ITを通して人と人とをつなげたくて起業!東大OB中尾亮太さん

inter-edu’s eye
今回は、「息子は私にとって夫か父親のような“かけがえのない存在”」でお話をうかがった、中尾明美さんのご子息、中尾亮太さんにインタビュー。東大卒業後の現在は、ITコンサルタントを経て、自宅やレンタルキッチンで料理教室を開催する先生と生徒さんをマッチングする「My Kitchen」というサービスを立ち上げた、中学・東大受験のお話から、現在のお仕事についてまでうかがってきました。

駒場東邦から東大現役合格【中学受験~東大受験編】

中高生時代は部活の「ムードメーカー」

中尾さん正面
【中尾亮太さん プロフィール】
・東京大学教養学部広域科学科人文地理分科卒業
・家族構成:母・妹

エデュ:まず中尾さんが駒場東邦中学校を受験しようと思ったきっかけを教えてください。

中尾さん:最初のきっかけは「家から近かった」からです。もちろんそれだけではなくて、4年生の頃に文化祭に参加して、優しそうな先輩がたくさんいて、校舎がきれいな所に魅力を感じたので選びました。

エデュ:中高生時代はどんな子どもでしたか?

中尾さん:先日、高校の同級生の結婚式があってスピーチをしたのですが、「ムードメーカーだった」と言われました。中高生時代に所属していたバスケットボール部で、会計や裏方として場を盛り上げていたので、そんな印象がついたのかなと思っています。

エデュ:バスケットボール部に所属されていたのですね。練習はどのぐらいあったのでしょうか?

中尾さん:毎日でしたね。練習はきつかったですが、部員全員と仲が良かったので、楽しかったです。

エデュ:中高生時代一番興味のあったことを教えてください。

中尾さん:やっぱり一番は部活。二番目にゲームです。父に中学受験に合格したお祝いにゲーム機を買ってもらったのですが、毎日のように遊んでいましたね。

エデュ:普段、勉強はどのようにされていたのでしょうか?

中尾さん:正直、ずっと部活をやっていたので、必要最低限のこと以外はやっていませんでしたね。成績もちょうど真ん中ぐらいだったので、「勉強が得意」とは決して言えなかったです。

入塾テストで塾の先生から滅茶苦茶に怒られる

中尾さん2

エデュ:東大を受験しようと思ったきっかけを教えてください。

中尾さん:最初のきっかけは中学受験同様、「家から近かった」からです。当時、受験がそれほど難しいという感覚がなくて、近所の大学を受験するという感じから始まりました。あとは駒場東邦は特別な希望がないと、全員が東大受験をする雰囲気があったので、その流れで自分も受験することになりました。

エデュ:ご両親は受験に対してどのように関わっていたのでしょうか?

中尾さん:父は中学受験までは厳しかったのですが、大学受験ではとくに何も言いませんでした。母は、食事面のサポートをしてくれました。おなかがあまり強くなかったので、消化の良い、おなかが冷えない食事を作ってくれたり、かなり気をつかってくれましたね。

エデュ:東大受験時、塾はどちらに通っていたのでしょうか?

中尾さん:苦手科目の英語だけ、「ZENITH」という塾に通っていました。母からすすめられて受験前の8か月間だけ通っていました。ただ実は、入塾テストが全然できなくて、先生から滅茶苦茶に怒られてしまったというエピソードがあります。それまで学校の先生や親にあまり怒られなかったので、びっくりしましたが、なぜか「この先生良い先生だな。ここに通いたい!」と思ったんです。

エデュ:そんなことがあったのですね。受験勉強はどのようにされていたのでしょうか?

中尾さん:塾に週1~2回通い、あとは基本的に学校で勉強していました。駒場東邦は高校3年生になると授業は好きなものを取れるようになるので、好きな授業を受けて、あとは図書館で友達と勉強。家では全然勉強しなくて、夜12時以降まで起きていることはほとんどなかったですね。

エデュ:先ほど英語が苦手と話されていましたが、最終的に苦手科目は克服できたのでしょうか?

