早くからの塾通いは好影響?悪影響?東大文科二類合格

inter-edu’s eye
今回インタビューしたOさんは、豊島岡女子学園中学校・高等学校から東大文科二類に合格した現役2年生。教育熱心なお母さまのサポートに感謝しっぱなしの中学受験から周りの賢い人に憧れて始まった東大受験までのエピソードをうかがいました。

教育熱心なお母さまのすすめで1年生から塾通い【中学受験編】

早くからSAPIXに通って感じたメリットは?

Oさん正面
【O・Hさん プロフィール】
・豊島岡女子学園中学校・高等学校出身
・東京大学文科二類2年生
家族構成:父・母・弟

エデュ:まず中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

Oさん:母が教育熱心なほうで、小学1年生からSAPIXへ通っていました。学年が上がるごとに周りが中学受験する雰囲気になってきたので、自分もその流れで徐々に意識が高まっていきました。

エデュ:小学1年生からの塾通いをどのように感じていましたか?

Oさん:楽しかったです! 正直、中学受験の勉強自体は小学4年生ぐらいからでも十分でした。ただ理科の実験を見せてくれて、「勉強ってこんなに楽しいんだよ」と思わせてくれる経験を早くからできたのは、本当に良かったと思っています。

エデュ:教育熱心なお母さまは、受験にどのように関わっていたのでしょうか?

Oさん:SAPIXで毎日やる基礎トレーニングのドリルの丸付けやプリント整理を手伝ったりしてくれました。教育熱心ではあったのですが、ガミガミ怒られることもなかったので、私としてはすごく勉強しやすかったです。

エデュ:豊島岡女子学園中学校を選ばれた理由を教えてください。

Oさん:小学6年生の夏休みに母とイベントに参加して、阿波踊りやコーラス部が歌っている姿を見て、「すごい!こんな学校に通いたい」と思いました。それまでにも何校か見ていたのですが、雰囲気も含めて一番自分に合うと思ったので選びました。

終わって感じた母への感謝

Oさん2

エデュ:中学受験時の得意科目と苦手科目を教えてください。

Oさん:得意科目は社会、苦手科目は国語です。

エデュ:苦手科目はどのように克服したのでしょうか?

Oさん:小学6年生の秋に受験ドクターに通って克服できました。通うまでは下線部の問いに対して毎回冒頭から見直していて、時間がかかっていました。でも受験ドクターの先生はこういう接続詞に注目すれば解きやすくなるよという「テクニック」をしっかり教えてくれて。それまではただ何となく解いていたのですが、通ったことで点数も取れるようになって、自信もつきましたね。

エデュ:受験ドクターにも通われていたのですね。お母さまが選ばれたのでしょうか?

Oさん:そうです。豊島岡女子学園中学校の国語との相性が本当に悪かったので、見つけてきてくれた母には本当に感謝しています。

エデュ:中学受験成功のカギはどのあたりにあったと思いますか?

Oさん:母のおかげですね。模試が終わったら、どこの部分が苦手なのかを分析。その部分を補うためにテキストを使って勉強。自分でも何となくここは苦手だなと思うところはあったのですが、冷静に分析して何をすればいいのかまでは分からなかったので…。本当に母には感謝しています。

中学受験でココが良かった!
先ほどもお話ししましたが、SAPIXに小学1年生から通い始めて、「勉強することの楽しさ」を知ることができたのは本当に良かったです。

中学受験時のOさんデータ

どちらにお住まいでしたか? 千葉県
塾はどちらに通われていましたか? SAPIX、受験ドクター
中学受験時の得意科目は? 社会
中学受験時の苦手科目は? 国語
小学校時代何をして遊んでいましたか? 公園でかけっこ

周りの賢い人に憧れて始まった東大受験【東大受験時】

メンタルの弱さで現役受験は失敗

Oさん3

エデュ:念願の豊島岡女子学園中学校への入学後はどのような生活を送っていたのでしょうか?

