えも変わるかもしれません。色々な人に会ったり、経験をして視野を広げたいという方におすすめです。

エデュ:最後に東大合格の秘訣を教えてください。

大村さん:周りの友達が難しい問題を解いていると自分もやりたくなると思いますが、グッとこらえるべきだと思います。基礎固めができていないうちにやっても、意味がないので、気にせずまずは基礎を、ですね。

東大受験~今の大村さんデータ

塾はどちらに通われていましたか? 駿台
塾に通い始めたのはいつ頃でしたか? 高校3年生の春
使って良かった参考書は何ですか? とくにありません
今、一番関心があることは何ですか? テニス
東大のココがおすすめ!という所は? 学部・学科を入学後に選べること
最近読んでいて面白かった本は何ですか? 最近は読んでいません
将来子どもができたら東大に入れたいですか? 本人の意志を尊重したい
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

お母さん、受験に対して否定もせず、最後まで信じていてくれてありがとう。中学受検でも大学受験の時も感謝していたよ。

編集部から見たポイント

中学受検では塾に通いながら、楽しく合格までたどり着いた大村さん。しかし東大受験では舌を噛み、苦労の連続というのを聞き、改めて東大を目指す厳しさを実感しました。ただ、それを乗り越えた大村さんの笑顔は、言葉では言い表せないぐらい素敵なものでした。