私立大学“難化”でこれから視野に入れたい3つのこと

inter-edu’s eye
東大をはじめ難関国公立大学を受ける人の多くが受験する私立大学。あくまで第一志望の滑り止めとして視野に入れていると思いますが、今、私立大学の“難化”が大きな注目を集めています。安全校が“滑り止め”でなくなってしまうかもしれません。今回の大学リサーチでは私立大学が難化している理由、そしてこれから考えておきたいことをご紹介します。

なぜ私立大学は“難化”しているのか

私立大学難化1

まず、なぜ私立大学が難化しているのかその原因を見ていきましょう。

原因1 大学入試の多様化による併願数の増加
今の大学入試は複雑ではなく、合格の「チャンス」が多い?」でもご紹介しましたが、現在の大学入試は一般入試のほかに、センター試験利用入試や、3教科型入試、特定科目重視型入試、全学部統一入試、地方入試など実に多彩。合格するチャンスを増やすために、いくつも併願する受験生が大勢います。するとその分、志願者数が増えて競争率が高まるので、合格の可能性も低くなってしまうのです。

原因2 私立大学の定員厳格化
教育の質の向上などを目的に文部科学省が行なっている『私立大学の定員厳格化』。私立大学の入学定員超過に対して、私学助成金(私立大学等経常費補助金)の交付をカットするというものです。2015年までは総定員8,000人以上の大学は、入学定員充足率が1.2倍に抑えられていれば、私学助成金が満額交付されていました。しかしこの基準が年々厳しくなり、2018年では1.10倍となっています。大学経営における私学助成金の影響は非常に大きいので、何とかカットされないように合格者を絞り込む。こういったことが原因で、滑り止めとして受験したはずの私立大学にも合格するのが難しくなっています。

これから視野に入れたい3つのこと

私立大学難化2

次にこれから私立大学を受験する受験生や親御さんが視野に入れたい3つのことを見ていきましょう。

まず1つ目は「地方大学に目を向けること」です。実は私立大学の定員厳格化の裏には、東京、名古屋、大阪に学生が集中するのを抑え、地方に振り分ける「地方創生」政策があります。地方大学というと「就職が厳しいのでは?」と思われる方もいると思いますが、石川県にある金沢工業大学は手厚いキャリアサポートにより高い就職率を誇っています。大学を卒業すると次に待っているのは就職、大学院進学などがありますが、就職を第一に考えていれば、地方かつ就職実績の高い大学を狙うのは有効な手段といえるでしょう。

2つ目は「募集定員が増える大学の情報をキャッチしておくこと」です。看護・医学部の新設が多いことは有名ですが、人気私立大学の明治大学は文部科学省に収容定員増加の認可申請を行い、2018年度入試では大幅に募集定員を増やしています。こういった情報は文部科学省のサイトや大学の公式サイトで発表されますので、一手間をかけてキャッチしておくことで受験を有利に進められる可能性が増えます。

3つ目は「志望大学を慎重に選ぶこと」です。滑り止め校というと何となく行きたい学部だからという理由になりがちですが、失敗したときのショックは計り知れません。できれば模試の段階で志望大学・学部をしっかり決め、確実に受かる大学はどこなのかまで見極めておきたいところです。

先行き不透明な大学入試はこれからどうなる?

私立大学難化3

ネームバリュー、入試の多様化、就職実績の高さなど魅力が多い都心の有名私立大学に志願者数が集まる傾向はまだ続くでしょう。

この影響はすでに中学受験にも表れています。大学受験がなく、エスカレーター方式で進学できる大学付属校に人気が集まっています。大学受験になってから勝負するのではなく、もっと早い段階で受験し安全策をとる。こういったことも、先行き不透明な大学入試に向けての一つの対策であることは間違いありません。

2020年からは現在行われているセンター試験が廃止され、「大学入学共通テスト」の導入などもあり、これからどうなるかはまだ分かりませんが、今後の動きには注目していきたいところです。

エデュナビでは、教育・受験に関するお悩み・ご意見を募集します!
日頃感じる疑問などをお寄せください。コンテンツ作りの参考にさせていだきます。

メールアドレス:edunavi-contact@inter-edu.com
※@マーク以下は小文字にしてください。またメールの返信はいたしませんので、ご了承ください。

また記事への感想もお待ちしております!