Oさん:勉強面ではほぼ毎日授業の復習をして、定期試験対策に力を入れる。部活は憧れだったコーラス部に入り、週6で練習に明け暮れていましたね。両立はきつかったですけど、自分が入りたい学校に入ったので、毎日楽しかったです。

エデュ:そんな生活のなかで、東大を受験しようと思ったきっかけを教えてください。

Oさん:周りの賢い人が東大を目指している姿を見て、憧れを持ったのがきっかけです。国立で学費も安いし、総合大学に通いたいという理由もありましたが、一番の理由は周りの賢い人の影響ですね。

エデュ:ご両親は東大を受験することに対してどのような反応だったのでしょうか?

Oさん:「あなたが目指したいなら、目指してみたら?」と優しく肩を押してくれました。たぶん内心は不安だったと思いますが、否定せずに自分のやりたいようにやらせてくれたのは嬉しかったです。

エデュ:優しいご両親ですね。勉強はどのようにされていたのでしょうか?

Oさん:学校の勉強と、高校2年生の途中からは苦手科目の数学を克服するためにSEGに通っていました。結局得意科目にはなりませんでしたが、数学の面白さを教えてくれて苦手意識はなくなったので通って良かったですね。

あと英語も苦手だったのですが、塾には通わず、過去問を分野ごとに徹底的に解いたり、英作文を学校の先生にチェックしてもらっていたのですが、結局克服までには至りませんでした…。

エデュ:なるほど、その勉強の結果はいかがでしたか?

Oさん:現役受験は不合格でした。受かっている私立大学もあってそちらに行くか悩んだのですが、得点開示を見たら4点足りないだけだったので、浪人生活を選びました。

エデュ:現役受験失敗の原因はどのあたりにあったと思われますか?

Oさん:「メンタル面の弱さ」ですね。性格的に心配性だったのと、併願した私立大学に落ちてしまったときに動揺してしまって…。今思うと相性もあったのに、気になってしまい、本命で力を出せなかったのが原因でした。

現役受験はきつくて泣いてしまうこともあったけど…

エデュ:浪人生時代はどのような生活を送っていたのでしょうか?

Oさん:駿台予備学校に通い、朝9時から夕方5時まで勉強。終わったら自習室で復習などをして、区切りが良いところで帰宅して家でもまた勉強。そんな生活をほぼ毎日送っていました。

エデュ:きついと感じることはありましたか?

Oさん:現役受験はきつくて泣いてしまうこともありましたが、浪人のときは意外となかったですね。予備校で友達ができて、皆で頑張ろうという雰囲気があったので、きつくありませんでした。

エデュ:それは良い環境ですね。どんなところに力を入れて勉強していたのでしょうか?

Oさん:日本史ですね。現役受験の得点開示を見たときに、思いのほか日本史の得点が低くて…。もちろん他の勉強もしていましたが、メインは日本史の勉強でした。

エデュ:なるほど。1浪後の受験の手ごたえは?

Oさん:実はありませんでした。やっぱりメンタルが弱くて、後期の勉強をしていたぐらいなかったです。そんな状態だったので合格を聞いたときは本当に嬉しかったです。

東大受験~今のOさんデータ

東大受験を決めた時期は? 高校2年生
現役東大受験時の得意科目は? 世界史
現役東大受験時の苦手科目は? 数学、英語
現役東大受験時通っていた塾は? SEG
普段なかなか伝えられない両親へのメッセージ

本当は不安だったと思うけど、中学受験、大学受験で私を最後まで信じてくれてありがとう。

編集部から見たポイント

Oさんは現在、今しかできないからと語学の勉強に力を入れていると話されていました。それは「勉強することの楽しさ」を早くから知った影響かなと感じました。突然中学受験の道に入れるのではなく、まずは「勉強することの楽しさ」を知る経験をさせると後々活きてくるかもしれません。