開成目指すも受験させてもらえず…早稲田から東大! 和田惠邦さん

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれた和田さんの第一印象は、爽やかな笑顔の好青年。しかしその笑顔の裏には、過酷なエピソードがありました。開成が第一志望だったにも関わらず、なぜか、受験させてもらえなかったというのです。一体何があったのかうかがってきました。

第一志望校の受験すらさせてもらえなかった?【中学受験編】

真似と好奇心から成績大幅アップ

和田さん正面
【和田惠邦さん プロフィール】
・早稲田中学高等学校出身
・東京大学教養学部前期課程理科二類2年
・父・母

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

和田さん:元々暁星小学校に通っていたのですが、成績があまり良くなくて…。見かねた母のすすめで小学校3年生の時に、家から近かった日能研に入りました。入ってみると意外と覚えるのが早くて成績も伸びていき、小学校6年生の時に日能研の友達がSAPIXに移るので、自分も移り、そのまま中学受験してみようかという感じでした。

エデュ:先ほど覚えるのが早くて、成績も伸びていったと話していましたが、そこについて詳しく教えてください。

和田さん:あくまで推測ですが、それまでの教科書は厚みもなく、内容も薄いので興味を持てなくて…。元々本を読むのが好きだったので、細かい説明が書いてある、例えば社会の地図帳を読むようになって、伸びていったのかなと思っています。あとは両親からよく「真似をしなさい」と言われていて。塾の先生の算数の解き方などを真似して、問題を解き、点数が上がったこともあると思います。

エデュ:なるほど。得意科目、苦手科目は何だったのでしょうか?

和田さん:得意は理科と社会。苦手は国語、算数は不安定な状態でした。理科と社会に関しては、真似が通用したのですが、それ以外の教科は通用しなくて…。出された問題をとにかくこなすだけで、模試が終わった後も分析とかしなかったので、ある一定の所で伸びない。だからやる気も出ず、苦手科目に関して、克服できないという結果になってしまいました。

厳しすぎる現実と向き合った中学受験期

和田さん2

エデュ:受験校はいつ頃どのように決めましたか?

和田さん:実は、第一志望校は開成でした。SAPIXに転塾したときに、開成クラスに振り分けられて、そこで初めて名前を知ったのですが、「かっこいい名前だな」と思って。実際に文化祭に行って雰囲気も良かったのと、スポーツが好きだったので運動会に力を入れているのを知って憧れを持ちました。

エデュ:ご家庭でのサポートは何かありましたか?

和田さん:とくにありませんでした。母は過程にこだわり、結果にはこだわらない。父は過程にはこだわらないけど、結果にこだわるタイプで。テレビ、ゲームが禁止でしたが、こっそり遊んでいると怒られたりしていました。ただ、いま思うとですが、母は色々な習い事をさせてくれて、好奇心を刺激してくれたことは本当に感謝しています。

エデュ:第一志望校の開成を受験してみていかがでしたか?

和田さん:実は、色々あって受験できませんでした…。

エデュ:え!なぜですか?

和田さん:併願校の1つとして、1月末に渋幕を受けたのですが、母に「開成を受けたいなら、渋幕に合格しないと受けさせないよ」と言われて…。 結局、渋幕に落ちてしまったので、第一志望の開成は受けられず、合格した早稲田中学高等学校に通うことになりました。文化祭に参加して楽しかったので、嫌々ではありませんでしたが、開成の受験すらさせてもらえなかったのは、さすがに悔しかったですね。

和田さんが早稲田に受かった必勝ポイント!
問題が自分に合っていたことです。早稲田は基本的な問題が中心に出るので、自分の得意技の真似が活きました。あとはSAPIXで、基本的な問題を出して、友達と競わせ、勝つとポイントが、もらえるというゲーム感覚の授業の影響もあったと思います。

中学受験の和田さんデータ

どちらにお住まいでしたか? 千葉県市川市
塾はどちらに通われていましたか? 小3~小5まで日能研、小6でSAPIX
塾以外で一番勉強していた場所はどこですか? リビング
何をして一番遊んでいましたか? スポーツ
第一志望校で重視した所はどこですか? 学校の雰囲気
自分の性格を一言で表すと? 陽気

東大合格で中学受験の失敗を挽回【東大受験編】

浪人は禁止!がプレッシャーに

和田さん3

エデュ:次はいよいよ東大受験のお話をうかがっていきたいのですが、ずばりなぜ東大を受けようと思ったのでしょうか?

