硬派な男子が恋に落ちて東大合格?武田紫龍さんインタビュー

inter-edu’s eye
今回インタビューした武田さんは、巣鴨中学校・高等学校から東大文科一類に合格した現役2年生。とにかく硬派な学校に通いたかった中学受験のエピソードと、東大に合格できた意外な秘密をうかがってきました。

とにかく「硬派な学校」に行きたい【中学受験編】

巣鴨中学校に対する強い思い

武田さん正面
【武田紫龍さん プロフィール】
・巣鴨中学校・高等学校出身
・東京大学文科一類2年生
家族構成:父・母・兄・弟・妹

エデュ:まず中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。

武田さん:小学4年生の頃に両親から、「将来のことを考えて中学受験に挑戦してみない?」と言われたのがきっかけです。正直、まったくピンと来なかったのですが、とりあえず言われるがままにSAPIXへの塾通いが始まりました。

エデュ:巣鴨中学校を選ばれたのはなぜでしょうか?

武田さん:父が集めていた硬派な漫画をよく読んでいたのですが、その影響で「硬派な学校に行きたい!」と思って。学校の情報が載っているパンフレットを読んで、実際に文化祭へ参加して、一番硬派だと感じた巣鴨中学校を選びました。

エデュ:確かに巣鴨中学校は男子校で硬派なイメージがありますね。ご両親は受験に対してどのように関わっていたのでしょうか?

武田さん:父は勉強面、具体的にはSAPIXで出る宿題を隣に座って見てくれたり、社会の暗記を手伝ってくれたりしていました。

母は塾の迎えとお弁当を作ってくれていましたね。

エデュ:ご両親で支えてくれていたのですね。

自信満々で受験に臨む

武田さん2

エデュ:中学受験時の得意科目と苦手科目を教えてください。

武田さん:得意科目は社会、苦手科目は算数です。

エデュ:苦手科目克服のためにどのような勉強をされていたのでしょうか?

武田さん:巣鴨中学校の過去問を解き、分からない問題は塾の先生に聞きに行き、徐々に克服していきました。

エデュ:中学受験時、ノートをどのようにとっていたのか教えてください。

武田さん:基本的に丸写しでしたが、自分の言葉で書き、語尾を変えて「読んでいて面白いノート作り」をこころがけていました。こうすることで復習するときも楽しく勉強することができた気がします。

エデュ:なるほど。受験当日は緊張されましたか?

武田さん:少ししましたが、なぜか自信満々だったのを覚えています。

エデュ:それはなぜでしょうか?

武田さん:過去問を15年分解いていたこと。あとは「巣鴨中学校に通いたい気持ちは誰にも負けない」という強い思いがあったからです。

エデュ:確かに気持ちは大事ですね。

中学受験時、もっとこうしていれば…
算数が塾に入る前から嫌いで、さぼってしまい弱点になってしまったことです。たとえ好きじゃなくてももう少しやっておけば良かったなと思っています。

中学受験時の武田さんデータ

どちらにお住まいでしたか? 東京都
塾はどちらに通われていましたか? SAPIX
中学受験時の得意科目は? 社会
中学受験時の苦手科目は? 算数
ノートをとるときにこころがけていたことは? 読んでいて面白いノート

小さい頃からの憧れを叶えるために【東大受験時】

目指すなら頂点の大学に行きたい

武田さん3

エデュ:念願の巣鴨中学校への入学。イメージ通りでしたか?

武田さん:イメージ通りでしたね。硬派な学校なので厳しい面もありましたが、男子だけだったので、伸び伸びしていて毎日楽しかったです。

エデュ:どのような生活を送っていたのでしょうか?

武田さん:中高は陸上部で長距離を専攻していて、ほぼ毎日練習。勉強はほとんどやらないで、定期試験の1週間前にコーヒーを飲みながら遅くまで勉強。そんな生活を送っていました。

エデュ:東大受験はいつ頃から意識されていたのか教えてください。

武田さん:実は小さい頃から東大に行きたいなと思っていました。

エデュ:小さい頃からですか?

武田さん:父が東大出身で、東大は一番上の大学と聞いていて。目指すなら頂点の大学に行きたいと、子ども心に思っていました。

エデュ:お父さまが東大出身なのですね。本格的に東大受験のための勉強をし始めたのはいつ頃からでしょうか?

武田さん:高校2年生になってからです。

エデュ:塾はどちらに通われていたのでしょうか?

武田さん:苦手科目の数学と、苦手ではないけど伸ばしたいと思っていた英語のために駿台に通っていました。

エデュ:勉強はどのようにされていたのか教えてください。

武田さん:塾で配られるテキストを授業の前に予習。授業が終わったら、1週間以内に復習。この繰り返しです。苦手科目の数学は簡単な教材を買って2周、終わったら違うテキストで勉強。これを毎日繰り返しやっていました。そうしたらあるとき、「数学が解ける! むしろ得意かも」と思えるようになりました。

学校でも東大対策として現代文や社会の授業で、東大の入試問題が出されたり、高校2年生からは「東大受験対策漬け」でしたね。

硬派な男の意外なモチベーションの上げ方

エデュ:現役受験の結果はいかがでしたか?

武田さん:それが失敗してしまって…。しかも原因は克服したかに見えた数学でした。

エデュ:克服しきれていなかったのでしょうか?

武田さん:そうですね。緊張していたせいもありますが、ケアレスミスを連発。詰めが甘かったですね。

エデュ:浪人生時代はどんな生活をしていたのでしょうか?

武田さん:駿台予備学校に通い、朝から晩まで勉強漬けと言いたいのですが、冬ぐらいまで本気で勉強をしていませんでしたね。

エデュ:え! それはなぜでしょうか?

武田さん:駿台予備学校が楽しかったのと、落ちた原因が数学と分かっていたので、気が緩んでしまっていたからです。でも途中で大きな出来事があって。

エデュ:何でしょうか?

武田さん:夏頃に駿台予備学校に好きな子ができて、いろいろあったのですが、最終的に「東大に受かったら付き合おう」という話になったんです。それがモチベーションになりましたが、本当にスイッチが入ったのは冬ぐらいでしたね。

エデュ:硬派な武田さんにしては意外ですね。東大現役受験時にもっとこうしておけば良かったところはありますか?

武田さん:やはり数学を基礎からしっかり勉強しておけば良かったと思っています。英語や社会は好きで勉強していたのですが、中学受験の延長で数学自体が嫌いで、テストも赤点ばかり…。中学受験同様、嫌いでもある程度勉強しておけば結果は違っていたかなと反省しています。

東大受験~今の武田さんデータ

東大受験勉強を本格的に始めた時期は? 高校2年生
現役東大受験時の得意科目は? 社会
現役東大受験時の苦手科目は? 数学
現役東大受験時通っていた塾は? 駿台
浪人生時代通っていた塾は? 駿台予備学校
普段なかなか伝えられない両親へのメッセージ

兄弟が4人もいて大変なのに、小言一つ言わずに育ててくれてありがとう。感謝と尊敬しています。

編集部から見たポイント

硬派なイメージの武田さんらしからぬ、東大受験時のモチベーションの上げ方には驚きました。あらためて受験は気持ちが結果に左右すると感じました。