親からの「浪人していいよ」は吉と出る?東大理科二類合格女子

inter-edu’s eye
今回インタビューしたTさんは、渋谷教育学園渋谷中学高等学校から東大理科二類に合格した理系女子。いままでの東大生とは少し違う、中学受験を始めたきっかけから、東大出身のお父さまが受験にどう関わってきたのかまでうかがいました。

放課後行く場所がない…から始まった塾通い【中学受験編】

第一志望校は実は女子学院

Tさん正面
【T・Sさん プロフィール】
・渋谷教育学園渋谷中学高等学校出身
・東京大学理科二類1年生
・父・母

エデュ:まず中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

Tさん:親が共働きで小学校に入学してから学童保育に通っていたのですが、それが小学3年生までしか通えなくて…。小学4年生から行く場所がない、どうしようとなったときに両親が塾通いをすすめてくれて、その流れで中学受験することになりました。

エデュ:塾はどちらに通われていたのでしょうか?

Tさん:家から一番近い、早稲田アカデミーに通っていました。クラスは2クラスで、私のクラスは8人程度しかいなかったのでとてもアットホームでしたね。厳しい先生もいましたが、元気な子が多かったので、とても楽しかったことを今でも覚えています。

エデュ:なぜ渋谷教育学園渋谷中学校を受験しようと思ったのでしょうか?

Tさん:私の、「厳しくなくて自由な学校がいい」と希望を両親が聞き、そこから適性や成績とを見比べて受験することになりました。最終的に決まったのは小学6年生の初め頃です。

エデュ:ご両親は受験にどのように関わっていたのでしょうか?

Tさん:基本的には放任主義でしたが、好きなお菓子を買ってきてくれたり、テレビの音量を小さくしてくれたり。気を遣ってくれていたのだろうなと今になって思います。

エデュ:普段の勉強はどのようにされていたのか教えてください。

Tさん:小学5年生までは平日は週2回、休日は週1で塾通い。小学6年生からは志望校別コースが日曜日に加わりました。家では塾の先生から出された宿題をもくもくと解いていましたね。

第一志望校は女子学院、でも力及ばず

Tさん2

エデュ:中学受験時の得意科目と苦手科目を教えてください。

Tさん:得意科目は国語、苦手科目は算数です。

エデュ:苦手科目の算数の受験対策はどのようにされていたのでしょうか?

Tさん:実は進学したのは渋谷教育学園渋谷中学校ですが第一志望は女子学院で…。女子学院は基礎問題がたくさん出るので、基礎固めをしっかりやっていました。

エデュ:女子学院が第一志望だったのですね。実際に受験されたのでしょうか?

Tさん:はい。ただ受験当日、算数の1問目を解いた時点で、なぜか落ちたと感じてしまって…。それが尾を引き、失敗してしまいました。もちろん渋谷教育学園渋谷中学校も文化祭に行き、印象は良かったのですが、当時は悔しかったですね。

中学受験成功のカギは?
やっぱりコツコツ勉強することだと思います。小学6年生のときにあまり勉強せずにいたら、その影響で成績が下がってしまったことがあって…。毎日の積み重ねは本当に大切だなと感じました。

中学受験時のTさんデータ

どちらにお住まいでしたか? 東京都
塾はどちらに通われていましたか? 早稲田アカデミー
中学受験時の得意科目は? 国語
中学受験時の苦手科目は?  算数
小学校時代何をして遊んでいましたか? 好きなアイドルのDVD鑑賞など

「浪人していいよ」はプレッシャー減になる?【東大受験時】

東大出身のお父さまの影響は?

Tさん3

エデュ:渋谷教育学園渋谷中学校に入学後はどんな生活を送っていたのでしょうか?

Tさん:ダンス部に入部して高校2年生の終わりまで打ち込んでいました。勉強は中学校ではテスト前に一気に勉強していたので、普段はあまりやっていなかったです。

エデュ:実際に入学してみての学校に対する印象を教えてください。

Tさん:生徒も先生も元気で活気に溢れている印象を受けました。あとは帰国子女も多かったので、普通に英語の会話が飛び交っていることにとても驚きました。

エデュ:東大を受験しようと思った理由と最終的に受験を決めた時期はいつ頃でしょうか?

Tさん:理由は国立で学費が安くて家から近いこと。得意な理系を活かせるように、幅広い研究ができる充実した施設のある東大がいいと思ったからです。あとは父が東大出身だったことも少し影響しています。最終的に決めたのは高校3年生の夏ですね。

エデュ:お父さまが東大出身なのですね。高校3年生の夏というと少々遅い気もしますが、勉強はどのようにされていたのでしょうか?

Tさん:塾は高校3年生の1年間だけ、苦手科目の数学を週1で習いに河合塾に通っていました。あとは家でほとんど勉強していましたね。

エデュ:その結果は?

Tさん:現役受験は失敗してしまいました。原因は自分でもよく分かっていて…。1つ目は圧倒的に時間が足りず、基礎学習を怠ってしまったこと。あとは父が「1浪までなら浪人してもいいよ」と言っていたので、気が緩んでしまったことです。プレッシャーは確かになくなったのですが、「浪人は絶対駄目だよ!」と言われた方が良かったのかなと思っています。

問題が解ける!からその先に

エデュ:浪人生時代はどのような生活を送っていたのでしょうか?

Tさん:ほぼ毎日、駿台予備学校に通っていました。講義を受け、終わったら自習室で夜10時まで勉強。そんな生活を送っていました。

エデュ:つらくなってやめたいと思うことはありましたか?

Tさん:正直ありました。でも友達と話をして気晴らしをしたり、高い予備校代を払ってくれている両親の顔を見て、何とか頑張っていました。

エデュ:勉強はどのようにされていたのか教えてください。

Tさん:とにかく「基本」からやり直しましたね。現役のときも基本が大事というのは分かっていたのですが、とにかく時間がなく焦ってしまって…。東大の過去問を解いたりもしていましたが、全然成績が伸びなかったので、浪人のときは時間を使って基本から焦らず勉強していました。

数学では予備校で前期・後期の問題集を渡されるのですが、後期が始まっても前期の問題をもう一度やり直す。そしてただ解けるだけではなくて、原理もしっかり理解するようにしていました。

エデュ:その結果、無事合格ですか?

Tさん:そうですね、合格することができました。

エデュ:おめでとうございます。ご自身の受験を振り返り、これから受験する人へ向けてアドバイスをお願いします。

Tさん:私は本当に復習が苦手で、模試も返ってきたらそのまま。東大を目指す時期が例え遅くても日常で基礎固めや、復習をしっかりしておけばもっと違った結果になっていたと思います。ですので、これから受験する方はこの部分を意識しておくといいのかなと感じています。

東大受験~今のTさんデータ

東大受験を決めた時期は? 高校3年生の夏
現役東大受験時の得意科目は? 生物
現役東大受験時の苦手科目は? 数学
現役東大受験時通っていた塾は? 河合塾
普段なかなか伝えられない両親へのメッセージ

そっけない態度をとっていたけど、勉強しやすい環境を整えてくれたことは本当に感謝しています。浪人したときも高い予備校代を払ってくれてありがとう。

編集部から見たポイント

東大現役受験を失敗してしまった人の多くが挙げる「基礎の大切さ」。今回の取材でも改めて思い知らされました。焦る気持ちをグッとこらえ、一からコツコツ。地味ではありますが、東大合格への一番の近道になるのではないでしょうか。