活かし合う世界を農業で広めたい!東大OB白土卓志さん

inter-edu’s eye
今回インタビューしたのは、麻布高校から東大へ進学したOBの白土卓志さん。ベンチャー企業へ就職した後に起業し、現在は炭素循環農法で「たんじゅん野菜」を使った事業を手がける「株式会社いかす」の代表取締役をされています。中学・東大受験のお話から、現在のお仕事についてまでうかがってきました。

本人も拍子抜けする麻布・東大受験の理由【中学受験~東大受験】

中高生時代はテニスに打ち込み全国ベスト8

白土さん正面
【白土卓志さん プロフィール】
・東京大学 産業機械工学科卒業
・現在の家族構成:妻・長女・長男

エデュ:まず白土さんが麻布中学校を受験しようと思った理由を教えてください。

白土さん:麻布OBの父の影響です。家庭内に何となく麻布に行ってほしいという空気が流れていて…。SAPIXにも通っていて、先生は面白かったけど、自分の意志で絶対に麻布に行きたかったわけではありませんでした。

エデュ:中高生時代はどんな子どもでしたか?

白土さん:麻布は世間的には自由な学校というイメージがあるかもしれませんが、通っている当の本人たちは全然自由だと思ってなくて…。もっとやりたいことをやらせてほしい!とエネルギーがみなぎっていました。その中で一番熱を入れていたのはテニスです。

エデュ:どんな生活をしていたのでしょうか?

白土さん:当時、麻布には硬式テニス部、硬式テニス同好会、軟式テニス部の3つがあって、よく分からなかったので、同好会を選びました。同好会は軟式テニス部からコートを借りていたので朝6時から始業時間までしか使えなくて…。家がそこそこ遠かったので、毎日4時30分の電車に乗って通っていました。みんな中学からテニスを始めた人ばかりで、負けず嫌いでもあったので猛練習。結果として、中学3年生の時には団体戦で、都で優勝、関東で準優勝、全国大会でべスト8になることができました。

エデュ:それはすごいですね!

東大受験時、数学の試験中に目指せ30点作戦に変更

白土さん2

エデュ:東大を受験しようと思ったきっかけを教えてください。

白土さん:ずばり先輩が行くからです。当時私は部長を務めていて、硬式テニス同好会の歴代部長がずっと東大に入っていたのですが、2つ上の先輩は違う大学に行き、1つ上の先輩も「東大は受けないよ」と言っていたので安心していました。でもその先輩がセンター試験の1か月前に「白土、やっぱり東大受けるよ」と宣言して、しかも合格。正直大学にはこだわりがなかったのですが、歴代の先輩が受かっているのなら自分もトライするしかない!という思いで東大受験を決意しました。

エデュ:そんな伝統があったのですね。学部・学科を選んだ理由は何でしょうか?

白土さん:まず高校2年生になる前に、理系か文系か選択する場面があったのですが、将来のことを考えてもどちらがいいか分からなくて…。そんな時に、顧問だった物理の先生から「白土はこの前の物理の成績がすごく良かった。もちろん理系に進むよな」と言われて、「じゃあ理系に進みます」という感じです。正直、物理はあまり好きではなかったのですが、その先生のことは好きだったのと、進路選択で悩んでいたところを後押ししてくれた先生の言葉を信じて、理Iを選びました。

エデュ:受験勉強はどのようにされていたのでしょうか?

白土さん:英語・数学・国語の基礎科目だけ、Z会に通っていました。でもこれは戦略を立てたとかではなく、授業についていけないからでした。家では、理系なのに数学・物理・化学という重要な科目が遅れていたので、高校1・2年生の参考書を毎日何ページやると決めて勉強していましたね。

エデュ:地道にコツコツやられていたのですね。その結果は?

白土さん:無事現役合格できましたが、今でも信じられませんね。たぶん相当ギリギリだったと思います。試験終了後もまったく手ごたえがなくて。合格発表まで、後期試験に向けて、1日20時間勉強していたので、結果を聞いた時は本当に拍子抜けしました。数学なんて、半分まで進んだ時点で1問も解けていませんでした。なので、1分間ほどぼーっとしてから、「目指せ30点作戦」に変更したくらいでした…。

エデュ:受験を振り返っての反省点はありますか?

白土さん:勉強の楽しさに触れず、覚えるだけの勉強をしてしまったことです。「物理の原理って面白いからもっと勉強したいな」ではなく、単に覚えるだけ…。だから今は全部忘れています。興味・関心から入れば良かったと思っています。

東京大学に合格した必勝ポイント
諦めなかったことです。そもそも高校2年生の時点で、麻布の中でも成績は真ん中で、東大を目指せる次元ではなく、しかも受験勉強を始めたのも遅い。でもそこで諦めずに、「数学・物理・化学の参考書は全部でこれだけあるから、1日これだけやればいい」と決めて毎日コツコツやっていたのは、自分でもすごいことだと思っています。

理由は分からないけど自然と農業の道へ【就職編】

就職活動では父親と喧嘩寸前に

白土さん3

エデュ:東大入学後はどのような勉強をされていたのでしょうか?

