京大から東大大学院へ進学! 林田光平さんインタビュー

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれた林田さんは中学受験はせずに、大阪の公立中学校を卒業。そこから京大に多数の生徒を輩出する進学校、天王寺高等学校に進学し、京都大学へ。そして現在は東大の大学院に通う、現役大学院生です。高校受験、大学受験、そして今の生活についてうかがってきました。

勉強好きで早くから塾通い【高校受験】

京大へ多数輩出する天王寺高等学校を受験

林田さん正面
【林田光平さん プロフィール】
・大阪府立天王寺高等学校出身
・東京大学大学院農学生命科学研究科 農学国際専攻
・父・母・弟

エデュ:林田さんは毎年京大へ多数の合格者を輩出する大阪の進学校、天王寺高等学校のご出身ですが、なぜ受験しようと思ったのか教えてください。

林田さん:中学3年生の頃に学校見学に何校か行ったのですが、勉強だけでなく部活も盛んに行われている点に惹かれました。あとは自分の成績で十分に狙えると思ったので受験を決めました。

エデュ:塾には通っていたのでしょうか?

林田さん:家から近かった個人経営塾に小学5年生から通っていました。この塾は天王寺高等学校をはじめ難関高校への合格実績が高い塾で、地元ではなかなか有名でした。

エデュ:塾は親御さんのすすめで入ったのでしょうか?

林田さん:そうですね、小学校低学年から公文式に通っていたのですが、受験となるとこちらの塾の方が向いているということで通うことになりました。

エデュ:親御さんの教育方針を教えてください。

林田さん:今振り返ると低学年から公文に通わせてくれたり、塾に通わせてくれたので、教育熱心な方だったと思います。ただ私自身が小さい時から勉強が好きで、自分でやっていたので、一度も「勉強しなさい!」と言われたことはありませんでした。

エデュ:勉強が好きだったのですね。塾はどういう塾だったのでしょうか?

林田さん:少人数制で先生も一人だけ。全教科教えてくれるのですが、基本的に「褒めて伸ばす」塾でしたね。授業では問題を解くだけでなく、考えるプロセスを重視していて、雑談が好奇心をくすぐるような話でとにかく通っていて楽しかったです。合う合わないは個人差があると思いますが、私には合っている塾でした。

エデュ:高校受験時の得意科目と苦手科目を教えてください。

林田さん:高校受験の時はとくにこれが得意!苦手!という科目はありませんでした。ただ個人的には得意科目があった方が、モチベーションを保てるし、自信にもつながるので成績も安定すると思います。

林田さんが天王寺高等学校に受かった必勝ポイント!
「自分で勉強するサイクルができていたこと」だと思います。塾では勉強を教えてくれるだけではなく、「もっとここを勉強しなければいけない」とい う点を見つけてくれるうえ、勉強するモチベーションも上げてくれました。そして家では、塾で分からなかったところを勉強する。このサイクルがうまくできていたのが成功のポイントだと思っています。

京大に強い高校から東大合格を目指す【大学受験編】

東大受験を選んだ理由は進振制度と…

エデュ:天王寺高等学校は大阪の進学校ですが、どういう学校でしょうか?

林田さん:私の志望理由にもなりましたが、勉強だけでなく、部活にも力を入れられる文武両道な学校です。あとは京大を目指す人が多く、そのために授業で過去問を扱ったりします。

エデュ:京大を受験しようと思ったきっかけは学校の環境が大きく影響しているのでしょうか?

林田さん:実は私の第一志望は東大でした。周りは京大を目指す人ばかりですが、私はあまのじゃくなところがあるので東大に行きたいなと思いました。もちろんそれだけではなく、進振制度にも魅力を感じましたけど…。

エデュ:実際に東大も受験されたのでしょうか?

林田さん:受験はしましたが、失敗してしまって…。特別この科目が苦手!というのはなかったのですが、どの教科も合格の基準に達していませんでした。落ちてからは東大は諦め、予備校に通いながら京大を目指すようになりました。ただこの失敗の経験は、今の私の生活に大きな影響を与えてくれたので、良かったと思っています。

エデュ:それはどういうことでしょうか?

林田さん:現役の時は国語を感覚で解いていたところがあったのですが、予備校の先生が「その場限りの解き方ではなく、時間内に多くの問題に適応できるような力を身につけることが大切」と教えてくれて。例えば「しかし」が文中に出てきたら、話が反転するんだよとか。シンプルですが私には分かりやすかったです。この考え方を知ったおかげで、大学院で資料を読んで論述文や調査書を書くときにとても役立っています。

京大合格は周り道でしたが、予備校との出会いには本当に感謝しています。

東大大学院生の日常生活とは?【大学卒業後~現在】

1年に一度あるかないかの閃きに出会うため「ひたすら考える」

林田さん2
京大在学中に参加した米国スタンフォード大学への留学プログラムでの写真

エデュ:林田さんは現在、東大の大学院生ですが、京大から東大大学院に進学しようと思ったのはなぜでしょうか?

林田さん:京大在学中は米国スタンフォード大学への留学プログラムに参加したりして、充実した大学生活を送っていました。ただ自分がさらに突き詰めていきたい分野を深く学べる大学院はどこかと考えた時に、東大大学院が一番適していると思ったので進学を決意しました。

エデュ:大学院ではどういった研究をしているのでしょうか?

林田さん:「農業経済」という分野の研究をしています。具体的には市場で取引をしている双方、そして外にいる消費者にもデメリットがないようにするための市場の分析をしています。

エデュ:普段は、どのような生活をしているのでしょうか?

林田さん:一日中研究、そしてひたすら考えています。考えてもその場では答えは出ないのですが、そうしているとふっと答えが出る瞬間に出会えます。その出会いはずっと考えていないと出会えないのでひたすら考えています。

エデュ:哲学的ですね。その「出会える瞬間」はどういった時に訪れるのでしょうか?

林田さん:人それぞれですが食後にコーヒーを飲んでいる時や友達と雑談などしている時にあるみたいです。実は私はまだ1回ぐらいしかなくて…。先輩の話を聞いても1年に1回あるかないかみたいです。

エデュ:まさにふとした瞬間ですね。東大大学院に向いている方はどんな方でしょうか?

林田さん:「粘り強さがある方」だと思います。頭が良くて、複雑なことを考えられる人でも結果はなかなか出ません。そこで諦めてしまう方は向いていないと思います。どこに問題があるのか人に聞いたり、自分で本を読んだり、粘り強く突き詰められる方が向いていますね。

今の林田さんデータ

最近読んだ本で印象に残っているのは? カントの『純粋理性批判』です。
東大大学院のココがおすすめ!という所は? 分野ごとに非常に詳しい人が多いので、話を聞いているだけで勉強になります。
将来の夢は? 研究者
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

塾代を払ってくれたり、優しく見守ってくれてありがとう。感謝しています。

編集部から見たポイント

今回最も印象に残っているのは、ある意味周り道になってしまう予備校での先生との出会いのエピソード。林田さんも予備校での出会いがなければ、今の自分がなかったとお話ししていたので、周り道に感じる道にも実は人生を大きく左右することが待っているかもしれないと感じました。