中尾さん:それが面白いことに「受験当日だけ」克服できました。この理由は正直今でもよく分かりません。学校と塾の先生の教え方が良かったと思っています。

エデュ:現役受験の結果はいかがでしたか?

中尾さん:苦手科目の英語で点数を取れたこともあり、無事現役合格することができました。

エデュ:おめでとうございます。東大受験成功のカギを教えてください。

中尾さん:教科書を何度も何度も繰り返し読み直したこと。あとは学校と塾の先生の教え方を信じたことだと思います。

東大受験時、もっとこうしていれば…
センター試験で日本史を選んだのですが、当時理系で日本史を選ぶ人がほとんどいなくて…。日本史は範囲が広いのでたくさん勉強しないと点数が取れないのに、好きだからという理由で選んでしまって…。他のもっと点数が取れる倫理や公民を選べば良かったかなと思います。

ITコンサルタントを経て、料理関連の事業を立ち上げる【起業編】

卒業後はITコンサルタントとして活躍

中尾さん3

エデュ:中尾さんは大学卒業後ITコンサルタントして活躍されていましたが、なぜそのお仕事を選ばれたのでしょうか?

中尾さん:大学3年生の頃に母がインターンのために色々な人を紹介してくれたんです。その中で出会った、コンサルタント会社の社長がとても尊敬できる人で、「自分も社長のようになりたい」と思い、コンサルタントを目指すようになりました。そこから尊敬する社長がすすめてくれた会社に入社して約8年間勤めた後、個人で独立。そして今はITコンサルタントを経て、「My Kitchen」というサービスの運営をしています。

エデュ:「My Kitchen」。どんなサービスなのでしょうか?

中尾さん:インターネット上で、自宅やレンタルキッチンで料理教室を開催する先生と料理を学びたい生徒さんをマッチングするサービスです。元々「ITを通して人と人とをつなげたい」という思いがあったのと、母が料理教室を開催していたのもあって、始めようと思いました。料理教室の先生をしている母の姿はとても素敵です。そんな母をはじめとした料理教室の先生を応援したいと思いました。

エデュ:サービスを通してのやりがいとつらいことを教えてください。

中尾さん:やりがいは実際に授業を受けた生徒さんと料理を教えた先生から感謝の言葉をいただいたときです。つらいことはシステム上の不具合が出て、ユーザーにご迷惑をおかけしてしまったときですね。

一歩踏み出せない人はどうすれば?

エデュ:起業をしたいけど、なかなか一歩踏み出せない方に何かメッセージをお願いします。

中尾さん:まずは副業的に始めることをおすすめします。本職があれば万が一失敗したときも戻ることができるので、気も楽かなと思います。もちろん手を抜いていいわけではありませんが、戻る場所があることは精神面で大きいのではないでしょうか。

エデュ:今後の目標や、やってみたいことは何でしょうか?

中尾さん:2つあります。

1つ目はもっと多くの方が個人の料理教室に気軽に行けるようにしたいと思っています。私は大手の料理教室よりも個人の先生の方が経験豊かで、アットホームなレッスンをしていると思っています。ですが、どうしても、個人の先生に料理を習いに行くのは勇気がいり、大手の料理教室の方が気軽に行けると考える方が多いと思います。このような状況を変えたいと思っています。

2つ目は新人の先生を人気の先生に育てることです。「My Kitchen」もまだまだ大きなサービスとは言えませんが、「My Kitchen」と一緒に先生が成長してくれれば嬉しいなと思っています。

エデュ:中尾さんインタビューありがとうございました。

普段なかなか伝えられない母へのメッセージ

いつもおいしい料理を作ってくれたり、自分のやりたいようにやらせてくれてありがとう。人の親になって、毎日料理を作ることの大変さや優しく子どもを見守ることの難しさが分かった気がする。

編集部から見たポイント

中尾さんへの取材を通し、親が子どもに与える影響は受験や仕事にも関わってくると感じました。勉強を直接教えるのが難しいと感じた方は、料理や自分ができることで支えると、お子さまの将来に影響してくるかもしれません。

My kitchen:https://www.m-kitchen.jp/


エデュナビ新着記事