高3の秋の模試で理ⅢA判定!父の期待を胸に灘から東大へ

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれたYさんは、東大への進学率トップクラスの灘中学校・高等学校の卒業生。東大合格までの道のりは?なぜ理ⅢA判定をとれたのか、合格の秘訣などをうかがいました。

親の期待を胸に灘中学受験へ【中学受験編】

塾は両親がこだわって決めた所へ

Yさん正面
【Y・Sさん プロフィール】
・灘中学校・高等学校出身
・東京大学理科一類2年
・父・母・弟

エデュ:まず中学受験を決めたきっかけを教えてください。

Yさん:元々私立小学校に通っていたのですが、そこは内部進学できるのは女子だけで…。周りの友達は全員が中学受験をするので自分もという感じでした。

エデュ:塾はどちらにいつ頃から通っていたのでしょうか?

Yさん:小学4年生から個人の小規模塾。小学6年生からは学校別の対策をするために希学園に通っていました。

エデュ:2つ通われていたのですね。塾選びはお母さまでしょうか?

Yさん:母と父です。実は父は中学受験で灘中学校を受験しているのですが、失敗していて…。塾選びに関しては父もこだわって決めたようでした。

エデュ:そんなことがあったのですね。灘中学校を受験しようと思った理由はお父さまの影響もあったのでしょうか?

Yさん:それもあります。ただ初めから灘中学校を受験しようとは思っていませんでした。学年が上がり、成績も上がっていき、先生にすすめられたので小学5年生の頃に受験を決意しました。口に出しては言われませんでしたが、父からすれば自分に対する期待度は高かったかもしれないですね。

エデュ:ご両親は受験に対してどういったサポートをしてくれたのでしょうか?

Yさん:基本的に放任主義でサポートはなかったですね。自分が「これをやりなさい」と言われるとやらない性格なのを知っていて何も言わなかったのかもしれません。

国語の偏差値が上がらず直前期でも20ほど

Yさん2

エデュ:得意科目と苦手科目を教えてください。

Yさん:得意科目は算数。苦手は国語です。

エデュ:苦手科目はどのように勉強していたのでしょうか?

Yさん:塾の先生からおすすめの問題集を聞いて勉強していたのですが。最後の方はほぼ毎日塾だったので体力が持たず、国語の問題を読んでも頭に入らない状態でした。直前期の偏差値も20ぐらいで、そこから上がらず結局克服はできませんでした。

エデュ:20とは厳しいですね。他の教科でカバーしたのでしょうか?

Yさん:そうですね。得意科目の算数を中心に他でカバーしました。受験校の問題の相性もあると思いますが、無理に苦手科目を克服しようとするよりも、得意科目を伸ばした方が結果は出せると思います。

エデュ:灘中学校以外の受験校を教えてください。

Yさん:東大寺学園中学校と愛光学園中学校です。どちらも受かりましたが、灘中学校に合格したときは両親も本当に嬉しそうでした。

Yさんが灘中学校に受かった必勝ポイントは?
一番大きかったのは塾だと思います。小学4年生から通った個人塾では全教科を万遍なく。小学6年生からの希学園では灘中学校の受験対策。このおかげで国語以外は点数がとれたので、塾を選んでくれた両親には本当に感謝しています。

中学受験のYさんデータ

どちらにお住まいでしたか? 京都(中学受験時)
塾はどちらに通われていましたか? 小規模塾、希学園
塾に通い始めた時期はいつ頃でしたか? 小規模塾に小学4年生から、希学園は小学6年生から
塾以外で一番勉強していた場所はどこですか? 自宅
何をして一番遊んでいましたか? ゲームやドッジボール

高校2年生で東大受験を決意【東大受験編】

ターニングポイントは高校3年生の秋の模試

Yさん3

エデュ:灘中学校ではどんな学校生活を送っていたのでしょうか?

Yさん:中学生時代は京都、高校生時代は大阪から2時間かけて通っていたのでとにかく朝が早かったですね。部活はバドミントン部に入っていたのですが、今思うとよく通っていたなと思います。

エデュ:2時間は長いですね。

Yさん:そうですね。でも個性的な先生や友達ばかりで毎日通っていて楽しかったです。

エデュ:東大を受験しようと思ったきっかけは何でしょうか?

Yさん:灘中学校はこの大学を受けなさいとか、大学別の補講があるわけではありませんが、先輩も後輩も東大を受験する人が多くて。友達も受験する人が多かったので自分もという感じでした。具体的に受験を決意したのは高校2年生の終わり頃ですが、そういった意味では入学時から東大受験を自然と意識する環境だったかもしれません。

高1で塾に通うも合わずにやめ、自力で勉強

エデュ:塾には通われていたのでしょうか?

Yさん:高校1年生のときに化学だけ勉強するために通っていましたが、合わずにすぐやめてしまいました。

エデュ:ではどうやって勉強していたのでしょうか?

Yさん:自宅で、鉄緑会に通っていた友達がすすめてくれた参考書をとにかく徹底的に分かるまでやりこんでいました。ただ英語が苦手で単語からコツコツ勉強していたのですが、量が足らなかったのか完全に克服はできませんでした。

エデュ:東大以外は受験しましたか?

Yさん:いえ、東大一本です。高校3年生の秋の模試で理ⅢA判定がとれて。それが自信になって受験にのぞむことができました。

エデュ:理ⅢA判定!すごいですね。そこまで伸びた秘訣は何でしょうか?

Yさん:コツコツ勉強してはいましたが、たまたま問題との相性が良かっただけだと思っています。でも自分にとってはそのたまたまの結果が自信につながったので、ターニングポイントになったと思います。

エデュ:東大受験時にもっとこうしていれば良かったと思うところはありますか?

Yさん:英語をもっと勉強していれば良かったなと今になって思います。入試に関係なく、役に立つので。

東大受験~今のYさんデータ

東大受験を決意した時期は? 高校2年生の終わり頃
得意科目は? 数学
東大のココがおすすめ!という所は? 進振り制度
将来の夢は? 情報系に進みたいと思っています。
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

中学受験でも大学受験でも好きにやらせてくれてありがとう。おかげで伸び伸び勉強することができたよ。

編集部から見たポイント

中学・大学受験ともに、苦手科目を克服しないまま合格を手にしたYさん。取材では得意科目に絶対の自信を持っているように感じました。無理に克服しようとせず、どこかで見切りをつけ「得意を伸ばす」のもいいかもしれません。