和田さん:理由は2つあります。1つ目は中学校1年生から、母のすすめで鉄緑会に通っていたので、東大を意識する環境にあったこと。2つ目は語弊があるかもしれませんが、もし中学校を通過点として大学をゴールとするならば、東大に入れれば中学受験の失敗分を埋められると思いましたし、埋めたいという思いが強かったからです。

エデュ:受験を決めた時期はいつ頃でしたか?

和田さん:中学校3年生の終わりから高校1年生にかけてですね。

エデュ:東大受験に対するお母さまの反応は?

和田さん:受験自体に対する反対はありませんでしたが、「浪人はだめだよ」と言われました。中学受験に1度失敗しているので、正直プレッシャーはすごく感じ、耐えられなくなり高校3年生の時は家ではなく喫茶店で勉強していました。

中学受験時の自分を反面教師に

エデュ:勉強はどのようにしていたのでしょうか?

和田さん:基本的には鉄緑会の教材を中心に、参考書を3周しっかりやりこんだり、中学受験の反省を活かし模試が終わったら「何で自分は間違えたのか」の分析をやっていました。ただ、試験当日ある程度は点数が取れましたが、国語だけは苦手でしたね。

エデュ:克服できなかった原因はどのあたりに?

和田さん:3つあります。まず1つ目は、一番点数が取れる、古文・漢文をまったく勉強していなかったこと。2つ目は、中学受験の段階で点数が伸びず、やる気が出ず、現代文の勉強をしていなかったこと。3つ目は国語の勉強方法が分からなかったことです。これは東大受験のときに気づいたのですが、傍線部があって、それとかあれとか、指示語があったときに何を指しているか理解するように塾でも言われたのですが、その重要性を理解していませんでした。

エデュ:なるほど、それでも無事ストレート合格できたのはすごいですね。実際に入学してみていかがですか?

和田さん:周りのレベルが高くて驚いています。まだまだ自分は勉強不足で、もっともっと勉強しないといけないなと励みになります。自分の好きなスポーツ選手が、自分のレベルを上げるにはどうすればいいのかの話をしたときに「自分の努力はもちろん大事だが、高いレベルの集団に入ることによって意識が上がる」という話をしていて。東大に入学してすごくこの言葉を実感して、今自分は癌とかアルツハイマーとかを治療する新薬を作るための、第一歩として、進振制度で薬学部に行きたいと思っています。

エデュ:すばらしい目標ですね。

東大受験~今の和田さんデータ

塾はどちらに通われていましたか? 鉄緑会
塾に通い始めたのはいつ頃でしたか? 中学校1年生
使って良かった参考書は何ですか? 塾の教材/マスターオブ整数/物理のエッセンス
今、一番関心があることは何ですか? 生化学
東大のココがおすすめ!という所は? 周りのレベルが高い
最近読んでいて面白かった本は何ですか? 最近は読んでいません
将来子どもができたら東大に入れたいですか? はい。切磋琢磨できるので
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

お母さんは本当に厳しかったけど、塾に通うための高い学費を払ってくれたことには本当に感謝しています。

編集部から見たポイント

開成を受験すらさせてもらえなかった、和田さん。でもそこからの反省を活かし、見事東大ストレート合格したことは1つのドラマを見ているようでした。中学受験で、第一志望に合格できなくても、大学受験ひいては就職活動など人生はチャレンジの連続。落胆するよりも、もっと先のことを考えれば気持ちも楽になるのではないでしょうか。