東大・京大生が育つまで

鉄緑会、筑駒から東大!やっぱり王道は強い? 伊藤湧太郎さん

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれた伊藤さんは、私立小学校在学中はSAPIXに通い筑駒合格。そして鉄緑会に入り東大という王道を歩んできました。でもその道すがらにはいろいろなことが…。

苦手科目で番狂わせが?【中学受験編】

小学校は大多数が中学受験する環境

伊藤さん正面
【伊藤湧太郎さん プロフィール】
・筑波大学附属駒場中・高等学校出身
・東京大学教養学部前期課程理科一類1年
・父・母・妹

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

伊藤さん:元々私立の精華小学校に通っていて、周りのほとんどが中学受験をする環境でした。小学校3年生のときに、自分は中学受験をしなければいけない環境なんだと子どもながらに感じ、小学校4年生からSAPIXに通い始めました。

エデュ:塾選びはやはりお母さまが?

伊藤さん:そうですね、やっぱり小学校で通っている人が多かったので、噂を聞いて選んだのだと思います。初めて塾に行った時は緊張しましたが、小学校の友達もいたし、クラスが黙々と勉強するのではなく、先生が授業を盛り上げてくれていたので楽しかったですね。

エデュ:受験校はいつ頃どのように決めましたか?

伊藤さん:塾での成績が良く狙える範囲にあったこと。あとは文化祭に行った時、筑駒の高校3年生がやっているコントを見てそれが凄く面白かったので、こんな学校に通ってみたいと思い、受験を決めました。それが小学校6年生の時でした。

苦手科目の国語、受験当日思いもよらないことが…

伊藤さん2

エデュ:得意科目と苦手科目は何でしたか?

伊藤さん:得意科目は算数・理科・社会。小さい頃から友達とノートに地図を書いて、国盗りゲームをしていたのですが、その影響か社会はとくに好きでしたね。苦手は国語でした。

エデュ:苦手科目はどのように克服したのでしょうか?

伊藤さん:母が、家で解いた問題の丸付けをしてくれましたが、克服できませんでした。でも受験当日思いもよらないことがあって…。

エデュ:何があったのですか?

伊藤さん:国語の試験問題に、小学校の先生が教材として用いた詩がたまたま出てきて、そのおかげで思っていたより点数がとれました。本当にたまたまだったので、今でもはっきり覚えているぐらい嬉しかったです。

エデュ:運が味方してくれたのですね!

伊藤さんが筑駒に受かった必勝ポイント!
自分でいうのも何ですが、根が真面目で小学校、塾の宿題もコツコツやっていたので基礎をしっかり押さえられていたこと。あとは学校の友達が受験する人ばかりだったので、心置きなく勉強できたことですね。もし、放課後はみんな遊んでいて、自分だけが塾通いという状態だったら、気になってしまって勉強に集中できなかったと思います。

中学受験の伊藤さんデータ

どちらにお住まいでしたか? 神奈川県横浜市
塾はどちらに通われていましたか? SAPIX
塾に通い始めた時期はいつ頃でしたか? 小学校4年生の春
塾以外で一番勉強していた場所はどこですか? リビング
何をして一番遊んでいましたか? ゲーム
第一志望校で重視した所はどこですか? 学校の雰囲気
自分の性格を一言で表すと? 自意識過剰

筑駒入学後、鉄緑会から東大受験【東大受験編】

苦手科目で挫折

伊藤さん3

エデュ:東大を受験しようと思ったのはなぜでしょうか?

伊藤さん:一番大きかったのは「周りの環境」ですね。学校で東大を受けようと思っている人が多くて、自分も自然と意識するようになりました。理科三類と悩んだのですが、医者に向いていないと思ったのと、宇宙が好きだったので、理科一類を受験することに決めました。

エデュ:塾はどちらに通っていたのですか?

伊藤さん:高校1年生から鉄緑会です。同級生に通っている人が多くて、自分も鉄緑会にしようと思いました。

エデュ:東大受験時の得意科目と苦手科目は何でしたか?

伊藤さん:得意科目は数学と物理、苦手科目は化学でした。英語も苦手科目とまではいきませんが、それほど得意ではありませんでした。

エデュ:苦手科目の克服方法を教えてください。

伊藤さん:化学は周りのアドバイスで問題をとにかく解くのがいい!と言われてやったのですが、最後まで好きにはなれませんでした…。英語は高校2年生までは自信がなかったのですが、高校3年生の塾の先生が良い先生でした。英語と触れ合うのを重視していたので、すごく楽しくて、そのおかげか英語の本を読むようになったり、ニュースを聞くようになって力がついていきました。化学は途中で挫折しましたが、英語には本当に時間をかけたのをよく覚えています。

敷かれたレールは仲間だらけ

エデュ:受験の結果はいかがでしたか?

伊藤さん:浪人することなく、合格することができました。

エデュ:伊藤さんから見て東大受験成功のカギはどのあたりにあると思いますか?

伊藤さん:塾でも学校でも、東大を目指す仲間が多かったことですね。点数を競い合ったり、ときには励まし合ったりする環境に身を置けたことは本当に良かったと思っています。あと中学受験も大学受験も、ある意味選択肢がなく、勉強に集中することができたことも成功のカギですね。一見すると敷かれたレールに乗っているように見えるかもしれませんが、何かに集中するには、そういったレールに乗ってしまうのも一つの手だと思います。

エデュ:なるほど。実際に東大に入学してみていかがですか?

伊藤さん:当たり前ですが、色々な考えを持った人が多くて毎日楽しいです。あとは入学前にももちろん知っていましたが、「進振り制度」は自分のように進路が定まっていない人にとって非常に良い制度だと思います。今は宇宙に興味がありますが、将来何をするかも決まっていないので、これから模索して見つけていきたいと考えています。

東大受験~今の伊藤さんデータ

塾はどちらに通われていましたか? 鉄緑会
塾に通い始めたのはいつ頃でしたか? 高校1年生の春
使って良かった参考書は何ですか? 漢文ヤマのヤマ
今、一番関心があることは何ですか? 宇宙について
東大のココがおすすめ!という所は? 選択肢が多い
最近読んでいて面白かった本は何ですか? インシテミル
将来子どもができたら東大に入れたいですか? どちらとも言えません。
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

中学受験の時、勉強はしていたけど、家のお手伝いとかあまりしないで迷惑をかけてごめんね。大きくなった今、本当に感謝しています。

編集部から見たポイント

小学校は大多数が中学受験をする環境。中高、鉄緑会の友達は東大を目指す人ばかり。伊藤さんご自身も話していた通り、外から見ると敷かれたレールに乗っているように見えるかもしれません。しかし、そのレールに乗っているのは、同じ目標を目指す仲間や切磋琢磨できるライバルです。お子さまにとって、これ以上ないほど居心地が良く、集中できる環境かもしれません。


編集部からのおすすめ

  • 読込中

スペシャル連載

塾・家庭教師紹介&レポート

学校紹介&レポート

情報ツール・お役立ちetc...

動画特集

最新トピックス