僕は劣等生だったけど“あること”で東大に合格できました

inter-edu’s eye
今回インタビューに応じてくれたSさんは開口一番「僕は勉強もあまり好きではないし、劣等生でした」と話していました。謙遜にも聞こえますが、実際にはどうだったのか…色々うかがってきました。

SAPIXではほとんど下位クラス【中学受験編】

小学6年生の夏に基礎中の基礎を勉強

Sさん正面
【S・Kさん プロフィール】
・駒場東邦中学校・高等学校出身
・東京大学理科一類1年
・父・母・妹

エデュ:まず中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

Sさん:父が中学受験経験者ですすめてくれたのがきっかけです。小学4年生の頃から母が選んだSAPIXに通い始めたのですが、正直勉強があまり好きじゃなくて…。入塾テストでも下の方からのスタートで、その後もほとんど下位クラスにいました。

エデュ:駒場東邦中学校を受験しようと思った理由は何でしょうか?

Sさん:実は最初は麻布中学校が第一志望でした。でも塾の先生に相談したら「成績的に麻布中学校は難しいです」と言われてしまって…。前もって文化祭に行き、雰囲気が良くて気になっていた「駒場東邦中学校はどうでしょうか?」と聞いたら、「そこなら可能性があります」と言われたので、受験することに決まりました。

エデュ:ご両親は中学受験時、どういったサポートをしてくれたのでしょうか?

Sさん:一番印象に残っているのは小学6年生の夏休みに、母がつきっきりで苦手科目の算数を教えてくれたことです。国語と社会が得意科目だったのですが、算数が本当に苦手で…。このままではまずいということで見かねた母が、本当に基礎中の基礎を勉強する問題集を買ってきて、繰り返し一緒に解いてくれました。そのおかげで何とか駒場東邦を受験するレベルにまで成績を上げることができました。

第一志望の試験の出来は五分五分

Sさん2

エデュ:駒場東邦の試験の出来はいかがでしたか?

Sさん:まずまずでしたね。得意科目の国語や社会は手ごたえがありましたが、算数と理科はよく分からない感じでした。

エデュ:駒場東邦以外の併願校を教えてください。

Sさん:攻玉社中学校と筑波大学附属駒場中学校です。2日目、攻玉社中学校の試験が終わる10時くらいに、駒場東邦の発表があったのですが、緊張で試験に集中できなかったのを今でも覚えています。

エデュ:それは緊張しましたね。中学受験時もっとこうしていれば良かったと思うところはありますか?

Sさん:もっと早い段階から苦手科目対策をしていれば良かったと思っています。遅かったとはいえ、基礎に立ち戻り算数を教えてくれた母には今でも感謝しています。

Sさんが駒場東邦に受かった必勝ポイントは?
母のおかげです。小学6年生の夏休みに苦手科目ができないと、焦って色々なものに手を出しがちですが、基礎から勉強。母には今でも感謝しています。

中学受験時のSさんデータ

どちらにお住まいでしたか? 東京都世田谷区
塾はどちらに通われていましたか? SAPIX
中学受験時の得意科目は? 国語、社会
中学受験時の苦手科目は? 算数

父との喧嘩を経て東大受験を決意【東大受験時】

苦手の数学は学年で下から2番目

Sさん3

エデュ:東大を受験しようと思ったのはなぜでしょうか?

Sさん:中学受験同様親の影響です。父が高校2年生の頃、「せっかく駒場東邦に進学したから、東大を目指すべきだ」と言い始めて。目指せる成績なら納得していたかもしれませんが、苦手の数学は学年で下から2番目だったこともあるほどで…。大学受験を始まるまでは成績もいまいちだったので、「自分には東大は無理だよ!」と当時は喧嘩もしました。

エデュ:そんなことがあったのですね。そこからなぜ東大受験を決意したのでしょうか?

Sさん:こんなことを言うと真剣にその大学を目指す人に怒られてしまうかもしれませんが、東大合格を目指す勉強をしていれば他の大学に進路変更したときもつぶしが効くと思ったからです。そんな感じだったので受験勉強を本格的に始めたのも高校3年生の6月と遅いスタートでした。

エデュ:確かに少し遅いかもしれませんね。塾はどちらに通っていたのでしょうか?

Sさん:高校2年生の頃からグノーブルに。高校3年生の頃から苦手科目の数学を克服するためにSEGに通おうとしたのですが、あまりにも数学が出来なくて入塾試験で落ちてしまったという苦い過去があります。

エデュ:東大受験では数学が肝だったのですね。得意科目は何でしたか?

Sさん:得意科目は英語です。英語は点数に差がつきやすい科目なので、早いうちから勉強することをおすすめします。

戦略と母のおかげで現役合格

エデュ:勉強はどのようにしていたのでしょうか?

Sさん:まず戦略として、「得意を伸ばし、苦手で負け過ぎない」ように勉強していました。最も苦手な数学はとにかく勉強時間がなかったので、全範囲が網羅されている問題集を買ってきて、解答をひたすら読み、自分で再現できるように勉強していました。理科一類であれば、2科目しっかり点数を取れれば受かる可能性があると分かっていたので、英語、そして物理で点数を稼ぎ何とか合格することができました。

エデュ:おめでとうございます。戦略勝ち…でしょうか?

Sさん:少し格好をつけた言い方になってしまいますが、頭の使い方に頭を使いました。あとは母のおかげです。

エデュ:お母さまの?どういうことでしょうか?

Sさん:中学受験時に母は小学6年生の夏休みに本当に基礎の基礎に立ち戻って勉強を教えてくれたんです。それって気持ちが焦っている受験時にはなかなか出来ることではないと思います。でもそのおかげで算数で点数が取れるようになったときに「基礎はやっぱり大切」ということに気づきました。だから東大受験でも母を見習い、焦って応用問題に手を出すのではなく、基礎を固めることに徹しました。

エデュ:なるほど。これから東大を受験する人にアドバイスをお願いします。

Sさん:東大は学生も教授も優秀な人が多く、刺激を受けられる素晴らしい環境だと思います。努力は必要ですが、進振り制度も魅力なので、勉強が好きな方はぜひ目指してみてください。

東大受験~今のSさんデータ

東大受験を意識した時期は? 高校2年生
得意科目は? 英語
苦手科目は? 数学
東大のココがおすすめ!という所は? 進振り制度
将来の夢は? まだ決まっていませんが、理系の知識を活かし社会貢献したいです。
普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

東大に合格できたのは3割は自分の努力。7割は家族の協力のおかげだと思っています。母は料理や家事、父はお金の面で支えてくれて本当にありがとうございます。

編集部から見たポイント

中学受験・大学受験時、劣等生だったと話していたSさん。その合格の裏には、お母さまの基礎に立ち戻り勉強と言う冷静な判断力。そして息子のサポートを実際にした行動力があったように感じました。焦ってしまう気持ちは分かりますが、グッとこらえ一から勉強すると道は拓けるかもしれません。