白土さん:選択肢の多い理Iから産業機械工学科に進んだのですが、今風に言うとナノテクノロジーを研究する研究室に入りました。そこは研究費が豊富なところで先生も面白くて、周りの友達も起業家精神があったので楽しかったですね。当時マイクロソフト株式会社の社長だった成毛さんの家に遊びに行って面白い話を聞いたりもしていました。そうした経験から、起業って面白そう!と思うようになりました。

エデュ:卒業後はすぐに起業されたのでしょうか?

白土さん:いえ、普通に就職活動をしていました。大企業も受けたのですが、少々へそ曲がりのところがあったので、途中で辞退することもありました。最終的にはベンチャー企業2社、一般企業が1社残ったのですが、ある日、父に呼び出されてしまって…。「大企業をあまり見ていないのに、 就職を決めるなんて駄目だ!」と怒られました。その後、父の勤める銀行に連れて行かれ、社食や父の仕事ぶりを見せてくれて、偉い人にも会わせてくれました。

帰って父に感想を聞かれて「とても楽しかったよ、でも今日見に行って、絶対銀行には行かないと確信を持てたよ、ありがとう」と答えたんです。

エデュ:どんな答えが返ってきたのでしょうか?

白土さん:3分くらい固まっていました。でも「分かった、卓志の好きなようにすればいい」と言ってくれました。大企業を否定するわけではありませんが、当時自分がやりたかったことはそこにはなさそうだなと思って…。結局、10年目のベンチャー企業に就職し、9年間働いた後、退職し、会社を作りました。そこを5年でやめ、今現在は「株式会社いかす」で事業を行っています。

おいしくて環境にも優しい炭素循環農法とは?

エデュ:株式会社いかすではどのような事業を行っているのでしょうか?

白土さん:大きく分けて4つあります。1つ目は炭素循環農法という農法でたんじゅん野菜を作る畑の事業。2つ目はその野菜をご家庭やレストランに宅配する事業。3つ目がレストラン「iCas storia」でたんじゅん野菜を使った料理を提供する事業。4つ目がたんじゅん野菜を使ったiCas storiaの料理の加工事業です。

エデュ:炭素循環農法、たんじゅん野菜…聞き慣れない言葉ですが、どういったものなのでしょうか?

白土さん:炭素循環農法は、肥料も農薬も使わない農法です。現在、有機農法は0.6%と言われていますが、その中でもさらに少ない非常に珍しい農法といえます。微生物が死んで、それが分解されていくサイクルが土の中で起こる、それを最大限活かす農法で、それで作った野菜をたんじゅん野菜と呼んでいます。また肥料も農薬も使わないので土壌を汚すことなく、環境にも良い農法といえます。

肥料の大部分は窒素です。硝酸態窒素という形で植物の中に入りますが、たんじゅん野菜は窒素がない分、植物と微生物が協力体制を築きます。共生関係を取り「活かし合い」ながら育つので、野菜が丈夫で旨味が強く、発酵しやすいので腸内でも活躍、美容や健康にも良く、びっくりするぐらい風邪を引きにくくなったという話もあります。食べ物が変わると、腸が変わる。腸が変わると、身も心も強くなります。

エデュ:そんな効果まで…。農業は大変というイメージがありますが、なぜ始めようと思ったのでしょうか?

白土さん:学生時代から○○歳で○○をやるという未来日記をつけているのですが、そこに32歳で「農業大作戦!」と書いてあったからです。ただ自分でも変わっているなと思うのですが、何で書いたかまったく覚えていないんですよね。でも不思議と何で自分は農業をやるんだろうという疑問もなく、ここまで来ています。好きなもののために寝なかったりする人って結構多いと思うのですが、それに近いかもしれないのですが、頭ではなく、感覚的に農業をやりたいと思ってやっている感じです。ある意味”オーガニックな生き方”をしています。

エデュ:今後の目標や、やってみたいことは何でしょうか?

白土さん:湘南にある畑にブルーベリーを植えて、裸足で入れるところとブルーシートを敷いてベビーカーやヒールでそのまま入れる真逆の摘み取り園を作り、オーガニックの場を体感できるところを作りたいです。畑に来ると分かる人には「うわ!なんかここすごい」と感じていただけます。たぶんそれは肥料の畑にいる微生物を1とすると、炭素循環農法の畑は1万~10万の微生物がいるのですが、その微生物の命を感じられるからだと思います。

もう1つは大きな目標になりますが、炭素循環農法のような「活かし合いの世界」を作りたいです。今世界では戦争がいたるところで起こっていますが、その根本には自分の欲があると思っています。でもそうではなくて、個人が皆のため、地球のためにお互いがお互いを「活かし合う」。そんな世界を私の事業を通し、世界に広めていきたいです。

普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

中学受験、東大受験の時、おいしいごはんを準備してくれてありがとう。あの時は気づかなかったけど、本当に感謝しています。

編集部から見たポイント

白土さんは、取材が始まる前に「私のお話はこれから受験する人にはあまり参考にならないかもしれません」と話していました。しかし、中学受験、東大受験、就職、そして起業。人生のターニングポイントでしっかり結果を出している白土さんの「生きる力」を感じていただけたのではないでしょうか。

株式会社いかすとは?
白土4

体が感じるおいしさの「たんじゅん野菜」を使った事業を展開。たんじゅん野菜を作る畑の事業。ご家庭やレストランに宅配する事業。レストラン「iCas storia」で野菜を使った料理を提供する事業以外にも加工品製造事業や生産サポート事業も行なっています。

株式会社いかす:https://www.icas.jp.net/